プロフィール

garison0218

Author:garison0218
低金利時代の日本においては貯金をしていてもお金は増えません。今、貯金しているお金をもっと活躍出来るようにどの金融商品にどのように投資をしたらよいかを簡単にわかりやすく説明していきます。
SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート

ブログランキング

投票にご協力をお願いします。

人気ブログランキング  FC2ブログランキング  ☆$外為カリスマRANKKING$☆  FX(為替)ブログランキング  投資ブログランキング  FX〔外為・為替〕ブログランキング  FX投資ランキング  ベストブログランキング  株☆ブログランキング  デイトレ★ワールドカッブ

株式取引、国債の広告

【資料請求・口座開設申込】

為替レート

本・CD・DVDの広告

【本・CD・DVDを検索!】

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来週の為替予想(5/19~23)

 【今週の動き】
 今週は静かな週となりました。

12日 夕方に発表された英国の生産者物価指数・仕入価格・出荷価格はいずれも事前予想を大きく上回る強い数値となり、これを受けてポンドが上昇。また、ユーロは「スペインがユーロを離脱?との噂」で対ドルで1.54台を割り込んだが、NY時間に入りECB(欧州中銀)のゴンザレスパラモ理事による「インフレは相当長い間、ECBの目標を上回る可能性がある」とのコメントを受けジリジリと上昇、1.55台を回復しました。

13日 ドルが急伸。米小売売上高は-0.2%と事前予想通りとなったが、変動&単価の大きい自動車を除いた数値が0.5%と予想(0.2%)を上回る伸びを見せた事が好感された様です。

14日 フランスの金融大手BNPパリバの決算が19.8億ユーロの黒字と、事前予想(16.2億ユーロ)を上回る数値だった事や、INGグループが15.4億ユーロの黒字とほぼ予想通りとなり、ユーロが反発。欧州金融機関に対する不安が後退した。

 15日 独GDP(速報値)が好結果(前月比~結果:1.5%・予想:0.7%、前年比~結果:2.6%・予想:1.8%)を受け、ユーロ圏の景気減速懸念が後退。一方、ドルが下落。NY連銀製造業景気指数の落ち込みとネットTICフロー合計のマイナスが響いている。NY連銀指数は、ここ5ヶ月でプラスとなったのはわずか2回のみ。TIC合計は482億ドルの売り越しとなり、米国からの資金流出が鮮明となった。

 16日 円が強含み。日本の実質GDPー1Qが(結果:0.8%・予想:0.6%、前年比~結果:3.3%・予想:2.5%)事前予想より良かった事が好感された。予想外の結果であり、これで2007年9月から3四半期連続でのプラス成長となった。NY時間、ドルは全面的に下落。住宅着工件数は103.2万件と事前予想(93.8万件)を上回ったものの、詳細を見てみると一戸建ての着工件数は1991年の湾岸戦争以来の最低を記録。また、ミシガン大学消費者信頼感指数(速報値)も1980年6月以来、実に28年ぶりの低水準へと落ち込んだ。更に今月始めに発表された4月米非農業部門雇用者数が当初の-2万人から-15万人へと大幅に下方修正されるのでは?との噂も出て、これもドルを押し下げる結果となった。

  【予想の結果】
            安値      高値       今週の動き
 ドル/円   : 100.00  105.00  102.60-105.42
 ユーロ/円 : 156.00  160.00  158.66-162.93
 ポンド/円  : 199.00  205.00  200.24-204.94
 ユーロ/ドル: 1.5150  1.5500  1.5369-1.5599 

 【来週の為替予想】
 今週も海外は重要な指標が多く発表されます。

 注目される経済指標は20日 独 ZEW景況感調査と21日 独 IFO景気動向です。ユーロ圏経済の中心である独の景気動向を知る手掛かりとして注目されます。ZEW景況感調査は予想では-37.0と前回より改善となっています。また、IFO景気動向は予想では102.0と前回とやや悪化となっています。先週のユーロ圏の経済指標がある程度良かったことから、これらの指標もやや改善といった結果となると想定しています。これにより、ユーロ圏の景気減速懸念が後退し、ユーロが買われるでしょう。

 次に注目される経済指標は19日 米 景気先行指標総合指数です。予想では-0.1%と前回の0.1%より悪化となっています。米の最近の経済指標は悪いものが多いため、結果が予想通りであれば、更に ドルが売られる展開となるでしょう。

 他には日・英・米 各中銀の議事録が発表されますので、これらの内容にも注目が必要です。

  主な経済指標
 19日: 米 景気先行指標総合指数
 20日: 日 日銀政策金利発表、独 ZEW景況感調査、米 生産者物価指数 
 21日: 独 IFO景気動向、英 BOE(英中銀)議事録、米 FOMC議事録
 22日: 英 小売売上高指数  
 23日: 日 日銀政策会合議事録、英 GDP-1Q、米 中古住宅販売件数

  予想レンジは下記の通り。
           安値      高値     投資スタンス
ドル/円   : 101.80  105.00    戻り売り
ユーロ/円 : 158.00  163.00    戻り売り
ポンド/円  : 200.50  205.00    戻り売り
ユーロ/ドル: 1.5250  1.5550     中立 

【来週の戦略】
ドル/円 、ユーロ/円 、ポンド/円 :戻り売りで対応。

投票に協力をお願いします。下のバナーをクリック。
人気ブログランキング

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://garison0218.blog23.fc2.com/tb.php/290-94705282

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。