プロフィール

garison0218

Author:garison0218
低金利時代の日本においては貯金をしていてもお金は増えません。今、貯金しているお金をもっと活躍出来るようにどの金融商品にどのように投資をしたらよいかを簡単にわかりやすく説明していきます。
SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート

ブログランキング

投票にご協力をお願いします。

人気ブログランキング  FC2ブログランキング  ☆$外為カリスマRANKKING$☆  FX(為替)ブログランキング  投資ブログランキング  FX〔外為・為替〕ブログランキング  FX投資ランキング  ベストブログランキング  株☆ブログランキング  デイトレ★ワールドカッブ

株式取引、国債の広告

【資料請求・口座開設申込】

為替レート

本・CD・DVDの広告

【本・CD・DVDを検索!】

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来週の為替予想(7/28~8/1)

 【今週の動き】
 今週は動きが激しい週となりました。

21日 米 リーマンブラーズが米シティグループの目標株価を「31ドル」→「28ドル」へと引き下げた事や、熱帯性暴風雨「ドリー」がハリケーンへと発達しつつメキシコ湾に上陸するとの懸念を受け原油先物価格が反発。これらが米株式市場の上値を抑え、ドルへの重石となりました。

22日 フィラデルフィア連銀のプロッサー総裁はこの日、「政策の反転、遅れるよりは早めに開始すべき」とコメントし、早期の利上げ実施を指示する考えを示した。また、ビーニ・スマギECB理事による「インフレ期待はすでに低下を始めている」とのコメントを受け、ECBはもう利上げをしない?との憶測が先行。更にIMFのリプスキー副専務理事が「ユーロは過大評価されている」とコメント。これらを受けてユーロが軟調に推移した事も、ドルの反発をサポートする結果となりました。リッチモンド連銀指数は-16となり、2003年4月以来の低水準を記録。

23日 在庫増を嫌気し、原油先物価格が続落。これがドルを押し上げた。また、フィラデルフィア連銀のプロッサー総裁が「現在の金利が低すぎるというのは周知の事実」「金利は引き上げないといけないだろう」等とコメントした事や、米地区連銀経済報告が「全ての地域で物価圧力は上昇、あるは上昇しつつある」としてインフレ圧力を強調した事も後押しとなった。ポンドは全面的に堅調に推移。欧州時間のBOE議事録で利上げを主張した委員の存在が明らかとなったため。

24日 新規失業保険申請件数はおよそ4ヶ月ぶりの高水準となる40.6万件となり(前回分も下方修正)、中古住宅販売件数は1999年の統計開始以来最低の486万件、米フォード決算は87億ドルの純損失となり、米の景気減速が表面化した形となった。それにより、米株式市場が大幅に下落。ドルは軟調に推移しました。

 独IFO景気動向は予想を相当に下回る97.5となり、2005年9月以来の低水準を記録。これにより、ユーロも一気に下落。減速幅は実に2001年9月11日の米同時多発テロ以来最大となった。原油高騰が今回の数値悪化の背景にある模様。

 米欧の景気減速が改めて浮上した事で、商品市場が軒並み下落。原油先物は125.49ドル(+0.8%)で取引を終え、ピーク時からは15%以上も下落した結果となりました。

25日  RBNZ(NZ準備銀)は政策金利を0.25%引き下げた(8.25%→8.00%)。政策金利の変更は2007年7月26日(0.25%利上げ)以来、利下げを実施したのは2003年7月24日以来となる。今回の声明で最も重要なのは「更なる利下げの可能性ある(expects to cut rates further)」と明言した事。これは今回の利下げが一度きりではない事を意味する。NZは利下げサイクルに入った可能性が高いと言えます。

  【予想の結果】
            安値      高値       今週の動き
 ドル/円   : 103.50  106.50  106.10-107.95
 ユーロ/円 : 165.00  170.00  167.55-169.93
 ポンド/円  : 207.00  212.00  211.67-215.83
 ユーロ/ドル: 1.5600  1.6050  1.5631-1.5941 

 【来週の為替予想】
 今週は重要な指標が多い週となります。

 注目される経済指標は1日 米 雇用統計です。非農業部門雇用者数は予想では7.1万人万人減と前回の6.2万人減より悪化、失業率は5.6%と前回の5.5%より悪化となっています。30日のADP(米 民間雇用関連の調査会社)雇用統計である程度の数値はわかると思いますが、こちらの予想は6.0万人減と前回7.9万人減より改善となっています。原油価格高騰による企業のコスト悪化が解雇者増の背景にあるとされている。最近の原油価格は下落傾向にあるが、23日に公表された米地区連銀経済報告(ベージュブック)では「労働市場の需要は概ね軟調」との結論付けがされており、その労働市場を取り巻く環境はいまだ改善していない事から、予想通りの結果であれば、1月から7ヶ月連続でのマイナスとなり、ドルが売られる展開となるでしょう。

 注目される経済指標は31日 米 GDP-2Qです。GDP-2Q(速報値)の予想は2.0%と、前回の1.0%から大きく上昇すると見られている。政府による景気刺激策(税還付)により個人消費が上向くとの見方が背景にあるようだが、原油高の方がインパクトが大きいため、個人的にはそれほど良くない数値となると見ています。

  主な経済指標
 28日: 独 GFK消費者信頼感調査
 29日: 日 雇用統計、米 消費者信頼感指数
 30日: 日 鉱工業生産、ユーロ圏 消費者信頼感、米 ADP雇用統計
 31日: 英 GFK消費者信頼感調査、米 GDP-2Q/シカゴ購買部協会景気指数 
 01日: 米 雇用統計/ISM製造業景況指数

  予想レンジは下記の通り。
           安値      高値     投資スタンス
ドル/円   : 105.00  107.50    戻り売り
ユーロ/円 : 167.00  170.00     中立
ポンド/円  : 210.00  216.00    中立
ユーロ/ドル: 1.5600  1.6050     中立 

【来週の戦略】
ドル/円は戻り売りで対応。


投票に協力をお願いします。下のバナーをクリック。
人気ブログランキング

スポンサーサイト

来週の為替予想(7/21~25)

 【今週の動き】
 今週も方向性の乏しい週となりました。

14日 現地時間 13日日曜夜に米財務省と米連邦準備理事会(FRB)は経営が悪化している米住宅金融専門会社、連邦住宅抵当公社(ファニーメイ)と連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)の支援に向けた緊急声明を発表。必要に応じて公的資金による資本増強を検討するほか、FRBが両社の資金繰りを全面的に支援。金融危機回避に向け、政府・中央銀行として両社の救済に乗り出す姿勢を明確にしました。市場はこれを好感した感じでしたが、先週末に米大手住宅金融会社のインディマック・バンコープが破綻した事を受け、同様の懸念が向けられたナショナル・シティ銀行株が27%以上の急落となり一時取引停止に。これらにより、ドル・株双方の上値を抑える結果となりました。

15日 バーナンキFRB議長が議会証言で「景気見通しには重大な下振れリスクがある」と述べた事が嫌気された。ドルが全面的に下落。また、今回の議長の証言は「インフレ上振れリスク」よりも「景気減速リスク」に軸足を置いているように感じられました。NY時間、午後にはFRBに利上げ意思がない事を好感して米株式市場が堅調に推移。原油価格も反落した事で、欧州時間に史上最高値(1.6034)を更新したユーロ(対ドル)のポジション解消が優勢となり、一転してユーロが下落した。

16日 米銀大手ウェルズ・ファーゴの第2四半期決算が予想を上回った事で、株価が急伸、緩やかながらドルも反発した。また、在庫増を嫌気し原油先物価格が大きく値を下げた事、そして、鉱工業生産が2007年7月以来の高い伸びを見せた事もサポートとなった。加えてバーナンキFRB議長が本日の議会証言の中で「無秩序な市場は為替介入を正当化させる」と述べた事もドルの買い戻しを誘った。一方、NY時間午後に発表されたNAHB住宅市場指数は16(前回 18)と過去最低を記録。

17日 株価は米銀大手JPモルガン・チェースの決算がアナリストの事前予想を上回った事を好感視した。原油先物価格はおよそ5週間ぶりに1バレル130ドルを割り込んだ。原油価格の下落+株価上昇がドルを押し上げた。ただ、本日発表された米経済指標は見た目ほど良くない。住宅着工件数は106.6万件(予想 96.0万件)と好結果となったが、その一方で一戸建て住宅件数はここ17年で最低の伸びを記録している。これは昨日のNAHB住宅市場指数の減速に一致する。フィラデルフィア連銀指数は-16.3(前回 -17.1)と幾分の改善を示したが、構成項目である雇用指数は今年3月から5ヶ月連続でのマイナスを記録しました。

18日  米シティグループの第2四半期純損失が事前予想よりも小幅なものとなった事が好感された。金融機関の赤字は既に織り込まれており、市場は”どの程度の赤字”となるのかに焦点となっていました。それ故、株式市場はプラスで反応し、ドルは緩やかながら堅調に推移しました。

  【予想の結果】
            安値      高値       今週の動き
 ドル/円   : 104.50  107.00  103.79-107.04
 ユーロ/円 : 167.50  170.00  165.35-169.65
 ポンド/円  : 210.00  214.00  208.06-213.74
 ユーロ/ドル: 1.5700  1.5950  1.5786-1.6034 

 【来週の為替予想】
 今週は重要な指標が少ないですが、米 連邦住宅抵当公社(ファニーメイ)と連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)の経営悪化により、再び、金融不安が囁かれておりますので、原油価格、ドルの動きに注目です。

 注目される経済指標は24日 独 IFO景気動向です。予想では100.0と前回の101.3より悪化となっています。最近、経済が減速傾向となっているため、予想より悪い結果となれば、ユーロ圏にも金融不安が拡大される結果となりそうです。その結果、ユーロが売られる展開となるでしょう。

 注目される経済指標は24日 NZ RBNZ(NZ準備銀)政策金利発表です。予想は据え置きとなっています。GDPがマイナス成長を示す一方で、消費者物価(前年比)がおよそ8年ぶりの高水準を示しているため、政策金利発表の要人のコメントに注目したいところです。

  主な経済指標
 21日: 英 ライトムーブ住宅価格、米 景気先行指標総合指数
 22日: 日 全産業活動指数、米 リッチモンド連銀製造業指数
 23日: 豪 消費者物価、英 BOE(英中銀)議事録、加 消費者物価指数
 24日: NZ RBNZ(NZ準備銀)政策金利、独 IFO景気動向、米 中古住宅販売件数 
 25日: 日 全国消費者物価指数

  予想レンジは下記の通り。
           安値      高値     投資スタンス
ドル/円   : 103.50  106.50    戻り売り
ユーロ/円 : 165.00  170.00     中立
ポンド/円  : 207.00  212.00    中立
ユーロ/ドル: 1.5600  1.6050     中立 

【来週の戦略】
ドル/円は戻り売りで対応。

投票に協力をお願いします。下のバナーをクリック。
人気ブログランキング

来週の為替予想(7/14~18)

 【今週の動き】
 今週は方向性の乏しい週となりました。

7日 ドイツの5月鉱工業生産は前月比-2.4%と3ヶ月連続で低下、事前予想(+0.3%)を大きく下回り、1999年2月(-2.4%)以来約9年ぶりの大幅な低下率となった。詳細をみると、建設を除いて軒並み前月から悪化し、欧州最大のドイツ経済の減速の兆候を示していると言えるが、特に製造業・鉱業の資本財(2.7%→-3.9%)と耐久消費財(0.0%→-4.6%)の大幅な低下が目立つ結果となりました。

8日 原油先物価格は136.04ドル(3.77%安)で取引を終了。原油価格が大きく落ち込んだ事で、ドルは大きく買い戻された。

9日 今週の為替予想で北朝鮮がミサイル発射訓練するのではないかと書きましたが、予想外のイランが行った。日本時間午後にイラン国営テレビが「イラン、中長距離地対地ミサイル9発を試射」と報じたことを受けて、地政学リスクからドル売りになりました。

格付け機関 フィッチが今月17日に発表されるメリルリンチの第2四半期決算が4四半期連続で赤字になるとの予想で「米メリルリンチの格付けを引き下げる可能性がある」と発表した事が嫌気され、ドル安となりました。

10日 バーナンキFRB議長による「金融市場の混乱は依然続いている」、ポールソン財務長官による「異常事態においては公的資金の投入もあり得る」との証言を受け、ベアー・スターンズのような要救済金融機関があるのでは?との憶測が拡大、ドルは大きく値を下げました。

11日  米NYタイムズ紙が「米政府はファニーメイ(米連邦住宅抵当金庫)とフレディマック(米連邦住宅貸付抵当公社)のどちらか、あるいは両方の経営引き受けを検討している」と報じた事で、昨日ポールソン米財務長官が議会証言で述べた「異常事態においては公的資金の投入もあり得る」との見解が蒸し返され、この2社に結び付けられた。これにより、株価の下落、ドルも大きく値を下げた。

  【予想の結果】
            安値      高値       今週の動き
 ドル/円   : 104.70  107.00  105.70-107.71
 ユーロ/円 : 166.00  168.70  167.16-169.60
 ポンド/円  : 208.00  212.00  210.31-212.40
 ユーロ/ドル: 1.5400  1.5750  1.5613-1.5945 

 【来週の為替予想】
 今週も重要な指標が多いですが、再び、金融不安が囁かれておりますので、ドルの動きに注目です。

 注目される経済指標は15日 日 日銀政策金利発表です。予想は据え置きとなっています。注目は同日16:30頃から予定されている白川日銀総裁の記者会見です。日銀の9地区中、8地区で景気判断を下方修正していることから、厳しい内容となるでしょう。

 次に注目される経済指標は15日、16日の両日にバーナンキFRB議長による半期議会証言です。先日の証言では景気や金融政策に対する踏み込んだ見解は発しなかったが、今回は証言テーマが「景気と金融政策」である事から、議長による最新の見解が聞かれると思います。特に特定の企業名や団体名が出れば、影響は更に大きくなることでしょう。

  主な経済指標
 14日: NZ 小売売上高、ユーロ圏 鉱工業生産
 15日: 日 日銀政策金利、NZ 消費者価格、英 消費者物価指数、独 ZEW景況感調査、米 小売売上高/NY連銀製造業景気指数/バーナンキFRB議長 半期議会証言(上院)、加 カナダ中銀政策金利
 16日: 米 ネット長期TICフロー/FOMC議事録(6月24-25開催分)/バーナンキFRB議長 半期議会証言(下院)
 17日: 米 フィラデルフィア連銀指数 
 18日: 日 全国百貨店売上高、独 生産者物価指数

  予想レンジは下記の通り。
           安値      高値     投資スタンス
ドル/円   : 104.50  107.00    戻り売り
ユーロ/円 : 167.50  170.00     中立
ポンド/円  : 210.00  214.00    中立
ユーロ/ドル: 1.5700  1.5950     中立 

【来週の戦略】
ドル/円は戻り売りで対応。


投票に協力をお願いします。下のバナーをクリック。
人気ブログランキング

来週の為替予想(7/7~11)

 【今週の動き】
 今週は方向性の乏しい週となりました。

30日 消費者物価指数が4.0%とユーロ導入依頼の最高を記録したものの、それ以上に域内国であるアイルランドの第1四半期GDPは-1.5%とおよそ10年ぶりの低水準を記録。これにより、ユーロが大きく下落した。また、格付け機関ムーディーズが日本国債を格上げした事が引き続き材料視され、円は堅調に推移。米 シカゴ購買部協会景気指数は事前予想こそ上回ったものの、好悪の分岐点とされる「50」を5ヶ月連続で下回る結果となりました。

1日 ISM製造業景況指数が好悪の分岐点とされる「50」を上回った事を受け、ドルが上伸。その「50」を回復したのは今年1月以来となります。しかし、構成項目である雇用指数は8ヶ月連続で「50」を下回り、今週の雇用統計も悪いと想定されます。

2日 米 メリルリンチによる「米GMが破産する可能性は否定出来ない」との見通しが株式市場を押し下げた。そのGMの株価は終値で1954年以来の安値を記録しました。ADP雇用統計は大幅な減少を示したものの、公式統計に対する相関性への疑問から、影響は一時的なものとなりました。

3日 ECBは0.25%の利上げを実施したものの、今後の動向については「今はバイアスを持っていない」とし、追加利上げの可能性を事実上否定した事が後押しとなった。ただインフレの上振れ圧力に関しては依然懸念を示しており、利上げの可能性を完全に排除したわけでなく、機動的に判断出来るいわゆる「中立」スタンスに移行したと受け取れる。これにより、ユーロは大きく値を下げた。

米 非農業部門雇用者数は-6.2万人と予想の-6.0万人に対し、ほぼ予想通りとなったが、前回(-4.9→-6.2万人)、前々回(-2.8→-6.7万人)が共に下方修正された。失業率は5.4%→5.5%へと悪化した。米雇用統計は決して良い結果とは言えないが、米経済の悪化は既に織り込み済みのため、マーケットに影響はなかった。ISM非製造業景況指数は48.2と好悪の分岐点とされる「50」を割り込み、今年1月以来の最低を記録しました。

4日  独 5月製造業受注が6ヶ月連続でマイナスを記録し、ユーロが下落。ECBは「成長減速のリスク」よりも「インフレ上昇のリスク」を優先したため、独の景気減速が今後顕著になるのでは?との見方に繋がりました。

  【予想の結果】
            安値      高値       今週の動き
 ドル/円   : 104.70  108.00  105.00-106.89
 ユーロ/円 : 167.00  170.00  166.11-169.12
 ポンド/円  : 210.00  215.00  209.46-212.30
 ユーロ/ドル: 1.5550  1.5900  1.5658-1.5906 

 【来週の為替予想】
 今週も重要な指標が少ないですが、7/7~9が北海道 洞爺湖でG8サミットが行われます。為替が主要テーマではない事から、踏み込んだ見解は示さないと見られます。また、最近の国際会議では方向性の定まった声明が出されていないことから、今回も期待がもてないでしょう。万が一、マーケットに影響が出るとすれば、方向性の定まった現実性のある声明やサミット絡みの事件・事故があったときだと思います。それら以外では北朝鮮が隣国の国際イベント開催時に妨害行為を行うことが多々ありますので、今回も日本海へのミサイル発射訓練などを行う可能性があります。

 注目される経済指標は10日 英 BOE(英中銀)政策金利です。予想では据え置きとなっています。ユーロ圏でも英の景気減速が著しいが、インフレの上振れ圧力もあることから、当面は据え置きの可能性があります。

 次に注目される経済指標は11日 米 ミシガン大学消費者信頼感指数です。予想では55.5と前回の56.4より悪化となっています。ここ数ヶ月、悪化傾向なので予想通りであれば、ドルが売られる展開となるでしょう。

  主な経済指標
 07日: 独/英 鉱工業生産、日 洞爺湖G8サミット(9日まで)
 08日: 日 景気ウォッチャー調査、米 中古住宅販売保留
 09日: 日 機械受注
 10日: 豪 雇用統計、英 BOE(英中銀)政策金利 
 11日: 日 鉱工業生産、加 雇用統計、米 ミシガン大学消費者信頼感指数

  予想レンジは下記の通り。
           安値      高値     投資スタンス
ドル/円   : 104.70  107.00    戻り売り
ユーロ/円 : 166.00  168.70     中立
ポンド/円  : 208.00  212.00    中立
ユーロ/ドル: 1.5400  1.5750     中立 

【来週の戦略】
ドル/円は戻り売りで対応。

投票に協力をお願いします。下のバナーをクリック。
人気ブログランキング

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。