プロフィール

garison0218

Author:garison0218
低金利時代の日本においては貯金をしていてもお金は増えません。今、貯金しているお金をもっと活躍出来るようにどの金融商品にどのように投資をしたらよいかを簡単にわかりやすく説明していきます。
SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート

ブログランキング

投票にご協力をお願いします。

人気ブログランキング  FC2ブログランキング  ☆$外為カリスマRANKKING$☆  FX(為替)ブログランキング  投資ブログランキング  FX〔外為・為替〕ブログランキング  FX投資ランキング  ベストブログランキング  株☆ブログランキング  デイトレ★ワールドカッブ

株式取引、国債の広告

【資料請求・口座開設申込】

為替レート

本・CD・DVDの広告

【本・CD・DVDを検索!】

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来週の為替予想(7/27~31)

 【今週の動き】
 今週も米 主要企業の四半期決算が良かったことから、リスク回避志向が後退し、欧州通貨が買い戻される展開となりました。

 20日 米6月景気先行指標総合指数は0.7%と事前予想(0.5%)を上回り、これで3ヶ月連続での前月比上昇となった。構成項目である、6ヶ月間50を下回ると景気後退のサインの一つとされるディフュージョン指数も70となり、3ヶ月連続でその50を上回った。その他の構成項目も軒並み良く、10ある項目のうち7つが上昇。特に「建設許可」の寄与度が最も高く、住宅市場に明るい見通しを与えるものと言える。また、破綻懸念がくすぶる米CITに関し「債券保有者から30億ドルの融資を受ける可能性」と報じられた。

 21日 米CITによる「第2四半期(4-6月)の損失は15億ドルを超える見通し」「8月の債務交渉の結果次第では破産法適用申請もありえる」との声明でリスク回避志向が台頭。セオリー的なドル買い・円買いが優勢となった。
 バーナンキFRB議長による議会証言にはサプライズこそなかったが、「失業率は年末にピークつける可能性あるが、2011年まで長期的な持続可能水準を上回る可能性」等とし、労働市場の不振が長引く可能性を示唆した。

 22日 BOE(英中銀)議事録が発表された。議事録の内容は、政策金利・資産買い入れプログラムの規模を全会一致で据え置くというもので、また注目されていた買い入れプログラムに関しては「重要な問題は、直ちに量的緩和策の総合購入枠を変更するかどうかであり、8月が再評価をするにはよりふさわしい時期だ」と8月に追加で買い入れを行う可能性を残した。

 23日 ポンドも上昇。英 小売売上高が1.2%と事前予想(0.3%)を大きく上回る好結果となった事に加え、NY時間にセンタンスBOE(英中銀)政策委員が「見通しによっては、国債購入を停止する可能性ある」とし、量的緩和終了の可能性に触れた事が好感された。

 24日 ユーロが堅調に推移。欧州時間に発表された独7月IFO景気動向が87.3と事前予想(86.5)を上回り、4ヶ月連続で改善&2008年10月(90.0)以来の好数値を記録した事で、ユーロ圏経済に対する楽観論が広がった。その一方で、英第2四半期GDP(速報値)は前期比 -0.8%(予想 -0.3%)、前年比 -5.6%(予想 -5.2%)共に事前予想を上回る悪化に。これらを背景に、ユーロは特に対ポンドで上昇した。

 【予想の結果】
            安値      高値       今週の動き
 ドル/円   :  90.00   95.00   93.11- 95.28
 ユーロ/円 : 127.00  134.00  132.11-135.60
 ポンド/円  : 148.00  155.00  152.38-157.57
 ユーロ/ドル: 1.3800  1.4200  1.4113-1.4290

 【来週の為替予想】
 来週は米 主要企業の好決算を背景にリスク回避志向の後退が続くかが注目されます。

 注目される経済指標は27日 米 新築住宅販売件数です。予想では35.5万件と前回の34.2万件より改善となっています。今週発表の米6月景気先行指標総合指数で「住宅建設許可」が最も高く改善していることから、予想より良い結果となる可能性があります。結果が良ければ、ドルが買われるでしょう。

 次に注目される経済指標は31日 米 GDP-2Qです。予想では-1.5%と前回の-5.5%より改善となっています。しかし、今週発表の英 GDP-2Qが事前予想を大幅に下回ったことから、予想より悪い可能性もあります。極端に悪ければ、ドルが売られる展開となるでしょう。

  主な経済指標
 27日: 独 GFK消費者信頼感調査、米 新築住宅販売件数
 28日: 米 消費者信頼感指数/リッチモンド連銀製造業指数
 29日: 独 消費者物価指数、米 地区連銀経済報告(ベージュ・ブック)
 30日: NZ RBNZ(NZ準備銀)政策金利、ユーロ圏 消費者信頼感
 31日: ユーロ圏 消費者物価指数速報、米 GDP-2Q、シカゴ購買部協会景気指数

  予想レンジは下記の通り。
           安値      高値     投資スタンス
ドル/円   :  92.00   95.00     戻り売り
ユーロ/円 : 130.00  136.00     押し目買い
ポンド/円  : 153.00  159.00     押し目買い
ユーロ/ドル: 1.4000  1.4300     押し目買い
 【来週の戦略】
ドル/円は戻り売り、ポンド/円、ユーロ/円、ユーロ/ドルは押し目買いで対応。


投票に協力をお願いします。下のバナーをクリック。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

来週の為替予想(7/20~24)

 【今週の動き】
 今週は米 主要企業の四半期決算が良かったことから、ドルが買い戻される展開となりました。

 13日 NYタイムズ紙がゴールドマン・サックスの決算見通しで「20億ドル以上の可能性」との観測記事を出すなど、本格的に始まる米企業決算への楽観的な見方が広がったことで米株式市場が堅調に推移し、リスク選好度が高まったことが円の重しとなった。

 14日 ユーロが軟調に推移。7月のドイツZEW景況感調査は6ヶ月先の動向を示す景況感調査は前月の44.8から39.5へと下落した。一方、現状指数は-89.7から-89.3へ改善。景況感の下げ幅のほうが現状指数のそれよりも大きい。このことから現状の景況感よりも半年後の景況感への懸念のほうが強いことが読み取れる。
 ポンドも堅調。アジア時間に発表された英RICS住宅価格-6月が市場予想(-40.0%)を上回る結果(-18.1%)となり、英住宅価格の底打ち期待が意識されたことに加え、欧州時間にポーゼン次期BOE(英中銀)金融政策委員が「中期的にポンドは対ユーロで強いと予想」との認識を示したことがサポートした。

 15日 NY連銀製造業景気指数の予想(-5.00)を上回る結果(-0.55)を受けドル/円が上昇する場面もあったが、売買一巡後は小動きに。雇用統計への指針となる雇用指数は-20.83と前月(-21.84)から改善した。雇用指数が前月から改善したのは2009年2月(-39.08)をボトムに5カ月連続。雇用指数の改善は8月7日に予定されている米雇用統計への改善期待に繋がる。

 16日 CNBCが米金融サービスのCITが明日17日にも破産法を申請する可能性あると報じている。本日アジア時間早くにCITは「米政府から追加支援を得られる可能性低い」との声明を発し、米財務省は「ノーコメント」としている。仮にCITが破綻すれば、ワシントン・ミューチュアル以来最大規模となる。
 円売りが優勢。米金融機関大手JPモルガン・チュースの第2四半期決算が1株当たり0.28ドルと(予想:0.04ドル)予想を上回る結果だったことを受け、米株式市場が堅調に推移したことでリスク回避志向が後退。逃避通貨としての『円』の重しとなった。

 17日 米金融大手【CITグループ】がアジア時間に「融資の可能性に関し、複数の金融機関と交渉している」とコメントしたことを手掛かりに、同社の破たんへの懸念が後退。また、米金融大手【シティグループ】・【バンク・オブ・アメリカ】の予想を上回る決算発表が相次いだこと。米住宅着工件数-6月、米建設許可件数-6月が予想を上回る強い結果となったことでリスク選好度が高まり、結果『円』売りに繋がった。
 ポンドは軟調。アジア時間にビーンBOE(英中銀)「経済が回復するにはいくらか時間がかかる」との認識を示したことが重石となった。

 【予想の結果】
            安値      高値       今週の動き
 ドル/円   :  90.00   94.00   91.74- 94.45
 ユーロ/円 : 127.00  133.00  128.03-133.44
 ポンド/円  : 146.00  152.00  147.19-155.13
 ユーロ/ドル: 1.3800  1.4100  1.3899-1.4163

 【来週の為替予想】
 来週は米 主要企業の決算発表が一段落し、落ち着いた展開となるかが注目されます。

 注目される経済指標は20日 米 景気先行指標総合指数です。予想では0.5と前回の1.2より悪化となっています。今週発表のNY連銀製造業景気指数などが改善していることから、予想より良い結果となる可能性があります。結果が良ければ、ドルが買われるでしょう。

 次に注目される経済指標は24日 独 IFO景気動向です。予想では86.5と前回の85.9より改善となっています。しかし、今週発表の7月ドイツZEW景況感調査が事前予想を下回ったことから、予想より悪い可能性もあります。極端に悪ければ、ユーロが売られる展開となるでしょう。

  主な経済指標
 20日: 独 生産者物価指数、米 景気先行指標総合指数
 21日: 加 BOC(カナダ中銀)政策金利
 22日: 豪 消費者物価指数、英 BOE(英中銀)議事録
 23日: 英 小売売上高、米 中古住宅販売件数
 24日: 独 IFO景気動向、英 GDP-2Q(速報値)

  予想レンジは下記の通り。
           安値      高値     投資スタンス
ドル/円   :  90.00   95.00     戻り売り
ユーロ/円 : 127.00  134.00     戻り売り
ポンド/円  : 148.00  155.00     戻り売り
ユーロ/ドル: 1.3800  1.4200     戻り売り
 【来週の戦略】
ドル/円、ポンド/円、ユーロ/円、ユーロ/ドルは戻り売りで対応。

投票に協力をお願いします。下のバナーをクリック。
人気ブログランキング

来週の為替予想(7/13~17)

 【今週の動き】
 今週は米 雇用統計の悪化から、今後の世界経済の回復が遅れるとの思惑から、ドルが売られ、円が買われる展開となりました。円絡みの通貨ペアは軒並み下落し、ドル/円は94円付近にあった強い抵抗線を割り込み、一時、91円台まで下落しました。

 06日 NY時間はユーロがジリジリと値を上げた。ルクセンブルク中銀のメルシュ総裁による「2010年のインフレ率、非常に強いものになりそうだ」との見通しが、ECBに対する利下げ打ち止め期待を拡大させた。またシュタインブリュック独財務相による「米ドルは主導的な役割維持し、ユーロと人民元もその役割を拡大させていくだろう」とのコメントもユーロを下支えした。
 米6月ISM非製造業景況指数は47.0と事前予想(46.0)を上回り、2008年9月(50.0)以来の好数値となった。好悪分岐点である「50」こそ超えられなかったものの、その大台を割り込んで以来、最もその「50」に近い数値となった。構成項目も軒並み良く、雇用統計の発表が先週だった事で注目度は高くないが、「雇用指数」は43.4(前回 39.0)へと大きく改善している。また新規受注も48.6(前回 44.4)へと大きく伸びている。

 07日 ゼーリック世界銀行総裁による「世界経済の落ち込みに歯止めはかかったが、2009年は依然危険な年だ」との見通しに続き、スペイン中銀のオルドネス総裁も「世界経済の回復は2010年初めと予想するが、大きな不確実性がある」とコメント。これら楽観論に対する警鐘を背景に、欧・米株式市場は続落。これがリスク回避志向を再燃させ、安全通貨として円が選好された。
 ポンドは引き続き上値が重い。英商工会議所による「英国のリセッション(景気後退)の最悪期は去ったが、回復は定かではない」との悲観的な見通しや英タイムズ紙による「BOE(英中銀)は9日(木)の会合で量的緩和プログラムを250億ポンド拡大する可能性がある」との報道、そして、先週発表された英国の第1四半期GDP確報値のショッキングな結果(前期比では1958年第2四半期以来・前年比では過去最大の下落率を記録)が、引き続きポンドの重しとなっている。

 08日 円が急進。ドル円は2%以上、ユーロ円は3%以上値を下げた。IMF(国際通貨基金)が2010年の世界経済成長見通しをそれまでの+1.9%から+2.5%へと上方修正した事で、米株式市場はプラスで推移。しかし、株価がマイナスへ反転すると、円がジリジリと上昇。これにストップロスが断続的に誘発され、結果、円の大幅な買い戻しに至った。

 09日 BOE(英中銀)は政策金利を0.50%に据え置くことを決定。焦点となっていた資産買い入れプログラムの規模は1250億ポンドのまま維持されることとなった。発表直後ポンドは買われた。BOEは「8月の会合で資産買い入れプログラムの規模について検討」と発表し、次回の会合で買い入れプログラムの規模を拡大する可能性を残した。ポンドは買い一巡後、その後やや伸び悩んだ。

 10日 米7月ミシガン大学消費者信頼感指数(速報値)は64.6と事前予想(70.0)を大きく割り込む悪結果となった。構成項目も軒並み悪く、特に景気見通しは60.9(前回 69.2)へと悪化した。これら一連の経済指標を受け、景気回復見通しに対する懸念視が再び台頭。株安+ドル安の結果となった。

 【予想の結果】
            安値      高値       今週の動き
 ドル/円   :  95.00   97.00   91.81- 96.03
 ユーロ/円 : 133.00  138.00  127.06-134.03
 ポンド/円  : 155.00  160.00  146.84-156.43
 ユーロ/ドル: 1.3900  1.4200  1.3834-1.4070

 【来週の為替予想】
 来週も引き続き、ドル売り・円買いの展開となるかが注目されます。

 注目される経済指標は14日 独 ZEW景況感調査です。予想では48.0と前回の44.8より改善となっています。今週発表の独 製造業受注が大幅に改善していることから、予想通りの結果となるでしょう。結果が大幅に良ければ、ユーロが買われるでしょう。

 次に注目される経済指標は15日 米 NY連銀製造業景気指数です。予想では-4.75と前回の-9.41より改善となっています。今週発表のミシガン大学消費者信頼感指数が事前予想を下回ったことから、予想より悪い可能性もあります。極端に悪ければ、再びドル売り・円買いの展開となるでしょう。

  主な経済指標
 13日: 日 鉱工業生産、NZ 小売売上高
 14日: 独/ユーロ圏 ZEW景況感調査、英 消費者物価指数、米 小売売上高
 15日: 日 日銀政策金利、米 NY連銀製造業景気指数/FOMC議事録
 16日: NZ 消費者物価、米 ネット長期TICフロー/NAHB住宅市場指数
 17日: 日 景気一致CI指数、米 住宅着工件数
  予想レンジは下記の通り。
           安値      高値     投資スタンス
ドル/円   :  90.00   94.00     戻り売り
ユーロ/円 : 127.00  133.00     戻り売り
ポンド/円  : 146.00  152.00     戻り売り
ユーロ/ドル: 1.3800  1.4100     戻り売り
 【来週の戦略】
ドル/円、ポンド/円、ユーロ/円、ユーロ/ドルは戻り売りで対応。


投票に協力をお願いします。下のバナーをクリック。
人気ブログランキング

来週の為替予想(7/6~10)

 【今週の動き】
 今週はECB(欧州中銀)政策金利発表の前は欧州通貨が買われましたが、その後は欧州通貨が売られる展開となりました。また、米 雇用統計の後はドルが売られました。

 29日 ドルは堅調に推移。アジア時間に中国国家外為管理局(SAFE)が「ドルは世界の金融市場で優位性を維持していくだろう」「ドルの優位性は強い経済に下支えされている」との認識を示したことが引き続きサポートした。また、ダラス連銀製造業活動指数-6月が市場予想を下回る結果(結果:-20.4%、予想:-17.5%)となったことから、米長期金利が上昇していることも、ドル買いの一因となった。

 30日 日本の5月失業率は5.2%と、前回(5.0%)から0.2%悪化、2003年9月(5.2%)以来の悪水準となった。また有効求人倍率は0.44と、1963年1月の統計開始以来最低を記録した。円はこれらの発表直前に一時緩むも、その後は小動き。
 ポンドが急落。今年 第1四半期の英GDP確報値が前期比-2.4%・前年比-4.9%と事前予想(前期比-2.2%・前年比-4.4%)を下回り、前期比では1958年第2四半期以来・前年比では過去最大の下落率を記録したことが要因。英ネーションワイド住宅価格の好結果を受けてポンド買いが進んでいた分、その反動も大きくなっている。
 米 シカゴ購買部協会景気指数-6月は39.9となった。構成項目は前月に比べ軒並み改善、雇用指数は25.0から28.9となった。また、消費者信頼感指数は49.3となり前月から下落。前月に比べ下落したのは09年2月以来となる。現況・期待指数が共に下落したことが影響した。ただ、雇用で就職困難の項目は前月の43.9から44.8に改善した。

 01日 日銀短観 大企業製造業業況判断(第2四半期)は-48と事前予想(-43)には届かず。ただ、統計開始以来最低だった前回(-58)から10ポイント改善した。同じく大企業非製造業業況判断も-29と事前予想(-27)には届かずだった。円は短観ヘッドラインの弱さから一時弱含むも、その後は小動き。
 ドル/円は、6月のADP雇用統計(予想:-39.4万人、結果:-47.3万人)が予想を下回る結果だったことから、軟調に推移する場面もあった。ただ、その後に発表されたISM製造業景況指数が44.8と前月(42.8)から改善したこともあり下げ幅を縮小した。ISM製造業景況指数の構成項目を見ると、雇用指数が40.7と前月の34.3から上昇しており、労働市場の厳しさが緩和していることが意識される。

 02日 ECB(欧州中銀)は政策金利を据え置いた。トリシェECB(欧州中銀)総裁の記者会見では「最近のデータ、年内の経済活動が低迷することを示唆」「労働市場は今後さらに悪化する見込み」とややネガティブなコメントが意識されユーロは対円で下げ幅を拡大、続けて「現在の金利が最低だとは決めていない」とのコメントを受け、更に下落。また、格付け機関ムーディーズが「アイルランドをAA1に格下げ、アウトルックはネガティブ」と発表したことも下落の一因になった。
 円買いが優勢。米雇用統計で非農業部門雇用者数変化-6月が-46.7万人と事前予想(-36.7万人)を下回る結果となったことでリスク回避志向の高まりが意識された。

 03日 ユーロは軟調に推移。前日にムーディズがアイルランドを格下げしたとの報や、トリシェECB(欧州中銀)総裁が景気見通しについて、悲観的な見方を示したことが引き続き重しとなった。

 【予想の結果】
            安値      高値       今週の動き
 ドル/円   :  94.00   97.00   95.17- 96.96
 ユーロ/円 : 132.00  136.00  133.41-136.86
 ポンド/円  : 154.00  159.00  156.48-160.24
 ユーロ/ドル: 1.3900  1.4200  1.3931-1.4199

 【来週の為替予想】
 来週は最大の注目であった米 雇用統計が終了し、値動きが大きくなる可能性があります。

 注目される経済指標は06日 米 ISM非製造業景況指数です。予想では46.0と前回の44.0より改善となっています。今週発表のISM製造業景況指数が雇用指数も含め、改善していることから、予想通りの結果となるでしょう。結果が大幅に良ければ、ドルが買われるでしょう。

 次に注目される経済指標は09日 英 BOE(英中銀)政策金利発表です。予想は据え置きとなっています。今週発表の第1四半期の英GDP確報値が事前予想を下回ったことで、想定外の利下げはないと思いますが、政策金利発表後の声明文や記者会見での発言には注意が必要です。

  主な経済指標
 06日: 日 景気先行CI指数、米 ISM非製造業景況指数
 07日: 豪 RBA(豪準備銀)政策金利、英 鉱工業生産
 08日: 日 機械受注/国際収支、独 鉱工業生産
 09日: 豪 雇用統計、英 BOE(英中銀)政策金利
 10日: 加 雇用統計、米 ミシガン大学消費者信頼感指数

  予想レンジは下記の通り。
           安値      高値     投資スタンス
ドル/円   :  95.00   97.00     戻り売り
ユーロ/円 : 133.00  138.00     押し目買い
ポンド/円  : 155.00  160.00     押し目買い
ユーロ/ドル: 1.3900  1.4200     押し目買い

 【来週の戦略】
ドル/円は戻り売り、ポンド/円、ユーロ/円、ユーロ/ドルは押し目買いで対応。

投票に協力をお願いします。下のバナーをクリック。
人気ブログランキング

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。