プロフィール

garison0218

Author:garison0218
低金利時代の日本においては貯金をしていてもお金は増えません。今、貯金しているお金をもっと活躍出来るようにどの金融商品にどのように投資をしたらよいかを簡単にわかりやすく説明していきます。
SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート

ブログランキング

投票にご協力をお願いします。

人気ブログランキング  FC2ブログランキング  ☆$外為カリスマRANKKING$☆  FX(為替)ブログランキング  投資ブログランキング  FX〔外為・為替〕ブログランキング  FX投資ランキング  ベストブログランキング  株☆ブログランキング  デイトレ★ワールドカッブ

株式取引、国債の広告

【資料請求・口座開設申込】

為替レート

本・CD・DVDの広告

【本・CD・DVDを検索!】

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意外と使える、MACD(2)【テクニカル分析編】

【計算式】
 指数平滑移動平均のことをEMAといい、短期・長期とそれぞれ計算します。
 *EMAを求める式
  EMA=前日のEMA+α(当日の指数-前日のEMA)
  又は=前日のEMA×(1-α)+当日の指数×α
  α:平滑定数 2/n+1  n:平均期間
上記nにそれぞれ解析したい短期・長期の数値を入れればいいのです。通常は短期は12日、長期は26日で計算されています。

 計算式から見ると、当日の指数(数値)にこのαを掛けますので、当日の指数が2倍となっており、それにより、1日分のデータが多くなるのでn+1としているわけです。つまり、平滑移動平均は直近のデータを2倍していることになります。

 短期のEMAと長期のEMAを求めたあとにMACDは下記、式で計算します。
  MACD=短期のEMA-長期のEMA

 次に「シグナル」といって、MACDを移動平均化した物を計算します。
式はEMAを求める物とほぼ同じですが、このシグナルに関しては単純平均を使っているケースが多く、通常は9日間がよく使われています。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://garison0218.blog23.fc2.com/tb.php/150-992e4f7c

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。