プロフィール

garison0218

Author:garison0218
低金利時代の日本においては貯金をしていてもお金は増えません。今、貯金しているお金をもっと活躍出来るようにどの金融商品にどのように投資をしたらよいかを簡単にわかりやすく説明していきます。
SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート

ブログランキング

投票にご協力をお願いします。

人気ブログランキング  FC2ブログランキング  ☆$外為カリスマRANKKING$☆  FX(為替)ブログランキング  投資ブログランキング  FX〔外為・為替〕ブログランキング  FX投資ランキング  ベストブログランキング  株☆ブログランキング  デイトレ★ワールドカッブ

株式取引、国債の広告

【資料請求・口座開設申込】

為替レート

本・CD・DVDの広告

【本・CD・DVDを検索!】

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来週の為替予想(5/25~29)

 【今週の動き】
 今週は米の格下げ懸念により、ユーロ・ポンドが買われる週となりました。

 18日 欧州時間に杉本財務次官が「為替相場の過度の変動は経済に影響あり好ましくない」「(為替)市場の動向を注視する」とコメント。日本政府による事実上の口先介入と捉えられた。
 米5月NAHB住宅市場指数は16となり、この数値は8ヶ月ぶりの高水準。構成項目の「現在の一戸建て販売」は14(前回 12)、「一戸建て販売見通し」は27(前回 24)と共に改善。

 19日 英FT(フィナンシャル・タイムズ)紙が報じた「英銀行株管理機関が、一部国有化された銀行株式取得への関心を打診」との報道が欧州勢参入とともに意識された。これにより、ポンド買いが顕著に。ポンド/ドルはストップを巻き込み急伸。一時、1.5472ドルまで上昇し、昨年12月以来の高値をつけた。
 ドルは対円以外で下落。この日発表された米 4月住宅着工件数、4月建設許可件数が共に過去最低を記録した事が嫌気された。

 20日 円買いが優勢。アジア時間午前に日本の実質GDP-1Q(速報値)が発表され、事前予想を上回る結果となったことが好感された。前日に、与謝野財務相が「(1-3月期GDPは)過去の話で大げさに騒ぐ必要ない」とのコメントから、日本のGDPは予想よりも悪くなるのでは?という思惑もあったが、市場見通しほど数値は悪くなかったこともありポジティブに受け取られた。
 ユーロ/ドルが上昇。ドスサントス・ポルトガル財務相が「EU(欧州連合)の財務相はここ数カ月のユーロ高に対して懸念していないと考える」と述べたことがユーロを押し上げる要因に。
 FOMC議事録はサプライズこそなかったものの、「一部のメンバー、追加資産購入の必要性に言及」とされた事で、信用緩和が拡大されるのでは?との見方が広がった。また、2009年の失業率見通しがそれまでの8.5%-8.8%→9.2%-9.6%へと上方修正された事や、GDP見通しも-1.3%-0.5%→-2.0%--1.3%へと下方修正された事でドルが下落した。

 21日 5月フィラデルフィア連銀指数は-22.6と前回(-24.4)から小幅に改善したものの、事前予想(-18.0)には届かずとなった。ただ、雇用統計への指針となる構成項目の「雇用指数」は-26.8(前回 -44.9)へと大幅に改善した。一方、4月景気先行指標総合指数は1.0%と事前予想(0.8%)を上回り、2005年11月以来の上昇幅を記録。

 22日 ユーロが上昇。ユーロ/ドルは今年1月以来となる1.40台乗せに成功した。ウェーバー独連銀総裁が「現在のECB政策金利水準は適切」とし、追加利下げの必要性を否定。加えて、アジア時間に格付け機関ムーディーズが「米国のAAA格付けに長期的な圧力があることは明白」との見方を示した事がユーロ買い/ドル売りの複合要因となった。

 【予想の結果】
            安値      高値       今週の動き
 ドル/円   :  93.00   97.00   93.84- 96.69
 ユーロ/円 : 125.00  130.00  127.00-132.96
 ポンド/円  : 141.00  147.00  143.09-151.01
 ユーロ/ドル: 1.3300  1.3600  1.3425-1.4049

 【来週の為替予想】
 今週はユーロ・ポンドが買われる展開となり、当面の節目とされていたユーロ/ドルでの1.40、ポンド/ドルでの1.55をあっさり超えたことにより、今後もこの上昇が続くか注目が必要です。

 注目される経済指標は25日 独 IFO景気動向です。予想では85.0と前回の83.7と比べて改善となっています。今週の独 5月ZEW景況感調査が予想以上に良かったことから、予想より良い結果となるでしょう。予想通りとなれば、ユーロが一気に買われるでしょう。

 次に注目される経済指標は28日 米 新築住宅販売件数です。予想では36.3万件と前回の35.6万件より改善となっています。今週発表の5月NAHB住宅市場指数は8ヶ月ぶりの高水準となったことから、予想通りの結果となるでしょう。ただ、結果が良くても市場の反応は少ないでしょう。

  主な経済指標
 25日: 独 IFO景気動向
 26日: 独 GFK消費者信頼感調査、米 消費者信頼感指数/リッチモンド連銀製造業指数/S&P/ケースシラー住宅価格
 27日: 独 消費者物価指数、米 中古住宅販売件数
 28日: 米 新築住宅販売件数
 29日: ユーロ圏 消費者物価指数速報、米 シカゴ購買部協会景気指数

  予想レンジは下記の通り。
           安値      高値     投資スタンス
ドル/円   :  93.00   97.00     戻り売り
ユーロ/円 : 128.50  134.00    押し目買い
ポンド/円  : 147.00  153.00     押し目買い
ユーロ/ドル: 1.3700  1.4200    押し目買い
 【来週の戦略】
ドル/円は戻り売り、ポンド/円、ユーロ/円、ユーロ/ドルは押し目買いで対応。

投票に協力をお願いします。下のバナーをクリック。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

コメント

相互リンクのお願い

はじめまして。
私は『Kaboo-株投資に関する総合情報サイト』を運営しておりますkabutaroと申します。
いつも楽しく貴サイトを拝見させていただいております。
この度は相互リンクをお願いしたくお邪魔させていただきました。
まだまだ未熟なサイトですが、是非ともよろしくお願いいたします。

以下サイト情報になります-------------
■サイト名 Kaboo-株投資に関する総合情報サイト
■リンク先: http://kaboo.o-oku.jp/link.html

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://garison0218.blog23.fc2.com/tb.php/344-43955566

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。