プロフィール

garison0218

Author:garison0218
低金利時代の日本においては貯金をしていてもお金は増えません。今、貯金しているお金をもっと活躍出来るようにどの金融商品にどのように投資をしたらよいかを簡単にわかりやすく説明していきます。
SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート

ブログランキング

投票にご協力をお願いします。

人気ブログランキング  FC2ブログランキング  ☆$外為カリスマRANKKING$☆  FX(為替)ブログランキング  投資ブログランキング  FX〔外為・為替〕ブログランキング  FX投資ランキング  ベストブログランキング  株☆ブログランキング  デイトレ★ワールドカッブ

株式取引、国債の広告

【資料請求・口座開設申込】

為替レート

本・CD・DVDの広告

【本・CD・DVDを検索!】

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来週の為替予想(9/8~12)

 【今週の動き】
 今週の金融市場は大波乱の週となりました。

 原油価格ですが、1日 ニューヨーク原油がハリケーン「グスタフ」が熱帯性暴風雨に勢力を弱めたことで石油関連施設への影響が無くなったことから、先週末の115ドル台から一時105ドル台と大暴落しました。
 また、為替市場は4日 米 新規失業申請件数が予想に対し、大幅に悪化したことにより、雇用統計が相当に悪くなるとの思惑から、クロス円を中心に大暴落! ポンド/円、ユーロ/円は一晩で6円以上の大暴落となりました。私もFXを始めてから数年がたちますが、この様なことは初めてです。9.11全米同時多発テロの時もこういう感じだったのではないでしょうか?

 1日 ハリケーン「グスタフ」が勢力を弱めた事で原油先物価格が下落。これがドルを押し上げた。
 一方、英ポンドは週末に英ガーディアン紙がダーリング財務相のコメントとして「英経済は過去60年で最悪の事態に直面している」と伝えた事が嫌気された。ただ英FT紙が「(財務相のコメントは)深刻な不況予想ではなく、現在の経済状況の厳しさを強調したに過ぎない」とし、市場は誤解しているとの旨の記事を掲載した事でポンドは下げ渋りの展開となりました。

 2日 米 8月ISM製造業景況指数は49.9と景気拡大・後退の分岐点である50を割り込んだ。50を割り込んだのは今年5月以来となる。また米雇用統計への指針となる構成項目の「雇用指数」も49.7と50を割り込んだ。

 3日 「大半の地区で経済活動は低調」とした米地区連銀経済報告(ベージュブック)は特に材料視されず、市場は落ち着いた流れを継続している。

 4日 米 新規失業保険申請件数は42.0万件に対し、結果は44.4万件。これにより、世界的な景気悪化懸念や、ここのところ振るわない雇用関連指標を受けて米国の労働市場に対する懸念が高まった事から、NYダウ平均株価が大幅に下落(-344.65ドル)。その結果、株価下落を手掛かりとした円買いが活発化し、ユーロ/円は約6ヶ月半ぶり、ポンド/円は約4年9ヶ月ぶり、豪ドル/円は約1年1ヶ月ぶりの安値を記録しました。また、ユーロもトリシェECB総裁による「ユーロ圏の経済活動は弱い」、ユンカー・ユーログループ議長による「ユーロはドルや他通貨に対し、依然として実質的に過大評価」とのコメントを受けて大きく売られました。

 5日 米 雇用統計で非農業部門雇用者数変化-8月が -8.4万人と予想の-7.5万人より悪い結果となり、事前の噂の通りとなりました。また、失業率は予想の5.7%に対し、結果は6.1%と予想以上の悪化を示した事が嫌気され、リスク回避の思惑が再燃しました。
しかし、一時100ドル超下落していたNYダウ平均株価がその後、プラスに転じた事やNY原油先物の下落がドルの支援材料となり、やや値を戻しました。

最後に各国の政策金利発表ですが、RBA(豪準備銀)が0.25%の利下げ、それ以外が据え置きとなりました。

  【予想の結果】
            安値      高値      今週の動き
 ドル/円   : 107.00  111.00  105.58-109.14
 ユーロ/円 : 157.00  162.00  150.67-159.60
 ポンド/円  : 195.00  203.00  186.32-196.87
 ユーロ/ドル: 1.4450  1.4750  1.4199-1.4717 

 【来週の為替予想】
 来週も金融市場全般が注目されます。

 来週ですが、今年も9月11日がやってきます。金融市場が混乱している時に何かか起きれば、今週に引き続き大波乱の展開が想定されます。9月11日前後は特に注意が必要でしょう。

 さて、注目される経済指標は11日(木)NZ RBNZ(NZ準備銀)政策金利です。予想では0.25%の利下げとなっています。世界景気の減速と商品価格が下落していることから、予想通りの結果となるでしょう。NZD/円は70円を割って、65円ぐらいまで下落する展開となりそうです。

 次に注目される経済指標は12日 米 ミシガン大学消費者信頼感指数です。予想では63.9と前回の63.0より改善となっています。最近の米 経済指標は悪いものばかりなので、予想より悪い可能性もあります。悪ければ、再度ドルが売られることになるでしょう。

  主な経済指標
 08日: 米 消費者信用残高
 09日: 英 鉱工業生産、米 中古住宅販売保留
 10日: 日 景気先行CI指数 
 11日: NZ RBNZ(NZ準備銀)政策金利、豪 雇用統計、米 貿易収支 
 12日: NZ 小売売上高指数、米 小売売上高、ミシガン大学消費者信頼感指数

  予想レンジは下記の通り。
           安値      高値     投資スタンス
ドル/円   : 105.00  108.30     戻り売り
ユーロ/円 : 147.00  154.00      売り
ポンド/円  : 182.00  192.00      売り
ユーロ/ドル: 1.4000  1.4450      売り
 
【来週の戦略】
ユーロ/円、ユーロ/ドル、ポンド/円は売りで対応。

投票に協力をお願いします。下のバナーをクリック。
人気ブログランキング

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://garison0218.blog23.fc2.com/tb.php/306-b693ab36

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。