プロフィール

garison0218

Author:garison0218
低金利時代の日本においては貯金をしていてもお金は増えません。今、貯金しているお金をもっと活躍出来るようにどの金融商品にどのように投資をしたらよいかを簡単にわかりやすく説明していきます。
SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート

ブログランキング

投票にご協力をお願いします。

人気ブログランキング  FC2ブログランキング  ☆$外為カリスマRANKKING$☆  FX(為替)ブログランキング  投資ブログランキング  FX〔外為・為替〕ブログランキング  FX投資ランキング  ベストブログランキング  株☆ブログランキング  デイトレ★ワールドカッブ

株式取引、国債の広告

【資料請求・口座開設申込】

為替レート

本・CD・DVDの広告

【本・CD・DVDを検索!】

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来週の為替予想(6/30~7/4)

 【今週の動き】
 今週もドルが弱い週となりました。

23日 独IFO景気動向が2005年1月以来の低水準を記録したしました。特に建設セクター、小売業の落ち込みが激しく、ECBによる利上げが企業のセンチメントを低下させている状況がわかりました。これでユーロが反落。一方、ポンドも下落。こちらはライトムーブ住宅価格が統計開始以来の低水準を記録した事が影響したようです。

24日 リッチモンド連銀指数は-12と2003年9月以来の低水準を記録。消費者信頼感指数は50.4と1992年2月以来の悪化となった。S&P/ケースシラー住宅価格は事前予想ほどの悪化こそ見せなかったものの-15.3%となり、統計開始以来の落ち込み幅を記録しました。

25日 トリシェECB総裁が改めて7月の会合で利上げを実施する可能性を示唆した事で、特にユーロ円は史上最高値を更新しました。

26日 「米シティ・グループが第2四半期に90億ドルの評価損を計上か?」との報道を皮切りに米ゴールドマン・サックスが米GMの投資判断を「売り」へと引き下げ、加えて「米クライスラーがチャプター11(連邦破産法)を申請?」との噂が浮上(後に同社が否定)。これらが複合的に嫌気され、米株式市場は大きく下落した。また、時間外に原油先物価格が140ドルを突破。

27日 「米メリルリンチが第2四半期に54億ドルの評価損を計上するのでは?」と報じられた事や、格付け機関ムーディーズがRBS(ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド)の財務格付けを「B+」→「B」へと引き下げ、更に「モルガン・スタンレーを格下げの方向で見直す」と発表した事で、金融機関に対する懸念が再燃し、米株式市場はまた大きく下落しました。また、終値で原油先物価格が140ドルを突破。

  【予想の結果】
            安値      高値       今週の動き
 ドル/円   : 106.00  109.00  105.89-108.37
 ユーロ/円 : 165.00  168.50  166.89-169.44
 ポンド/円  : 209.00  214.00  210.65-213.87
 ユーロ/ドル: 1.5350  1.5700  1.5470-1.5787 

 【来週の為替予想】
 今週も重要な指標が多い中、7/4(金)が米国 独立記念日で休みのため、雇用統計が1日前倒しとなります。また、今週の株価下落により、原油価格にも注目です。

 注目される経済指標は3日 米 雇用統計です。非農業部門雇用者数は予想では5.4万人減と前回の4.9万人減より悪化、失業率は5.4%と前回の5.5%より改善となっています。2日のADP(米 民間雇用関連の調査会社)雇用統計である程度の数値はわかると思いますが、こちらの予想も2.0万人減と前回より悪化となっています。予想通りの結果であれば、1月から6ヶ月連続でのマイナスとなり、ドルが売られる展開となるでしょう。

 次に注目される経済指標は3日 ユーロ圏 ECB(欧州中銀)政策金利です。予想では0.25%の利上げとなっています。しかし、ECBによる利上げが企業のセンチメントを低下させている統計も出ていることから、据え置きの可能性があります。どちらにせよ、ユーロが強いことには変わりありません。

  主な経済指標
 30日: ユーロ圏 消費者物価指数、米 シカゴ購買部協会景気指数
 01日: 日 日銀短観、豪 RBA(豪準備銀)政策金利、米 ISM製造業景況指数
 02日: 豪 小売売上高、米 ADP雇用統計
 03日: ユーロ圏 ECB(欧州中銀)政策金利、米 雇用統計/ISM非製造業景況指数 
 04日: 日 景気先行CI指数

  予想レンジは下記の通り。
           安値      高値     投資スタンス
ドル/円   : 104.70  108.00     戻り売り
ユーロ/円 : 167.00  170.00    押し目買い
ポンド/円  : 210.00  215.00     中立
ユーロ/ドル: 1.5550  1.5900    押し目買い 

【来週の戦略】
ドル/円は戻り売り。ユーロ/円・ユーロ/ドルは押し目買いで対応。

投票に協力をお願いします。下のバナーをクリック。
人気ブログランキング

スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://garison0218.blog23.fc2.com/tb.php/296-214e8720

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。