プロフィール

garison0218

Author:garison0218
低金利時代の日本においては貯金をしていてもお金は増えません。今、貯金しているお金をもっと活躍出来るようにどの金融商品にどのように投資をしたらよいかを簡単にわかりやすく説明していきます。
SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート

ブログランキング

投票にご協力をお願いします。

人気ブログランキング  FC2ブログランキング  ☆$外為カリスマRANKKING$☆  FX(為替)ブログランキング  投資ブログランキング  FX〔外為・為替〕ブログランキング  FX投資ランキング  ベストブログランキング  株☆ブログランキング  デイトレ★ワールドカッブ

株式取引、国債の広告

【資料請求・口座開設申込】

為替レート

本・CD・DVDの広告

【本・CD・DVDを検索!】

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来週の為替予想(1/5~9)

 【今週の動き】
 今週は休みが多かった為、静かな週となりました。

 29日 ユーロ、スイスフランがじりじりと上昇。年末相場の薄商いの中、イスラエル軍によるパレスチナ自治区・ガザへの空爆を受け、リスク回避通貨としてのスイスフラン買いが意識されている模様。今回の爆撃は1967年以来最大規模のものとなる。また、金、原油価格もリスク回避姿勢から底堅く推移。
 米株式市場は終始軟調に推移。WSJが「米リーマン・ブラザーズが早急な破産法適用を申請した事で最大750億ドルの債権が回収不能となる可能性ある」と報じた事が嫌気された。

 30日 10月S&P/ケースシラー住宅価格は-18.0%と統計開始以来の落ち込み幅を、そして、12月消費者信頼感指数も38.0と統計開始以来の最低を記録。雇用統計への指針となる消費者信頼感指数内の「雇用は十分」との構成項目は6.2(前回 8.7)へと悪化し、ここ16年で最低を記録。失業率との相関が高いとも言われる「職を得るのが困難」も42.0(前回 37.1)へと悪化し、労働市場の不振を改めて示した。また、12月シカゴ購買部協会景気指数は34.1と事前予想こそ上回ったものの、3ヶ月連続で「50」台を下回る振るわぬ結果となった。ただ米株式市場は小幅ながらプラスでの推移。

 31日 米株式市場は堅調に推移、ドルは買戻し優勢となった。新規失業保険申請件数が49.2万件と事前予想(57.5万件)を割り込む好結果となった事や、米GMAC(GM系金融会社)が380億ドルの債務再編を完了したとの報道が好感された。

 01日 NEW YEARS DAY 全市場休場。

 02日 英PMI製造業は予想(33.6)を上回る結果となった(34.9)。また、HBOS住宅価格-12月は前月比-2.2%と事前予想の-1.6%を下回り、住宅価格の下落がいまだ続いていることが浮き彫りとなった。
 米12月ISM製造業景況指数は32.4と事前予想(35.5)を割り込み、1980年6月以来の落ち込みを記録。製造業の不振がいまだ深刻な状況にある事を示した。同指数の好悪分岐点は「50」であり、これでその分岐点を5ヶ月連続で下回った事になる。また構成項目である「雇用指数」も29.9(前回 34.2)へと落ち込み、来週9日(金)に予定されている米雇用統計への懸念も台頭させた。

  【予想の結果】
            安値      高値       今週の動き
 ドル/円   :  87.00   94.00   90.72- 92.40
 ユーロ/円 : 117.00  128.00  126.08-128.00
 ポンド/円  : 130.00  140.00  131.45-133.97
 ユーロ/ドル: 1.3700  1.4300  1.3842-1.4023 

 【来週の為替予想】
 来週は実質的に全市場が新年入りとなりますので、動きが活発となるでしょう。

 注目される経済指標は8日 英 BOE(英中銀)政策金利発表です。予想は0.5%の利下げとなっています。最近の英 経済指標はすべて悪い結果となっているため、予想通りの結果となるでしょう。すでに市場には織り込み済みで反応は限定的となるでしょう。

 次に注目される経済指標は9日 米 雇用統計です。非農業部門雇用者数は予想では47.5万人減と前回の53.3万人減より改善、失業率は7.0%と前回の6.7%より悪化となっています。今週発表の米12月消費者信頼感指数の中の失業率との相関性が高いと言われる「職を得るのが困難」との指数も42.0(前回 37.1)へと悪化。また、12月NY連銀製造業景気指数の構成項目である「雇用指数」が-23.40(前回 -28.92)と引き続き悪いことや、12月リッチモンド連銀製造業指数の「雇用指数」も-40(前回:-32)と前回からさらに悪化となった事から、予想通りの結果となるでしょう。ただ、既に悪いことが市場に織り込み済みで反応は限定的となるでしょう。

  主な経済指標
 05日: 米 建設支出
 06日: ユーロ圏 消費者物価指数、米 ISM非製造業景況指数/FOMC(連邦公開市場委員会)議事録
 07日: ユーロ圏 生産者物価指数、米 ADP雇用統計
 08日: 英 BOE(英中銀)政策金利
 09日: 日 景気先行CI指数、米 雇用統計

  予想レンジは下記の通り。
           安値      高値     投資スタンス
ドル/円   :  87.00   94.00      売り
ユーロ/円 : 123.00  128.00      売り
ポンド/円  : 130.00  140.00      売り
ユーロ/ドル: 1.3700  1.4300      売り 
【来週の戦略】
ドル/円、ユーロ/円、ユーロ/ドル、ポンド/円は売りで対応。

投票に協力をお願いします。下のバナーをクリック。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://garison0218.blog23.fc2.com/tb.php/324-929d6e04

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。