プロフィール

garison0218

Author:garison0218
低金利時代の日本においては貯金をしていてもお金は増えません。今、貯金しているお金をもっと活躍出来るようにどの金融商品にどのように投資をしたらよいかを簡単にわかりやすく説明していきます。
SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート

ブログランキング

投票にご協力をお願いします。

人気ブログランキング  FC2ブログランキング  ☆$外為カリスマRANKKING$☆  FX(為替)ブログランキング  投資ブログランキング  FX〔外為・為替〕ブログランキング  FX投資ランキング  ベストブログランキング  株☆ブログランキング  デイトレ★ワールドカッブ

株式取引、国債の広告

【資料請求・口座開設申込】

為替レート

本・CD・DVDの広告

【本・CD・DVDを検索!】

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来週の為替予想(6/29~7/3)

 【今週の動き】
 今週はFOMC(連邦公開市場委員会)政策金利発表の内容を見極めたいという思惑から、前半は全体的に小動きでしたが、その後は再び、欧州通貨が買われる展開となりました。

 22日 世界銀行による米国・日本・ユーロ圏の2009年・2010年のGDP見通し引下げが嫌気されている。米国のGDPに関しては、09年が-2.4%→-3.0%、10年が+2.0%→+1.8%とされた。今月16日にIMF(国際通貨基金)が同じく米国のGDP見通しを09年:-2.5%、10年:+0.75%としている。今回の世界銀行による見通しはIMFのそれより悲観的なものと言える。ドル円、クロス円はこのNY株式市場の下げにつられ、下落した。

 23日 ユーロが上昇。対ドルは一時1.41台乗せに成功した。ウェーバー独連銀総裁が「ECBは利下げの余地を使い切った」とコメントした事で、昨日の トリシエECB総裁による「現在のユーロ圏の政策金利水準は適切だ」とのコメントと合わせ、ECBはこれ以上の利下げは行なわないだろう、との見方が先行した。

 24日 ドルが上昇。FOMCが声明文で「成長に適切な金利水準をしばらく下回るリスクある」との文言を削除し、デフレに対する警戒を弱めた事が好感された。また景気の落ち込み速度、家計消費、金融市場の状況に関し、前回の声明からその楽観論を強めた事も後押しとなった。
 ポンドは軟調に推移。バーカーBOE金融政策委員が「ポンドの上昇は英国経済にとって望ましいものではない」、また、キングBOE総裁が「ポンド安が英国経済の回復を他国よりも早いものにさせるだろう」と述べるなど、BOE当局者らが相次いで通貨安の恩恵に言及した事が意識された。

 25日 ドルが下落。新規失業保険申請件数が増加に転じた事に加え、格付け機関フィッチがカリフォルニア州の格付けを「A」→「A-」へと引下げた事が嫌気された。特に主要な州別で見た新規失業保険申請件数はNYなど13の州で減少したものの、フロリダなど6つの州で拡大。特にフロリダは建設、サービス、製造業、農業など幅広い分野でレイオフが拡大し、労働市場不振の根深さを改めて示した。

 26日 全国消費者物価指数-5月(除生鮮/前年比)の-1.1%は統計開始以来最大の下落率。昨年夏場までの原油高と、秋以降の急速な景気後退の影響がでた形となった。
 ドルが下落。中央銀行にあたる中国人民銀行が「一部の準備通貨への依存低減を世界に求める」「1つの通貨が世界の金融システムを独占するのは、深刻な問題がある」等とし、言外にドルへの批判を展開した事が意識された。この日発表された米5月個人所得は1.4%と2008年5月以来の最大を記録したが、同時に発表された個人支出が0.3%と振るわず、家計の消費手控えが改めて示された。

 【予想の結果】
            安値      高値       今週の動き
 ドル/円   :  95.00   98.00   94.90- 96.23
 ユーロ/円 : 134.00  138.00  131.46-134.95
 ポンド/円  : 156.00  161.00  154.14-158.81
 ユーロ/ドル: 1.3800  1.4100  1.3828-1.4136

 【来週の為替予想】
 来週は重要な経済指標が多く発表されますので、値動きが大きくなる可能性があります。

 注目される経済指標は01日 日 日銀短観です。大企業製造業業況判断-2Qは予想では-43と前回の-58より大幅改善となっています。既に発表の経済指標の改善や与謝野財務相が「景気が底を打ったようだ」などと発言していることから、予想通りの結果となるでしょう。結果が大幅に良ければ、円が買われるでしょう。

 次に注目される経済指標は03日 米 雇用統計です(次の日が独立記念日で1日前倒し)。非農業部門雇用者数は予想では37.5万人減と前回の34.5万人減よりやや悪化、失業率は9.6%と前回の9.4%より悪化となっています。すでに発表の6月フィラデルフィア連銀指数の「雇用指数」は-21.8と(前月-26.8)へと改善。6月リッチモンド連銀製造業指数の「雇用指数」も-12から-6へと改善。また、NY連銀製造業景況指数の雇用指数は-21.84(前回:-23.86)と前回よりも改善していることから、予想とほぼ同じ結果となるでしょう。予想より悪い結果となれば、ドルが売られる展開となるでしょう。

  主な経済指標
 29日: 日 鉱工業生産、米 シカゴ連銀全米活動指数/ダラス連銀製造業活動指数
 30日: ユーロ圏 消費者物価指数速報、米 シカゴ購買部協会景気指数/消費者信頼感指数/S&P/ケースシラー住宅価格
 01日: 日 日銀短観、米 ADP雇用統計/ISM製造業景況指数
 02日: ユーロ圏 ECB(欧州中銀)政策金利、米 雇用統計
 03日: ユーロ圏 小売売上高
  予想レンジは下記の通り。
           安値      高値     投資スタンス
ドル/円   :  94.00   97.00     戻り売り
ユーロ/円 : 132.00  136.00     押し目買い
ポンド/円  : 154.00  159.00     押し目買い
ユーロ/ドル: 1.3900  1.4200     押し目買い
 【来週の戦略】
ドル/円は戻り売り、ポンド/円、ユーロ/円、ユーロ/ドルは押し目買いで対応。

投票に協力をお願いします。下のバナーをクリック。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

来週の為替予想(6/22~26)

 【今週の動き】
 今週はNY連銀製造業景気指数の悪化によるドル/円の急落から、クロス円も引きずられるように弱い動きとなりました。

 15日 ユーロが続落。既報のテレグラフ紙による「独のクレジットクランチが深刻化している」との報、ラトビアに対する破綻懸念、そしてG8後にクドリン・ロシア財務相が述べた「世界におけるドルの役割が近い将来著しく変化するとは思わない」とのコメントが複合的に機能している。
 米 NY連銀製造業景況指数-6月は-9.41と予想の-4.60を大幅に下回り、「3カ月ぶりにマイナス幅が拡大した。雇用指数は-21.84(前回:-23.86)と前回よりも改善。出荷、在庫がマイナス幅を拡大したことが指数を押し下げた。

 16日 英 消費者物価指数-5月は0.6%と予想の0.3%を大幅に上回り、ポンドが急騰。また、独 ZEW景況感調査-6月が44.8と予想の35.0を大幅に上回ったことや、ZEW(欧州経済センター)が「センチメントの回復は楽観論の高まりを示す」、「年末に回復の傾向が見られると予想」との見解を発表したことにより、ユーロが上昇した。

 17日 ドルが軟調、米 消費者物価指数-5月(前年比)が-1.3%と1950年4月以来の下落率を記録したことで、FRBが早期に金融緩和を解除するとの思惑が後退したことに加え、格付け機関S&Pが「アメリカの銀行(22行)を格下げし、見通しを修正」したことが重石となっている。

 18日 英 小売売上高指数-5月は-0.6%と予想の0.3%を大幅に下回り、今週上昇した分をはき出す形となった。ポンド/ドルは6月9日(火)以来の安値を付けた。
 米 フィラデルフィア連銀指数-6月は-2.2と予想の-17.0を大幅に上回った。新規受注と出荷が5月に比べ大幅に改善したことが指数を押し上げた。また、雇用指数も-21.8と前月(-26.8)に比べ改善している。6ヶ月先の見通しについても60.1と前月の47.5から改善しており、景気回復期待が意識される内容。

 19日 ドルは軟調に推移。格付け機関ムーディズが「カリフォルニア州のA2格付けについて格下げ方向で見直す」との見通しを示したことを手掛かりにドル売りが優勢となった。

 【予想の結果】
            安値      高値       今週の動き
 ドル/円   :  96.00   99.00   95.53- 98.55
 ユーロ/円 : 135.00  140.00  132.37-137.73
 ポンド/円  : 157.00  162.00  155.03-161.74
 ユーロ/ドル: 1.3700  1.4100  1.3750-1.4337

 【来週の為替予想】
 来週は今週大幅に下落したクロス円の動きが注目されます。

 注目される経済指標は22日 独 IFO景気動向です。予想では85.0と前回の84.2より改善となっています。今週発表の独 ZEW景況感調査-6月が44.8と予想の35.0を大幅に上回ったことや、ZEW(欧州経済センター)が今後の経済について、「年末に回復の傾向が見られる」との見解を発表したことなどから、予想通りの結果となるでしょう。結果が大幅に良ければ、ユーロが買われるでしょう。

 次に注目される経済指標は24日 米 FOMC(連邦公開市場委員会)政策金利です。予想では据え置きとなっています。最近の米 経済指標は良悪混在となっていることから、予想通りの結果となるでしょう。また、政策金利発表後の声明文や記者会見での発言には注意が必要です。

  主な経済指標
 22日: 独 IFO景気動向
 23日: 独 GFK消費者信頼感調査、米 中古住宅販売件数
 24日: 米 新築住宅販売件数/FOMC(連邦公開市場委員会)政策金利
 25日: ユーロ圏 鉱工業新規受注、米 新規失業保険申請件数
 26日: 日 全国消費者物価指数、米 PCEデフレータ/コア・デフレータ
  予想レンジは下記の通り。
           安値      高値     投資スタンス
ドル/円   :  95.00   98.00      戻り売り
ユーロ/円 : 134.00  138.00     押し目買い
ポンド/円  : 156.00  161.00     押し目買い
ユーロ/ドル: 1.3800  1.4100     押し目買い
 【来週の戦略】
ドル/円は戻り売り、ポンド/円、ユーロ/円、ユーロ/ドルは押し目買いで対応。

投票に協力をお願いします。下のバナーをクリック。
人気ブログランキング

来週の為替予想(6/15~19)

 【今週の動き】
 今週は欧州通貨(ユーロ・ポンド)買いが中心でしたが、米経済の回復期待からドルも底堅い動きとなりました。

 08日 格付け機関S&Pがアイルランドの格付けを「AA+」→「AA」へと引下げ、見通しを「ネガティブ」に位置付け。また「ドイツの大手銀が国有化されるのでは?」といった噂がユーロへの重石となった。
 ロックハート・アトランタ連銀総裁による「FRBは金融政策引き締めを待ちすぎていてはいけない」との強気なコメントを受け、主要先進国で米国が最も早く金利引上げに転じるのでは?との観測が台頭。これらがドルへの支援材料となった。

 09日 ポンドはこの日発表された英経済指標(5月RICS住宅価格、4月DCLG住宅価格)が事前予想を上回る好結果となった事で早期のリセッション(景気後退)終了期待が先行。また、ティムズ英貿易産業相が「英国経済が機能し始めているという、明確な兆候見える」と明るい見通しを示した事も下支えとなった。

 10日 ユーロが下落。ユーロ/ドルはウェーバー独連銀総裁による「ECBは予防的な利上げも可能」とのコメントを受け一時1.4150手前まで上昇するも、その後反落。アルムニア欧州委員が「EUとIMFはラトビアのユーロ・ペッグ制維持を目指す」とコメントした事で、ユーロ/ラト(ラトビア通貨)が急落した。ラトビアは深刻な経済危機に陥っており、通貨切り下げを実施するのでは、との観測が広がっていた。

 11日 ドルが全面的に下落。ロックハート・アトランタ連銀総裁が「準備通貨としてのドルの役割、時間と共に相対的に後退する可能性ある」とコメントし、ドルの下落に拍車をかけた。また、5月小売売上高は3ヶ月ぶりにプラスとなったものの、構成項目は見た目ほど良くなく、継続的なドル買いには繋がらなかった。

 12日 ドルが全面的に上昇。昨日の同時間帯とは真逆の展開となった。与謝野財務相による「日本の、米国債に対する信頼は全く揺らいでいない」「基軸通貨としてのドルの地位に揺らぎない」とのコメントが後押しとなった。
 ポンドも堅調に推移。BOE(英中銀)チーフエコノミストのデール氏が「出口戦略の方法は、”利上げ”か”資産の売却”、もしくは”その双方”の可能性も」との考えを示した事が意識された。

 【予想の結果】
            安値      高値       今週の動き
 ドル/円   :  95.00   99.00   97.11- 98.84
 ユーロ/円 : 137.00  141.00  135.73-138.31
 ポンド/円  : 157.00  162.00  155.61-162.55
 ユーロ/ドル: 1.3700  1.4150  1.3807-1.4177

 【来週の為替予想】
 来週は米の景気に関する指標が多く発表されることから、ドルの動きが注目されます。

 注目される経済指標は15日 米 NY連銀製造業景気指数です。予想では-5.75と前回の-4.55より悪化となっています。クライスラー・GMの破綻で工場閉鎖やリストラが加速して進みそうですから、予想通りの結果となるでしょう。結果が悪ければ、ドルが売られるでしょう。

 次に注目される経済指標は16日 英 消費者物価指数です。予想では0.3%と前回の0.2%よりやや改善となっています。今週の英 住宅価格や他の経済指標も改善していることから、予想通りの結果となるでしょう。良い結果となれば、ポンドが買われる展開となるでしょう。

  主な経済指標
 15日: 米 NY連銀製造業景気指数/ネット長期TICフロー
 16日: 日 日銀政策金利、独 ZEW景況感調査、英 消費者物価指数
 17日: 英 BOE(英中銀)議事録、米 消費者物価指数
 18日: 英 小売売上高、米 景気先行指標総合指数/フィラデルフィア連銀指数
 19日: 日 日銀政策会合議事録、独 生産者物価指数
  予想レンジは下記の通り。
           安値      高値     投資スタンス
ドル/円   :  96.00   99.00     押し目買い
ユーロ/円 : 135.00  140.00     戻り売り
ポンド/円  : 157.00  162.00     戻り売り
ユーロ/ドル: 1.3700  1.4100     戻り売り
 【来週の戦略】
ドル/円は押し目買い、ポンド/円、ユーロ/円、ユーロ/ドルは戻り売りで対応。

投票に協力をお願いします。下のバナーをクリック。
人気ブログランキング

来週の為替予想(6/8~12)

 【今週の動き】
 今週は米のGMが連邦破産法(チャプター11)の申請し、米経済の回復期待からドルが買われる週となりました。

 01日 米 ISM製造業景況指数は42.8と市場予想42.0を上回る結果となった。新規受注(今回:51.1、前回:47.2)生産(今回:46.0、前回:40.4)の上昇が指数を押し上げた。雇用は前月に比べ微減(今回:34.3、前回:34.4)となった。

 02日 豪ドルは堅調、RBA(豪準備銀)は政策金利を3.00%で据え置く事を決定した。声明では「低インフレを背景に、必要であれば緩和の余地がある」と緩和の可能性は示唆したものの「これまでの緩和の効果は、まだ実感されていない」との認識を示し、積極的な利下げに慎重な見方を示したことが後押しした。
 米 中古住宅販売保留は市場予想(0.3%)を上回る強い結果(6.7%)となった。伸び率としては01年10月以来の高水準、内訳は北東部は32.6%、中西部は9.8%、南部は-0.2%、西部が1.8%となった。中古住宅販売保留は2ヶ月以内に8割が中古住宅販売件数になるといわれている。

 03日 NY時間午前に「ラトビアが債券の売却に失敗」と報じられた。ラトビア財務省が短期証券(4種類)の入札を行ったが、応札が無かったとのこと。通貨(ラッツ)をめぐる懸念(通貨切り下げの噂、自国通貨買いによる外貨準備の減少など)が嫌気されて、ユーロが下落。
 米 ISM非製造業景況指数は44.0となった。これは08年10月以来の高水準。雇用指数は前月の37.0から39.0に改善した。

 04日 トリシェECB(欧州中銀)総裁が政策決定会合後の記者会見で「米当局が強いドルが利益にかなうと言うことが非常に重要」「強いドルが米国の利益にかなうとの考えを大いに評価する」とのコメントも意識され、ドルは底堅く推移。
 ポンドは軟調、BOE(英中銀)政策金利は予想通りだったこともあり、為替への限定された。しかし、欧州時間に選挙での大敗が確実になり、ブラウン英首相の辞任の噂(後に英政府が否定)が流れたことから、政治的リスクが意識されたことがポンドの重しとなった。

 05日 米雇用統計で非農業部門雇用者数変化が市場予想(-52.0万人)よりも強い結果(-34.5万人)となったことから、ドル買いが優勢となった。内訳を見ると前月とは異なり、民間部門(5月:-33.8万人、4月:-59.6万人)の改善が数値を押し上げており、米労働市場の改善も期待される。ただ、失業率は9.4%と83年8月以来の高水準になっている。

 【予想の結果】
            安値      高値       今週の動き
 ドル/円   :  93.00   97.00   96.56- 98.87
 ユーロ/円 : 131.00  137.00  136.28-139.21
 ポンド/円  : 151.00  157.00  154.95-158.48
 ユーロ/ドル: 1.3900  1.4300  1.3935-1.4265

 【来週の為替予想】
 今週は米雇用統計で非農業部門雇用者数変化が市場予想よりも強い結果となったことから、ドル買いが優勢となりましたが、クライスラー・GMの破綻で工場閉鎖やリストラが加速して進みそうですから、今後はまた雇用環境が悪化するものと思われます。

 注目される経済指標は11日 NZ RBNZ(NZ準備銀)政策金利発表です。予想では据え置きとなっています。小売売上高指数や住宅建設許可件数が比較的良いため、予想通りの結果となるでしょう。また、政策金利発表後の声明文や記者会見での発言には注意が必要です。

 次に注目される経済指標は12日 米 ミシガン大学消費者信頼感指数です。予想では69.2と前回の68.7よりやや改善となっています。最近の米 経済指標も大幅に改善していることや雇用統計が大幅に良かったことから、予想より良いの結果となるでしょう。良い結果となれば、ドルが買われる展開となるでしょう。

  主な経済指標
 08日: 日 国際収支
 09日: 日 工作機械受注、独 鉱工業生産
 10日: 英 鉱工業生産、米 貿易収支/地区連銀経済報告(ベージュ・ブック)
 11日: NZ RBNZ(NZ準備銀)政策金利、豪 雇用統計、米 小売売上高
 12日: NZ 小売売上高、米 ミシガン大学消費者信頼感指数
  予想レンジは下記の通り。
           安値      高値     投資スタンス
ドル/円   :  95.00   99.00     押し目買い
ユーロ/円 : 137.00  141.00     押し目買い
ポンド/円  : 157.00  162.00     押し目買い
ユーロ/ドル: 1.3700  1.4150      戻り売り
 【来週の戦略】
ドル/円、ポンド/円、ユーロ/円は押し目買い、ユーロ/ドルは戻り売りで対応。


投票に協力をお願いします。下のバナーをクリック。
人気ブログランキング

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。