プロフィール

garison0218

Author:garison0218
低金利時代の日本においては貯金をしていてもお金は増えません。今、貯金しているお金をもっと活躍出来るようにどの金融商品にどのように投資をしたらよいかを簡単にわかりやすく説明していきます。
SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート

ブログランキング

投票にご協力をお願いします。

人気ブログランキング  FC2ブログランキング  ☆$外為カリスマRANKKING$☆  FX(為替)ブログランキング  投資ブログランキング  FX〔外為・為替〕ブログランキング  FX投資ランキング  ベストブログランキング  株☆ブログランキング  デイトレ★ワールドカッブ

株式取引、国債の広告

【資料請求・口座開設申込】

為替レート

本・CD・DVDの広告

【本・CD・DVDを検索!】

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

移動平均線からトレンドをつかむ。(1)【テクニカル分析編】

 今までほとんど動かなかった銘柄が、いったん動き始めるとしばらくの間、大きなトレンドを示すことがあります。この様に相場の世界ではトレンドというものがあり、そのトレンドを掴み、そのトレンドに乗っていくことが大事になってきます。
 バブル景気崩壊以降(1990年以降)の下降トレンドの中で安定的に利益を出し続けていくということは不可能に近いことでした。
 過去のデータを調べてみると、1990年1月から92年8月までの2年半の中で、東証1部約1200銘柄のうち、90年1月に買い、92年8月に売って利益が出た銘柄は1桁しかありません。
つまり、トレンドに逆らって儲けることは難しいのです。そこでいかにトレンドを掴むかということが重要になってきます。そのトレンドを掴む方法として「移動平均」が有効な指標となります。
スポンサーサイト

来週の為替予想(1/30~2/3)

  来週は米 経済指標の発表が多数ありますので、相場が結構、動きそうです。
  来週の注目の経済指標では 31日(日本時間 1日 4:15) 米 FOMC金利政策発表です。予想では0.25%の利上げですが、市場はすでに織り込み済みのため、発表後のコメントで利上げ打ち止めの内容が出れば、ドル売りになると思われます。(尚、今回のFOMCでグリーンスパン氏は退任します。ご苦労様でした。)しかし、FOMCまではドル高傾向でしょう。
  他に 1日 米 ISM製造業景況指数 2日 ECB政策金利発表 3日 米 ミシガン大消費者信頼感指数/ISM非製造業景況指数 などがあります。

  売買ポイントは下記の通り。
           買い      売り     投資スタンス
ドル/円   : 114.30  118.00     売り
ユーロ/円 : 139.00  142.20     売り
ポンド/円  : 205.50  208.00     売り
ユーロ/ドル: 1.2030  1.2230     買い 
*オーストラリアドル、ニュージーランドドルは現在、様子見です。

投票に協力をお願いします。下のバナーをクリック。
人気ブログランキング



為替予想(1/23~27)の結果

 今週は予想以上に各通貨で円安の動きでした。
 今週もライブドアショックの余波で国内からの外債投資などに絡むキャリートレードが再開した模様です。
 注目していた経済指標の米 個人消費/GDP(Q4)と日 全国消費者物価指数はほぼ予想通り数値で、GDP(Q4)発表後にドル売りに動きましたが、来週のFOMC控えユーロに傾いたポジションを調整する動きがNY時間午後に相当に出ていたようです。

            買い      売り        今週の動き
ドル/円   : 113.50  116.30  114.19-117.41   
ユーロ/円 : 138.00  140.70  139.70-142.42  
ポンド/円  : 202.30  205.20  203.41-208.15
ユーロ/ドル: 1.2000  1.2200  1.2085-1.2323 
【先週の運用結果】
通貨ペア     決済日  数量 売買  新規→決済レート    損益
ユーロ/円   1/25   10  売 140.70→ 141.70-104,600
ユーロ/ドル  1/25   10  売 1.2200→ 1.2280 -89,940
ポンド/円    1/26   10  売 205.20→ 206.20-107,890
ドル/円     1/27   10  売 116.30→ 117.30-100,000
ポンド/円    1/27   10  買 206.30→ 207.75+147,460
ユーロ/円   1/27   10  買 141.70→ 142.20 +50,870
ユーロ/ドル  1/27   10  売 1.2300→ 1.2100+231,240
【トータル +27,140円】
*数量の単位は万、損益には手数料、スワップが含まれます。
今週はこれ以外の収入はありませんでした。尚、為替予想は明日Upします。

投票に協力をお願いします。下のバナーをクリック。
人気ブログランキング



東証の信頼はどこまで墜ちる?

昨年、二度のシステムトラブルで信用を失った東京証券取引所ですが、新年早々、またもトラブルが発生しました。

 今回のライブドアショックで東証は売りが殺到したおかげで取引時間内の午後2:40に前代未聞の全面取引停止という失態を犯してしまいました。現在の東証の取引システムでは1日 450万件(約定ベース)の処理能力しかなく、当日はパンク寸前の430万件の処理が終わった時点で急遽、あの様な判断をしたようです。この影響はアジア各国、全世界の株式市場にも波及しました。

 東証の対応は後手後手に回っており、連休や土日に多少の能力増強やシステム改善がなされましたが、効果はありませんでした。取引システムはメインとして1台あるぐらいで、バックアップ用のシステムもありません。そして、処理能力は1日450万件程度。一方、ロンドン証券取引所は複数の取引システムを持っているため、システムに負荷がかからず、バックアップ体制も万全です。また、NY証券取引所は1時間に4,500万件の処理能力があり、全然問題有りません。

 東証も早く、取引システムの全面入れ替え(新取引システムへ)を行うべきでした。昨年のトラブル発生時点から、すぐに新取引システムを開発して、土日にチェックを繰り返しておけば、年末年始の休日に全面入れ替えが可能だったと思われます。今からでは早くても、ゴールデンウィークが良いところでしょう。それまで株式市場を揺るがす問題がなければいいのですが。

どうなる? ライブドア

 23日午後8:00前にとうとう堀江社長以下、幹部陣が逮捕されました。日本では勝ち組といわれたIT企業の覇者 ライブドアが一瞬にして崩れ去った瞬間でした。
 16日夕方に決算虚偽や風説の流布などの疑いでライブドアに強制捜査が入り、捜査は翌朝までに至り、100台ぐらいのパソコンや書類が押収されました。IT企業ということですぐに証拠隠滅の恐れが有るため、捜査は迅速に行われていました。

 このライブドアショックで株式市場は17日から2日間で平均株価が1000円以上の急落、それで売り殺到により、東証のシステムがパンク寸前で取引中止というおまけ付き。投資家は相当に肝を冷やしたことでしょう。また、逮捕後の今日は株式市場は全面高という皮肉さ。ライブドア株式の上場廃止も免れないでしょう。
 ライブドアという会社は最初、どういう会社かはわかりませんでしたが、企業買収や株式分割(上場以来、トータルで1万倍)などで今日のような大企業になった訳です。しかし、この急成長は一般人が見ても、とても異常ですし、ニッポン放送問題では”法律に触れなければ、何でもやって良い”という感じが見て取れました。とにかく、何か裏でやってないとそういうことはあり得ないだろうと思っていました。しかし、堀江さんのパワーはすごいものでしたね。(年間にあれだけ話題になった人もいませんからね)

 この件で昨年、話題となった政治家(元経済評論家)や投資会社社長、六本木ヒルズ住人なども捜査対象となっている(容疑は別かもしれませんが)という噂が昨年、秋頃から出ているので今後の動きに注目したいところです。 

来週の為替予想(1/23~27)

 来週は日・米 経済指標の結果で相場は動きそうです。
 注目の経済指標では 27日 米 個人消費/GDP(Q4)と日 全国消費者物価指数が有ります。GDP(Q4)の予想は前回より悪化するとなってますが、予想通りだとドル売りになると思われます。また、全国消費者物価指数の結果により、一時的に円買いが強まる可能性もあります。
 他に24日 加 BOC政策金利発表(予想は0.25%の利上げ) 25日 英 BOE議事録/GDP(Q4) 26日 ニュージーランド RBNZ政策金利発表(予想は現状維持)があります。

  売買ポイントは下記の通り。
           買い      売り     投資スタンス
ドル/円   : 113.50  116.30     中立
ユーロ/円 : 138.00  140.70     買い
ポンド/円  : 202.30  205.20     買い
ユーロ/ドル: 1.2000  1.2200     中立 
*オーストラリアドル、ニュージーランドドルは現在、様子見です。

投票に協力をお願いします。下のバナーをクリック。
人気ブログランキング



為替予想(1/16~20)の結果

 今週も予想のレンジより狭い範囲での動きでした。
 今週は何と言ってもライブドアショックで大変でした。決算虚偽や風説の流布の疑いでライブドアに強制捜査が入ったことで株式市場は大暴落!売りが売りをよんで東証のシステムがパンク寸前で前代未聞の取引打ち切りというおまけ付き!その影響は海外にも飛び火し、各国の証券市場も大混乱でした。為替市場の影響は軽微でしたが、円売りが有る程度出ていました。
 注目していた経済指標の米 消費者物価指数/対米証券投資額は予想より良い数値でしたが、ライブドアショックの方が影響大でほぼ反応なしという感じでした。他にNY原油の高騰や久々のビンラディンの声明で多少、値動きに影響したところもありました。

            買い      売り      今週の動き
ドル/円   : 113.00  115.00  113.77-115.91 
ユーロ/円 : 137.00  140.20  138.42-140.08 
ポンド/円  : 200.70  203.70  202.01-204.44
ユーロ/ドル: 1.2000  1.2200  1.2040-1.2173
 
【先週の運用結果】
通貨ペア    決済日  数量 売買  新規→決済レート    損益
ドル/円    1/19   10  売 115.00→ 115.20 -24,140
ポンド/円   1/19   10  売 203.70→ 202.50+112,110
ユーロ/円   1/19   10  売 140.00→ 139.00 +97,240
【トータル +185,210円】
*数量の単位は万、損益には手数料、スワップが含まれます。
今週はこれ以外の収入はありませんでした。尚、為替予想は明日Upします。

投票に協力をお願いします。下のバナーをクリック。
人気ブログランキング



外国為替証拠金取引の株式版が登場!【株式編】

 株式の信用取引は結構、多額な担保がないと大きな取引が出来ませんでしたが、それに替わるものが登場しました。それはひまわり証券で新登場した商品で「証券CFD取引」といいます。その商品は簡単にいうと外国為替証拠金取引の株式版といえるものです。
 「証券CFD取引」には現物株式CFD(現物株に連動)、株価指数CFD (株価指数に連動)、証券限月CFD(月ごとの精算値に連動)の3種類有ります。また、世界各国の株式を取引できます。主な特徴は下記の通り。

 1.ミニ株よりさらに少額な資金から始められる! (証拠金について)
日本をはじめ、米国・欧州(英国やドイツなど)といった様々な国の株式や株価指数などを、取引金額(価格×株数もしくは単位)の10%~20%の証拠金を預けることで売買できます。

 2.売買最小単位は1株もしくは1単位から!(取引ルールについて)
現物株式CFDなら売り買いとも最小単位の「1株」から取引可能。(注1) 株価指数CFDは1単位(ユニットといいます)、証券限月CFDは「1枚」から取引できます。

 3.価格上昇・下落のどちらもチャンス!(取引例について)
 価格が上昇すると思えば買えばいいですし、価格が下がると思えば外国為替証拠金取引や信用取引のように「空売り」をすればいいのです。

 *無料でデモ取引システムが利用できますので、取引画面に慣れてからの取引スタートが可能です。
 詳細は下記URLからどうぞ。
 http://sec.himawari-group.co.jp/index.cfm?fuseaction=Trade.stock&item=cfd

来週の為替予想(1/16~20)

 【来週の為替予想】
 来週も米 利上げが打ち止めになるとの思惑で相場は動きそうです。
 来週は先週末の米 生産者物価指数/小売売上高の結果が予想より多少悪かったため、ドル売りが多少進むものと思われます。しかし、個人的な意見ですが、利上げが打ち止めになっても、すぐに利下げがある訳ではないので、ドルはそれなりに魅力があると思いますが・・・。
 注目の経済指標では 18日 米 消費者物価指数/対米証券投資額/ベージュブックが有ります。消費者物価指数の結果により、一時的に円買いが強まる可能性もあります。他に17日 英 消費者物価指数/小売物価指数 20日 日 日銀月例報告があります。

  売買ポイントは下記の通り。
           買い      売り     投資スタンス
ドル/円   : 113.00  115.00     中立
ユーロ/円 : 137.00  140.20     買い
ポンド/円  : 200.70  203.70     中立
ユーロ/ドル: 1.2000  1.2200     買い 
*オーストラリアドル、ニュージーランドドルは現在、様子見です。

投票に協力をお願いします。下のバナーをクリック。
人気ブログランキング



為替予想(1/9~13)の結果

 今週は予想のレンジより狭い範囲での動きでした。
 今週、注目していた経済指標の米 貿易収支は予想より良い数値でした。しかし、発表前にはポジション調整の売りも出て、値動きが荒くなっていました。また、英 BOE政策金利とECB政策金利は予定通り、据え置きでしたが、こちらも同様に発表前後に多少、乱高下しました。
           買い      売り        今週の動き
ドル/円   : 113.00  115.50  113.41-114.88 
ユーロ/円 : 138.00  140.50  137.09-139.14  
ポンド/円  : 201.20  203.70  200.55-203.17
ユーロ/ドル: 1.2050  1.2230  1.2006-1.2162 
【先週の運用結果】
通貨ペア     決済日  数量 売買  新規→決済レート    損益
ユーロ/ドル  1/12 10 買 1.2050→ 1.2130 +88,990
ユーロ/ドル  1/13 10 買 1.2030→ 1.2110 +90,570
ポンド/円    1/13 10 買 201.20→ 202.50+139,840
ユーロ/円   1/13 10 買 138.00→ 138.50 +55,220
【トータル +374,600円】
*数量の単位は万、損益には手数料、スワップが含まれます。
今週はこれ以外の収入はありませんでした。尚、為替予想は明日Upします。

投票に協力をお願いします。下のバナーをクリック。
人気ブログランキング

ローソク足の形から売買ポイントを見つける。【テクニカル分析編】

 チャートの表示スタイルで一番多く使用されているローソク足ですが、ローソク足の形からも売買ポイントがわかります。
 ローソク足の形で+(十字の形)のものを見かけます。通常、”十字線”といわれるもので、似たようなもので”上ひげ”(T字を逆にしたような形)、”下ひげT字と同じような形)”があります。一般的に相場上昇時には陽線(白いローソク足 終値が始値より上がっているもの)、下落時には陰線(黒いローソク足 終値が始値より下がっているもの)がでますが、十字線は相場が迷っているとき、つまり、売り、買いが拮抗しているときにでます(終値と始値がほぼ同じ)。ここが転換ポイント(売買ポイント)となるわけです。
 実際の取引では高値圏で”十字線”、”上ひげ”がでた後に陰線が出れば売りを、底値圏で”十字線”、”下ひげ”がでた後に陽線が出れば買いを入れると良いでしょう。
 但し、高値圏で”十字線”、”上ひげ”がでた後にまた上昇したり、底値圏で”十字線”、”下ひげ”がでた後にまた下降することもあります。

来週の為替予想(1/9~13)

 【来週の為替予想】
 来週は国内が新年入り(先週、一部は休暇を取っていたので)の週となりますので、東京時間も通常通りの動きとなりそうです。
 来週は先週末の米雇用統計(非農業部門就業者数)の結果が予想より悪かったため、ドル売りが進むものと思われます。しかし、国内からの海外投資に伴うドル買いもある程度予想されます。
 注目の経済指標では 12日 米 貿易収支 13日 米 生産者物価指数/小売売上高です。貿易収支の赤字が減少していれば、再びドル買いになると思われますが、結果が悪ければ、一時的に円買いが強まる可能性もあります。他に10日 独 ZEW景況感調査 12日 英 BOE政策金利発表/ECB政策金利発表があります。
  売買ポイントは下記の通り。
          買い      売り     投資スタンス
ドル/円   : 113.00  115.50     売り
ユーロ/円 : 138.00  140.50     買い
ポンド/円  : 201.20  203.70     買い
ユーロ/ドル: 1.2050  1.2230     買い 
*オーストラリアドル、ニュージーランドドルは現在、様子見です。

投票に協力をお願いします。下のバナーをクリック。
人気ブログランキング

為替予想(1/2~6)の結果

 今年1回目の予想はダメでした。新年から予想以上に活発な動きでした。
 今週、注目していた経済指標のFOMC議事録は無事に通過しましたが、週末の米雇用統計(非農業部門就業者数)は予想の20万人前後を大きく下回る10.8万人という結果。その結果に反応して、ドル売りが一気に強まったようです。
            買い      売り        今週の動き
ドル/円   : 116.70  118.50  114.21-117.93 
ユーロ/円 : 137.50  140.00  138.87-140.87  
ポンド/円  : 202.00  204.30  202.11-204.47
ユーロ/ドル: 1.1730  1.1920  1.1835-1.2176 
【先週の運用結果】
通貨ペア    決済日 数量 売買  新規→決済レート    損益
ユーロ/ドル  1/4  10 売 1.1920→ 1.2000 -90,100
ユーロ/ドル  1/6  10 買 1.2000→ 1.2130+145,560
ポンド/円    1/6  10 売 204.30→ 202.50+169,480
ユーロ/円   1/6  10 売 140.00→ 139.00 +96,320
ドル/円      1/6  10 買 116.70→ 115.70 -93,100
ドル/円      1/6  10 売 115.40→ 114.40+100,000
【トータル +328,160円】
*数量の単位は万、損益には手数料、スワップが含まれます。
今週はこれ以外の収入はありませんでした。尚、為替予想は明日Upします。


投票に協力をお願いします。下のバナーをクリック。
人気ブログランキング

今年の正月番組の感想

 今年の正月番組を見て思うことは、最近のお笑い芸人がどの局にもいっぱい出ていたということ。一昔前には正月番組しか出てこなかったベテランの芸人がいたのですが、今はどうしたんでしょうね。今回は今年の正月に見た番組の感想を書いていきます。

 最初は2、3日に放送していた「オタク駅伝」。
 箱根駅伝に対抗して放送したものだが、メインは「電車男」の再放送である。再放送の間に「オタク駅伝」を入れていたのだが、「電車男」に出演していたネットの住人が出ていて、それなりに面白かったが、それが生ではなく録画だったのが残念。それにしても箱根駅伝の裏番組にこれを持ってくるとはさすがフジテレビ!
とにかく、エルメスは何度見てもかわいいというか、きれいですね!一方、電車男にはいつも勇気をもらいますね。それとネットの住人(オタクたち)のやりとりもおもしろいし、感動しました。「おまいら、最高!」
 あと、オープニングテーマ曲で有るELOのTWILIGHT(トワイライト)は良いですよね!とても20年以上前の曲と思えません。私はその当時、リアルタイムで聞いていましたが、2005年になってから再び聞くとは思いもしませんでした。

 次にイチローが出演した4日放送の「古畑任三郎」シリーズ
 イチロー選手が熱心な古畑ファンで、出演に対しては快諾していただいたというが、イチロー選手に思い切ってオファーしたところはさすがフジテレビ!
まあ、イチローがイチロー本人役として出演しているので、特に役作りする必要も無く、もともと冷静沈着なキャラクターですから、演技としては特に難しくなかったと思われます。それにしても声が通るし(腹からちゃんと声が出ている感じ)、動きというか動作も平均以上で下手な俳優さんより、良かったと思います。引退後も仕事には困らないようですね!

 最後に細木数子先生ですが、民放各局でスペシャル番組をやっていましたね。どれだけ稼げばいいんでしょうか?

今年の為替予想(2006年)

 【今年の為替予想】
 今日は私の今年の為替予想を書きます。ただし、プロでも為替予想はほとんど当たらないので、あくまでもご参考程度でお願いいたします。
 今年の政治スケジュールにおいて、米では中間選挙があります。過去8年を調べてみると大統領選挙がある年(2000、2004年)は円高になりやすく、中間選挙がある年(1998,2002年)は円安になる傾向があります。実際の為替レートは2000年/1月:101.55円(仲値)、2004年/4月:103.96円(同)の円高を、1998年/9月:146.40円(同)、2002年/2月:134.80円(同)の円安を記録しております。*各々、前後の年を含めての最安値、最高値になっています。
 なぜ、大統領選挙の年に円高になるかというと大統領が変わった場合、今までの政策が全く変わってしまう為だと言われております。(そういう不安があるためドルが売られる傾向になります。)今年はちょうど谷間の中間選挙がある年ですから円安になると予想できます。
 それに加えて、国内では小泉首相の任期が9月で満了しますので、次に誰がなるかということで円が売られる傾向になると思われます。特に海外では小泉首相の評価が高いですから。他にテロや自然災害(特に地震)にも注意が必要かもしれません。
 以上のことから、ドル/円で112~130円ぐらいのレンジを予想しています。

投票に協力をお願いします。下のバナーをクリック。
人気ブログランキング

新年のご挨拶と来週の為替予想(1/2~6)

      新年のご挨拶
 新年あけましておめでとうございます。本年も当ブログは皆さんに参考になるようなことを書いていきますので、よろしくお願いいたします。

 【来週の為替予想】
 来週は今年最初の週となりますので、ドルは堅調な動きになりそうです。
 先週はクリスマス休暇や年末でドルは小動きでしたが、来週から海外では1/2(新年の休日の振り替え)を除くと通常通りにマーケットが動き始めますので、機関投資家やファンドからのドルの新規買いが相当に入ってくると思われます。日本は正月休みなどで再来週からが新年入りとなるので参加者は少なく、東京時間は動きが少ないと想定しています。
 注目の経済指標では 3日 FOMC議事録です。インフレへの警戒姿勢の堅持すべきとの意見が確認されれば、利上げが継続される可能性があり、ドル買いが強まる可能性もあります。他に3日 米 ISM製造業景況指数、6日 米 雇用統計があります。

  売買ポイントは下記の通り。
           買い      売り     投資スタンス
ドル/円   : 116.70  118.50     買い
ユーロ/円 : 137.50  140.00     中立
ポンド/円  : 202.00  204.30     中立
ユーロ/ドル: 1.1730  1.1920     売り 


投票に協力をお願いします。下のバナーをクリック。
人気ブログランキング

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。