プロフィール

garison0218

Author:garison0218
低金利時代の日本においては貯金をしていてもお金は増えません。今、貯金しているお金をもっと活躍出来るようにどの金融商品にどのように投資をしたらよいかを簡単にわかりやすく説明していきます。
SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート

ブログランキング

投票にご協力をお願いします。

人気ブログランキング  FC2ブログランキング  ☆$外為カリスマRANKKING$☆  FX(為替)ブログランキング  投資ブログランキング  FX〔外為・為替〕ブログランキング  FX投資ランキング  ベストブログランキング  株☆ブログランキング  デイトレ★ワールドカッブ

株式取引、国債の広告

【資料請求・口座開設申込】

為替レート

本・CD・DVDの広告

【本・CD・DVDを検索!】

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来週の為替予想(2/23~27)

 【今週の動き】
 今週はG7での中川氏のへろへろ会見やGDPの大幅悪化などにより、日本円が売られた週となりました。

 16日 日本の第4四半期GDP(速報値/前期比年率)は-12.7%とおよそ34年ぶりの減少率を記録。日本の景気減速が米欧のそれに匹敵するとの懸念が先行した。
 ユーロは英タイムズ紙による「アイルランドが債務不履行の可能性」との報が、ポンドは格付け機関ムーディーズが英銀2行(ロイズTSB、バンク・オブ・スコットランド)を格下げした事で、欧州通貨の上値重く推移。

 17日 独ZEW景況感調査-2月は(予想:-25.0、結果:-5.8)予想を上回った事に加え、前回の-31.0からも大幅な改善を示す結果となった。現況指数が-86.2と前回(-77.1)からさらに悪化しているにも関わらず、今後、政府による景気対策やECB(欧州中銀)による利下げの効果が期待されている模様。しかし、2008年のユーロ圏貿易収支が過去10年で最大の赤字を記録した事に加え、格付け機関ムーディーズが「欧州新興国市場の危機は、銀行格付けに下方圧力をかけている」とし、欧州系銀行の格下げを示唆した事がユーロの重石となった。
 2月NY連銀製造業景気指数は-34.65と事前予想(-24.00)を大きく割り込み、過去最低を記録した。また同指数の好悪分岐点は「ゼロ」であり、今回でそのゼロを10ヶ月連続で割り込んだ事になる。雇用統計への指針となる構成項目の「雇用指数」も-39.08(前回 -26.14)へと急減した。ただ、同じく構成項目の「6ヶ月先景況感指数」は-6.56と分岐点の「ゼロ」に近く、それほど悪くはない。

 18日 BOE(英中銀)議事録では「2月の英中銀金融政策委員会、全員一致で政府に英国債買い入れによる量的緩和の承認求める」と具体的に量的緩和を行う可能性が示された。BOE議事録発表の後には、キングBOE総裁が量的緩和承認求めダーリング財務相と会合を持ったとの報もあり、次回の政策決定会合でさらなる金融緩和を決定する可能性が高まり、ポンドが軟調に推移。
 米1月住宅着工件数は46.6万件と過去最低を記録し、住宅市場不振の根強さを示した。ただ、米財務省がオバマ政権の住宅保有者支援計画として「300-400万人の切迫した住宅保有者に750億ドルを提供」等と発表した事から、米株式先物は堅調に推移。これを受けてドル円、クロス円が上昇している。

 19日 2月フィラデルフィア連銀指数は-41.3とここ18年で最悪。また、構成項目も軒並み悪化。特に雇用統計への指針となる「雇用指数」は前回1975年以来最悪だった-39.0から更に悪化し、-45.8と過去最悪を記録した。
 ユーロが特に対ドルで値を上げた。独のメルケル首相が「ユーロ圏の一部の国に問題がある場合の支援法、憶測しない」としながらも「IMF(国際通貨基金)への支援必要な場合、ドイツは協力する」とのコメントを発表した事で、俄かに高まっていた東欧金融危機への懸念が幾分和らいだ。

 20日 オーストリア中銀のノボトニー総裁が「「ゼロ金利は望んでいないし、必要でもない」とし、ゼロ金利への期待を一蹴した事がユーロ買いに繋がった。またユンカー・ユーログループ議長が「如何なるユーロ圏諸国にも深刻な資金調達危機は見られない」とコメントした事で、東欧金融市場に対する懸念が緩和。
 ドルは一部の米銀に対する国有化懸念が台頭。噂の的となったシティ、バンク・オブ・アメリカは否定したが、ドッド米上院銀行委員長が「銀行国有化の可能性あるが、オバマ政権は国有化回避に努めている」とし、”可能性”の存在を認めた事で、懸念に現実味が加わってしまった。米株式市場はこの国有化を懸念し軒並み下落。ダウは一時200ドルを超える下げを見せた。

【予想の結果】
            安値      高値       今週の動き
 ドル/円   :  88.00   92.00   91.45- 94.45
 ユーロ/円 : 113.00  120.00  115.68-120.30
 ポンド/円  : 125.00  138.00  129.69-136.33
 ユーロ/ドル: 1.2600  1.3200  1.2516-1.2881

 【来週の為替予想】
 今週末に米政府が金融安定化の一環として、一部の大手銀行の国有化に踏み切るのではないかとの見方が浮上。国有化に伴う銀行株の株主価値低下への懸念が強まり、リーマンショック以降の最安値を更新しました。また、欧州各国の株価も最安値を更新しており、来週は各国株式市場に注目が必要です。

 注目される経済指標は24日 独 IFO景気動向です。予想では83.2と前回の83.0よりやや改善となっています。今週発表の独ZEW景況感調査-2月は予想の-25.0に対し、-5.8と予想を大幅に上回った事に加え、前回の-31.0からも大幅な改善を示す結果となった事から、予想より良いの結果となるでしょう。ただ、東欧諸国の金融危機への懸念が残っているため、結果が良くてもユーロが買われないかもしれません。

 次に注目される経済指標は27日 米 シカゴ購買部協会景気指数です。予想では34.0と前回の33.3よりやや改善となっています。最近の経済指標を見ると最悪期は脱した模様なので、予想通り改善となるでしょう。

  主な経済指標
 23日: 米 ダラス連銀製造業活動指数
 24日: 独 IFO景気動向、米 消費者信頼感指数/リッチモンド連銀製造業指数
 25日: 米 中古住宅販売件数
 26日: 独 GFK消費者信頼感調査、米 新築住宅販売件数
 27日: 日 雇用統計/消費者物価指数、米 シカゴ購買部協会景気指数

  予想レンジは下記の通り。
           安値      高値     投資スタンス
ドル/円   :  90.00   94.00       売り
ユーロ/円 : 114.00  120.00      売り
ポンド/円  : 125.00  138.00       売り
ユーロ/ドル: 1.2600  1.3000      売り
【来週の戦略】
ドル/円、ユーロ/円、ユーロ/ドル、ポンド/円は売りで対応。


投票に協力をお願いします。下のバナーをクリック。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

コメント

初めましてshetと申します

初めて間もないブログですが、もしよろしければ
相互リンクをお願いできませんでしょうか?

こちらからは既にリンク済みですので、
お忙しいと思いますが、ご検討よろしくお願いいたします。

ShetのFX投資日記~目指せ1億円へ挑戦!!
http://ameblo.jp/shet/

Re: タイトルなし

shet様 こんにちは。

 相互リンクの件ですが、OKです。既に追加しました。
 大した内容ではありませんが、今後ともよろしくお願い致します。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://garison0218.blog23.fc2.com/tb.php/331-64bf8bbd

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。