プロフィール

garison0218

Author:garison0218
低金利時代の日本においては貯金をしていてもお金は増えません。今、貯金しているお金をもっと活躍出来るようにどの金融商品にどのように投資をしたらよいかを簡単にわかりやすく説明していきます。
SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート

ブログランキング

投票にご協力をお願いします。

人気ブログランキング  FC2ブログランキング  ☆$外為カリスマRANKKING$☆  FX(為替)ブログランキング  投資ブログランキング  FX〔外為・為替〕ブログランキング  FX投資ランキング  ベストブログランキング  株☆ブログランキング  デイトレ★ワールドカッブ

株式取引、国債の広告

【資料請求・口座開設申込】

為替レート

本・CD・DVDの広告

【本・CD・DVDを検索!】

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来週の為替予想(11/10~14)

 【今週の動き】
 今週は週末にかけて金融不安が広がりました。

 03日 欧州時間では「独コメルツ銀行が政府か82億ユーロのら資本注入を受ける」との報を好感し堅調に推移したものの、その後ユンカー・ユーログループ議長が「(ユーロ圏は)テクニカル的なリセッションに直面している」とコメントした事や、サリス・キプロス財務相による「ECBは利下げ実施する可能性高い」との発言を受け反落した。そして、米GM が10月の自動車販売台数は第2次世界大戦以降最悪の水準と発表。
 米10月 ISM製造業景況指数は38.9と事前予想(42.0)を大きく割り込み、1982年9月以来の最低を記録。構成項目である雇用指数 34.6(前回 41.8)、輸出 41.0(前回 52.0)も大きく落ち込んだ。特に米雇用統計への指針となる雇用指数は3ヶ月連続で分岐点となる「50」を割り込んだ。

 04日 RBA(豪準備銀)は政策金利を事前予想を上回る0.75%引き下げ。予想以上の利下げにより豪ドル売りに傾斜している。ただ、前回会合で1.00%の大幅利下げを行っている事から、前回以上のサプライズとはならず、下げ幅は今のところ限定的。声明では「国内消費と経済活動、予想より弱いとみられる」「インフレがまもなく低下するとみるのが妥当」との認識を示している。
 ラガルド仏財務相による「インフレ率の低下は利下げ視野入りを意味する」とのコメントにより、ユーロが軟調に推移。10月31日に発表された最新のデータとなる10月消費者物価指数(前年比/速報値)は3.2%と前回9月の3.6%から大きく低下し、今年1月以来の低水準を記録している。それ故今週6日の政策会合でECB(欧州中銀)が利下げを実施するとの見方はほぼ織り込み済みだが、ラガルド氏のコメントでその利下げの可能性は決定的なものとなった。

 05日 米ISM非製造業景況指数の悪化が嫌気されている。ヘッドラインの悪化もさる事ながら、構成項目である「雇用指数」も41.5(前回 44.2)へと大幅に悪化。この雇用指数が好悪の分岐点とされる「50」を割り込んだのはこれで6ヶ月連続となる。先日発表されたISM製造業指数における雇用指数も大幅な悪化を示しており、これで製造業、非製造業(サービス)共に雇用が大きく悪化している可能性が示された事になる。また、米 ADP雇用統計-10月は-15.7万人と事前予想(-10.0万人)を上回る悪化となった。

 06日 欧州各国で利下げを実施した結果、欧州通貨が軒並み軟調推移となった。BOE(英中銀)は政策金利を予想を遙かに超える1.50%(過去最大幅)引き下げた(4.50%→3.00%)。英国の3.00%は1955年以来の低水準となる。SNB(スイス国立銀行)も緊急利下げを実施し、0.50%引き下げた(2.50%→2.00%)。そして、ECB(欧州中銀)も0.50%の利下げを実施した(3.75%→3.25%)。今回の利下げにより、英国とユーロ圏の政策金利水準が逆転した。それぞれの中銀による見通しも一様に暗く、BOEは「経済見通しは極めて悪化」、SNBは「2009年はマイナス成長となる可能性」。そして、ECBはトリシェ総裁が「追加利下げの可能性は排除しない」との見方を示した。

 07日 前日の取引終了後に決算発表をおこなったトヨタが09年3月の業績予想を大幅に下方修正しており、金融危機の影響が実体経済に波及している事が嫌気され、日経平均株価は朝方前日比600円超下落する場面があったが、NYダウ先物がプラスに転じた事を受け下げ幅を縮小しているが、為替への影響は今のところ限定的。
 米10月失業率は6.5%(予想 6.3%)、10月非農業部門雇用者数変化は-24.0万人(予想 -20.0万人)と、共に事前の雇用関連指数が示した通りの悪化となった。特に非農業部門雇用者数は前月(-15.9万人→-28.4万人)、前々月(-7.3万人→-12.7万人)共に下方修正され、その修正合計は17.9万人にも及んでいる。今回の雇用統計は決して良くないが、既に織り込まれている「米経済の悪さ」を更に加速させる程には至っていない。
 米ゼネラル・モーターズ(GM)とフォード・モーターは7日、7―9月期決算を発表した。GMは最終損益が25億4200万ドル(約2460億円)の赤字となり、5四半期連続の最終赤字となった。フォードも1億2900万ドル(約125億円)の最終赤字で、人員削減など追加リストラ策を発表した。米金融危機の影響で世界の自動車需要が冷え込む中、手元資金の流出が加速し、経営状況は一段と厳しくなっている。
 GMの7―9月期の売上高は前年同期比13%減の379億4100万ドル。最終赤字幅は前年同期の389億ドル、前4―6月期の約150億ドルより縮小した。9月末の債務超過額は599億ドルで、6月末の570億ドルよりさらに拡大した。6月末に210億ドルあった手元資金は9月末に約160億ドルに減少した。また、米クライスラーの合併協議が中断に追い込まれた。米金融危機が起きた9月以降、合併構想を起死回生策と位置付けてきたが、金融機関や特定企業への支援を嫌うブッシュ政権の支持を固めきれなかった。ただ、GMは来年前半にも「資金不足に陥る」恐れを表明するなど政府支援の必要性を強く訴えている。
 そして、GMAC(米GM系金融会社)傘下のRESCAP(住宅ローン会社)が破綻の危機にあると報じられた。

  【予想の結果】
            安値      高値       今週の動き
 ドル/円   :  94.00   97.00   96.78-100.53
 ユーロ/円 : 120.00  130.00  122.51-130.93
 ポンド/円  : 147.00  160.00  150.45-163.19
 ユーロ/ドル: 1.2400  1.3000  1.2530-1.3114 

 【来週の為替予想】
 今週末に米 GM、フォードなどのビッグ3の決算発表が有りました。特にGMの決算内容が非常に悪く、来年前半にも「資金不足に陥る」恐れを表明するなど、米 経済を引っ張ってきた自動車業界だけに今後の動きには目が離せないところです。金融・証券業界と同様に裾野が広い業界なので最悪の場合、ふたたび金融不安が襲う可能性もあります。また、今月11月はヘッジファンドの決算期となっています。9月からの金融不安により、瀕死状態のところも多数あると推測されていますので、注意が必要です。

 注目される経済指標は13日 独 GDP-3Qです。予想では-0.1%と前回の-0.5%より改善となっています。いろいろな情報機関の予想でユーロ圏は「2009年、マイナス成長となる可能性」となっており、それを見越してか欧州各国は今週、利下げを行っています。これらの内容から、予想通りのマイナスの結果となるでしょう。予想以上に悪ければ、欧州通貨が更に売られる可能性があります。

 次に注目される経済指標は14日 米 小売売上高です。予想では-1.4%と前回の-1.2%より悪化となっています。夏頃までに減税効果がありましたが、その後の金融不安で個人消費が急激に減速しているため、予想通りの前回より悪化となるでしょう。但し、結果が悪くても市場は織り込み済みのため、今週末の雇用統計のようにあまり反応しないでしょう。

  主な経済指標
 10日: 日 機械受注、豪 RBA(豪準備銀)四半期金融政策報告
 11日: 独/ユーロ圏 ZEW景況感調査
 12日: 英 BOE(英中銀)四半期インフレ報告  
 13日: 独 GDP-3Q、米 貿易収支  
 14日: ユーロ圏 GDP-3Q、米 小売売上高/ミシガン大学消費者信頼感指数

  予想レンジは下記の通り。
           安値      高値     投資スタンス
ドル/円   :  93.00   98.00     売り
ユーロ/円 : 120.00  128.00      売り
ポンド/円  : 145.00  160.00     売り
ユーロ/ドル: 1.2200  1.2800      売り
 
【来週の戦略】
ドル/円、ユーロ/円、ユーロ/ドル、ポンド/円は売りで対応。

投票に協力をお願いします。下のバナーをクリック。
人気ブログランキング

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://garison0218.blog23.fc2.com/tb.php/315-bd0f7619

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。