プロフィール

garison0218

Author:garison0218
低金利時代の日本においては貯金をしていてもお金は増えません。今、貯金しているお金をもっと活躍出来るようにどの金融商品にどのように投資をしたらよいかを簡単にわかりやすく説明していきます。
SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート

ブログランキング

投票にご協力をお願いします。

人気ブログランキング  FC2ブログランキング  ☆$外為カリスマRANKKING$☆  FX(為替)ブログランキング  投資ブログランキング  FX〔外為・為替〕ブログランキング  FX投資ランキング  ベストブログランキング  株☆ブログランキング  デイトレ★ワールドカッブ

株式取引、国債の広告

【資料請求・口座開設申込】

為替レート

本・CD・DVDの広告

【本・CD・DVDを検索!】

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来週の為替予想(4/14~18)

 【今週の動き】

 今週は特に重要な指標がないことや、G7前ということで落ち着いた週となりました。
 まず、9日IMF(国際通貨基金)、世界銀行が共に米経済に対し悲観的な見通し(GDP見通をしを大幅に下方修正)示した事に加え、サマーズ元財務長官が米国はリセッション(景気後退)にあるとコメント。グリーンスパン元FRB議長も昨日「米国はリセッションの痛みの中にいる」と同様の見解を示した。こういった地合いに加え、原油価格が112ドルと過去最高値を更新。更に「米メリルリンチが第1四半期決算で大幅な損失を計上?との噂」も重なり、ユーロ買い/ドル売りが優勢な展開となりました。

 次に注目された10日 英 BOE(英中銀)政策金利発表、ユーロ圏ECB(欧州中銀)政策金利発表ですが、予想通り、英 BOE(英中銀)政策金利は0.25%の利下げ、ECB(欧州中銀)政策金利は据え置きになりました。トリシェECB総裁は会見で「依然として中期的に物価安定の上方リスクがある」「2008年のインフレ率、緩やかな低下に留まる見通し」とする一方、経済のダウンサイドリスクに対しても言及。当面は利下げも利上げも必要ないと判断しているようです。

 その後、NBER(全米経済研究所)のフェルドスタイン所長の「ドルはさらに下落する必要がある、市場介入はまちがいに」とのコメントを受け、ドル円が102円手前から101円半ば割れへと急落。先ほど発表されたGEの予想を下回る決算も嫌気されダウ先物が下落、その他クロス円も同様に下落した場面がありました。

 そして、注目された経済指標11日 米 ミシガン大学消費者信頼感指数ですが、63.2と予想の69.0を大幅に下回った。これは1982年3月以来、26年ぶりの低水準。米国はリセッション(景気後退)にある事をデータで証明した形となりました。

9日 日銀政策金利の発表がありましたが、予想通り、据え置きでした。また、白川副総裁が総裁へ昇格されました。

  【予想の結果】
            安値      高値      今週の動き
 ドル/円   :  97.50  101.00  100.05-102.82
 ユーロ/円 : 154.00  160.00  158.83-161.70
 ポンド/円  : 193.00  202.00  198.81-204.41
 ユーロ/ドル: 1.5450  1.5900  1.5629-1.5911 

 【来週の為替予想】

 来週はG7で厳しい声明が出たことから、波乱含みの週となりそうです。

 G7では「国際金融市場の混乱は想定したよりも長引いている」との認識や、主要通貨において時として急激な変動があり、これらが経済および金融の安定へ与え得る影響について懸念している」と市場の急激なドル安をけん制した内容になりました。この内容からすると為替に関しての声明に対してはドル買い、世界経済に関しての声明に対してはドル売りとなりますが、個人的には最近の米 経済指標の悪化などと合わせて総合的に見た場合、ドル売りになると想定しています。

 そして、注目される経済指標は14日 米 小売売上高です。予想では0.0%と前回の0.6%より改善となっています。しかし、予想を下回る結果となれば、ドル売りとなるでしょう。

 他には米 大手企業の四半期決算が続きますので、これらの結果が相場に影響を及ぼすことがありそうです。

  主な経済指標
 14日: 米 小売売上高
 15日: 英 消費者物価指数、独 ZEW景況感調査
 16日: 日 工作機械受注 、米 消費者物価指数/地区連銀経済報告(ベージュ・ブック)
 17日: 米 景気先行指標総合指数
 18日: 日 消費者態度指数

  予想レンジは下記の通り。
           安値      高値     投資スタンス
ドル/円   :  98.00  101.00    戻り売り
ユーロ/円 : 155.00  160.00    戻り売り
ポンド/円  : 194.00  202.00    戻り売り
ユーロ/ドル: 1.5550  1.6000    押し目買い 

 【来週の戦略】
ドル/円 、ユーロ/円 、ポンド/円 :戻り売りで対応。ユーロ/ドルは押し目買いで対応。

投票に協力をお願いします。下のバナーをクリック。
人気ブログランキング

スポンサーサイト

コメント

ブログ復活してたのですね、以前相互リンクしていた者です^^
私も体調不良でFXからは少し離れていましたが、
今はスワップでまったりやっています。

名無し(?)様
 問題がなければ、名前を教えて貰えると助かります。
 ちなみに相互リンクの欄は再開前のままですので・・・
今後ともよろしくお願いいたします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://garison0218.blog23.fc2.com/tb.php/283-63dd7b1c

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。