プロフィール

garison0218

Author:garison0218
低金利時代の日本においては貯金をしていてもお金は増えません。今、貯金しているお金をもっと活躍出来るようにどの金融商品にどのように投資をしたらよいかを簡単にわかりやすく説明していきます。
SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート

ブログランキング

投票にご協力をお願いします。

人気ブログランキング  FC2ブログランキング  ☆$外為カリスマRANKKING$☆  FX(為替)ブログランキング  投資ブログランキング  FX〔外為・為替〕ブログランキング  FX投資ランキング  ベストブログランキング  株☆ブログランキング  デイトレ★ワールドカッブ

株式取引、国債の広告

【資料請求・口座開設申込】

為替レート

本・CD・DVDの広告

【本・CD・DVDを検索!】

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来週の為替予想(8/11~15)

 【今週の動き】
 今週はドルとユーロが今までとは全く違った動きをした週となりました。

 4日 米 製造業受注やPCEデフレータなど一連の経済指標は比較的好結果となったが、既に7月31日の第2四半期GDPに反映済みというという事で反応はありませんでした。
 英タイムズ紙が「今週8日(金)に予定されているRBS(ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド)の上期決算が過去最大の損失を計上する?」と報じた事が嫌気された。これにより、英ポンドは軟調に推移。

 5日 FOMCは予想通り政策金利を2.00%で据え置くも、経済成長に対する表現が下方修正された。また利上げを主張したメンバーは前回同様1名のみだった。これにより早期の利上げ期待が後退した。このFOMCに先立ち発表された7月ISM非製造業景況指数は49.5と事前予想(48.7)こそ上回ったものの、好悪の分岐点とされる「50」を回復するには至らなかった。「50」を割り込んだのはこれで2ヶ月連続となる。
 NZドルはアジア時間にボラードRBNZ総裁が「更なる利下げ余地ある」とコメントした事で、豪ドルはRBA声明文において「現在の金融政策スタンスは適切」が削除され、利下げ期待が浮上した事が後押しになり、共に下落しました。

 6日 原油価格が続落した事に加え、ドルインデックス(実行相場)が大きく上昇した事で買い安心感が広がった。また、昨日のFOMCを一先ず波乱なく終えた事も拍車をかけた。
 独6月製造業受注が2007年7以来最大の落ち込みを記録&7ヶ月連続で低下した事を受け、独経済に対するリセッションリスクが台頭。ECBにはこれ以上の利上げは必要ないとの見方が広がり、ユーロが下落しました。

 7日 ユーロが続落となった。ECBは政策金利を4.25%で据え置いたものの、トリシェ総裁が記者会見で景気減速の可能性を繰り返し強調した事が後押しとなった。
 米新規失業保険申請件数は45.5万件と事前予想(42.0万件)を上回り、ここ6年で最悪を記録した。一方、米6月住宅販売保留は5.3%と事前予想(-1.0%)を上回る好結果となった。北東部、中西部、南部、そして西部の調査地区全てで販売件数が増加しており、住宅価格の低下が購入を促し始めた可能性があります。米経済の悪さは既に織り込み済みのため、新規失業保険申請件数の悪化よりも、この中古販売保留の好結果がサプライズとして受け止められた。故にこれがユーロ下落に拍車をかける結果ともなったようです。

 8日  原油価格の大幅下落がドル買いを誘った一方で、ECBに対する利上げ期待の後退がユーロを大きく押し下げた。先日の記者会見でトリシェECB総裁が繰り返し景気減速懸念を強調した事で利上げ期待は既に後退していたが、本日、オランダ中銀のウェリンク総裁が「ECB理事会では利上げしないとの広い合意があった」とコメントした事で、その利上げ期待はほぼ消失した結果となった。

  【予想の結果】
            安値      高値      今週の動き
 ドル/円   : 106.00  108.50  107.48-110.32
 ユーロ/円 : 167.00  170.00  165.34-169.46
 ポンド/円  : 212.00  216.00  210.64-213.88
 ユーロ/ドル: 1.5500  1.5900  1.5001-1.5628 

 【来週の為替予想】
 今週も原油価格とドルの値動きが注目されます。

 注目される経済指標は14日 ユーロ圏 GDP-2Qです。GDP-2Q(速報値)の予想は-0.2%と、前回の0.7%から大きく悪化となっています。今週、オランダ中銀のウェリンク総裁も「来週のユーロ圏GDPデータからは良いニュースを見込んでいない」としてそのGDPに対する懸念を滲ませていたことから、予想より悪い可能性があります。予想通りの結果であれば、今週に引き続きユーロが売られる展開となるでしょう。

 次に注目される経済指標は15日 米 ミシガン大学消費者信頼感指数です。予想では61.5と、前回の61.2から多少改善となっています。今週の中古販売保留の好結果などから、ほぼ予想通りの結果となるでしょう。そうなれば、ドルは下落することはないでしょう。

  主な経済指標
 11日: 豪 RBA(豪準備銀)四半期金融政策報告
 12日: 英 消費者物価指数/小売物価指数、米 貿易収支
 13日: 日 GDP-2Q、英 BOE(英中銀)四半期インフレ報告、米 小売売上高
 14日: 独 消費者物価指数、ユーロ圏 GDP-2Q、米 消費者物価指数 
 15日: 米 NY連銀製造業景気指数/ミシガン大学消費者信頼感指数

  予想レンジは下記の通り。
           安値      高値     投資スタンス
ドル/円   : 108.00  110.50     中立
ユーロ/円 : 162.00  166.00    戻り売り
ポンド/円  : 210.00  215.00     中立
ユーロ/ドル: 1.4800  1.5400    戻り売り 

【来週の戦略】
ユーロ/円、ユーロ/ドルは戻り売りで対応。


投票に協力をお願いします。下のバナーをクリック。
人気ブログランキング

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://garison0218.blog23.fc2.com/tb.php/302-cc98d789

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。