プロフィール

garison0218

Author:garison0218
低金利時代の日本においては貯金をしていてもお金は増えません。今、貯金しているお金をもっと活躍出来るようにどの金融商品にどのように投資をしたらよいかを簡単にわかりやすく説明していきます。
SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート

ブログランキング

投票にご協力をお願いします。

人気ブログランキング  FC2ブログランキング  ☆$外為カリスマRANKKING$☆  FX(為替)ブログランキング  投資ブログランキング  FX〔外為・為替〕ブログランキング  FX投資ランキング  ベストブログランキング  株☆ブログランキング  デイトレ★ワールドカッブ

株式取引、国債の広告

【資料請求・口座開設申込】

為替レート

本・CD・DVDの広告

【本・CD・DVDを検索!】

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来週の為替予想(6/8~12)

 【今週の動き】
 今週は米のGMが連邦破産法(チャプター11)の申請し、米経済の回復期待からドルが買われる週となりました。

 01日 米 ISM製造業景況指数は42.8と市場予想42.0を上回る結果となった。新規受注(今回:51.1、前回:47.2)生産(今回:46.0、前回:40.4)の上昇が指数を押し上げた。雇用は前月に比べ微減(今回:34.3、前回:34.4)となった。

 02日 豪ドルは堅調、RBA(豪準備銀)は政策金利を3.00%で据え置く事を決定した。声明では「低インフレを背景に、必要であれば緩和の余地がある」と緩和の可能性は示唆したものの「これまでの緩和の効果は、まだ実感されていない」との認識を示し、積極的な利下げに慎重な見方を示したことが後押しした。
 米 中古住宅販売保留は市場予想(0.3%)を上回る強い結果(6.7%)となった。伸び率としては01年10月以来の高水準、内訳は北東部は32.6%、中西部は9.8%、南部は-0.2%、西部が1.8%となった。中古住宅販売保留は2ヶ月以内に8割が中古住宅販売件数になるといわれている。

 03日 NY時間午前に「ラトビアが債券の売却に失敗」と報じられた。ラトビア財務省が短期証券(4種類)の入札を行ったが、応札が無かったとのこと。通貨(ラッツ)をめぐる懸念(通貨切り下げの噂、自国通貨買いによる外貨準備の減少など)が嫌気されて、ユーロが下落。
 米 ISM非製造業景況指数は44.0となった。これは08年10月以来の高水準。雇用指数は前月の37.0から39.0に改善した。

 04日 トリシェECB(欧州中銀)総裁が政策決定会合後の記者会見で「米当局が強いドルが利益にかなうと言うことが非常に重要」「強いドルが米国の利益にかなうとの考えを大いに評価する」とのコメントも意識され、ドルは底堅く推移。
 ポンドは軟調、BOE(英中銀)政策金利は予想通りだったこともあり、為替への限定された。しかし、欧州時間に選挙での大敗が確実になり、ブラウン英首相の辞任の噂(後に英政府が否定)が流れたことから、政治的リスクが意識されたことがポンドの重しとなった。

 05日 米雇用統計で非農業部門雇用者数変化が市場予想(-52.0万人)よりも強い結果(-34.5万人)となったことから、ドル買いが優勢となった。内訳を見ると前月とは異なり、民間部門(5月:-33.8万人、4月:-59.6万人)の改善が数値を押し上げており、米労働市場の改善も期待される。ただ、失業率は9.4%と83年8月以来の高水準になっている。

 【予想の結果】
            安値      高値       今週の動き
 ドル/円   :  93.00   97.00   96.56- 98.87
 ユーロ/円 : 131.00  137.00  136.28-139.21
 ポンド/円  : 151.00  157.00  154.95-158.48
 ユーロ/ドル: 1.3900  1.4300  1.3935-1.4265

 【来週の為替予想】
 今週は米雇用統計で非農業部門雇用者数変化が市場予想よりも強い結果となったことから、ドル買いが優勢となりましたが、クライスラー・GMの破綻で工場閉鎖やリストラが加速して進みそうですから、今後はまた雇用環境が悪化するものと思われます。

 注目される経済指標は11日 NZ RBNZ(NZ準備銀)政策金利発表です。予想では据え置きとなっています。小売売上高指数や住宅建設許可件数が比較的良いため、予想通りの結果となるでしょう。また、政策金利発表後の声明文や記者会見での発言には注意が必要です。

 次に注目される経済指標は12日 米 ミシガン大学消費者信頼感指数です。予想では69.2と前回の68.7よりやや改善となっています。最近の米 経済指標も大幅に改善していることや雇用統計が大幅に良かったことから、予想より良いの結果となるでしょう。良い結果となれば、ドルが買われる展開となるでしょう。

  主な経済指標
 08日: 日 国際収支
 09日: 日 工作機械受注、独 鉱工業生産
 10日: 英 鉱工業生産、米 貿易収支/地区連銀経済報告(ベージュ・ブック)
 11日: NZ RBNZ(NZ準備銀)政策金利、豪 雇用統計、米 小売売上高
 12日: NZ 小売売上高、米 ミシガン大学消費者信頼感指数
  予想レンジは下記の通り。
           安値      高値     投資スタンス
ドル/円   :  95.00   99.00     押し目買い
ユーロ/円 : 137.00  141.00     押し目買い
ポンド/円  : 157.00  162.00     押し目買い
ユーロ/ドル: 1.3700  1.4150      戻り売り
 【来週の戦略】
ドル/円、ポンド/円、ユーロ/円は押し目買い、ユーロ/ドルは戻り売りで対応。


投票に協力をお願いします。下のバナーをクリック。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://garison0218.blog23.fc2.com/tb.php/346-923b6b14

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。