プロフィール

garison0218

Author:garison0218
低金利時代の日本においては貯金をしていてもお金は増えません。今、貯金しているお金をもっと活躍出来るようにどの金融商品にどのように投資をしたらよいかを簡単にわかりやすく説明していきます。
SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート

ブログランキング

投票にご協力をお願いします。

人気ブログランキング  FC2ブログランキング  ☆$外為カリスマRANKKING$☆  FX(為替)ブログランキング  投資ブログランキング  FX〔外為・為替〕ブログランキング  FX投資ランキング  ベストブログランキング  株☆ブログランキング  デイトレ★ワールドカッブ

株式取引、国債の広告

【資料請求・口座開設申込】

為替レート

本・CD・DVDの広告

【本・CD・DVDを検索!】

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意外と使える、MACD(2)【テクニカル分析編】

【計算式】
 指数平滑移動平均のことをEMAといい、短期・長期とそれぞれ計算します。
 *EMAを求める式
  EMA=前日のEMA+α(当日の指数-前日のEMA)
  又は=前日のEMA×(1-α)+当日の指数×α
  α:平滑定数 2/n+1  n:平均期間
上記nにそれぞれ解析したい短期・長期の数値を入れればいいのです。通常は短期は12日、長期は26日で計算されています。

 計算式から見ると、当日の指数(数値)にこのαを掛けますので、当日の指数が2倍となっており、それにより、1日分のデータが多くなるのでn+1としているわけです。つまり、平滑移動平均は直近のデータを2倍していることになります。

 短期のEMAと長期のEMAを求めたあとにMACDは下記、式で計算します。
  MACD=短期のEMA-長期のEMA

 次に「シグナル」といって、MACDを移動平均化した物を計算します。
式はEMAを求める物とほぼ同じですが、このシグナルに関しては単純平均を使っているケースが多く、通常は9日間がよく使われています。

スポンサーサイト

意外と使える、MACD(1)【テクニカル分析編】

 今回は私も使っているテクニカル指標の1つである、MACDを紹介します。

 今後の株価を考える上で参考とする株価は古いものより、前日のものを参考とするのが通常と思います。MACDはその辺を考慮して、移動平均に取り込んだところが特徴です。また、MACDという名前自体に移動平均の特徴を表した英語の略となっています。(Moving Average Covergence/Divergence Trading Method)日本語にすると「移動平均・収束・拡散 トレーディング手法」となります。

 さて、MACDでは平滑移動平均というものが使用されています。
 これは、直近の数値にウェイトをかけ、データが古くなればなるほどウェイトは減少するというものです。単純平均とは違い、n期前のデータと昨日のデータの比重が同じであることが避けられると同時にn期 (日)前のデータが完全に落とされるということもありません。

トレンドを掴む、DMI(2)【テクニカル分析編】

 DMIの売買ポイントは、+DIと-DIがクロスしたときと言われています。
 つまり+DIと-DIより数値が大きい場合は上昇トレンドにあると考え、逆に-DIの方が大きい場合は下降トレンドにあると考えます。この様な考え方から上昇と下降のトレンドが変わるとき、即ち、クロスした時を売買ポイントとみなします。

買いシグナル:+DIが-DIを下から上に突き抜けたとき
売りシグナル:-DIが+DIを下から上に突き抜けたとき

 ADXはトレンドの強さを見るものです。
 DXを算出する式は絶対値を使って計算していますので数値が上がっているとき、つまり、グラフ上で上昇しているときはトレンドが続いていることを意味し、下がっているときは持ち合いになっているようなケースを意味します。

トレンドを掴む、DMI(1)【テクニカル分析編】

 DMIとは”DIRECTIONAL MOVEMENT INDEX”の略のことです。

 特徴を一言でいうので有れば、「DMI」というのは”トレンドの強さ、大きさ”を測るものです。ところで、テクニカル分析の世界では1つの分析、手法においても多くの記号が使われますが、このDMIも例外ではなく多くの記号があります。

 基本的な記号は以下の3つです。
+DI:上昇トレンド方向を表す。
-DI:下降トレンド方向を表す。
ADX:トレンド(方向)の強さを表す。

【お知らせ】
 土曜日更新予定の「為替予想(5/8~12)の結果」は所用により、日曜日の昼頃に更新予定です。ご了承願います。

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。