プロフィール

garison0218

Author:garison0218
低金利時代の日本においては貯金をしていてもお金は増えません。今、貯金しているお金をもっと活躍出来るようにどの金融商品にどのように投資をしたらよいかを簡単にわかりやすく説明していきます。
SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート

ブログランキング

投票にご協力をお願いします。

人気ブログランキング  FC2ブログランキング  ☆$外為カリスマRANKKING$☆  FX(為替)ブログランキング  投資ブログランキング  FX〔外為・為替〕ブログランキング  FX投資ランキング  ベストブログランキング  株☆ブログランキング  デイトレ★ワールドカッブ

株式取引、国債の広告

【資料請求・口座開設申込】

為替レート

本・CD・DVDの広告

【本・CD・DVDを検索!】

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来週の為替予想(6/15~19)

 【今週の動き】
 今週は欧州通貨(ユーロ・ポンド)買いが中心でしたが、米経済の回復期待からドルも底堅い動きとなりました。

 08日 格付け機関S&Pがアイルランドの格付けを「AA+」→「AA」へと引下げ、見通しを「ネガティブ」に位置付け。また「ドイツの大手銀が国有化されるのでは?」といった噂がユーロへの重石となった。
 ロックハート・アトランタ連銀総裁による「FRBは金融政策引き締めを待ちすぎていてはいけない」との強気なコメントを受け、主要先進国で米国が最も早く金利引上げに転じるのでは?との観測が台頭。これらがドルへの支援材料となった。

 09日 ポンドはこの日発表された英経済指標(5月RICS住宅価格、4月DCLG住宅価格)が事前予想を上回る好結果となった事で早期のリセッション(景気後退)終了期待が先行。また、ティムズ英貿易産業相が「英国経済が機能し始めているという、明確な兆候見える」と明るい見通しを示した事も下支えとなった。

 10日 ユーロが下落。ユーロ/ドルはウェーバー独連銀総裁による「ECBは予防的な利上げも可能」とのコメントを受け一時1.4150手前まで上昇するも、その後反落。アルムニア欧州委員が「EUとIMFはラトビアのユーロ・ペッグ制維持を目指す」とコメントした事で、ユーロ/ラト(ラトビア通貨)が急落した。ラトビアは深刻な経済危機に陥っており、通貨切り下げを実施するのでは、との観測が広がっていた。

 11日 ドルが全面的に下落。ロックハート・アトランタ連銀総裁が「準備通貨としてのドルの役割、時間と共に相対的に後退する可能性ある」とコメントし、ドルの下落に拍車をかけた。また、5月小売売上高は3ヶ月ぶりにプラスとなったものの、構成項目は見た目ほど良くなく、継続的なドル買いには繋がらなかった。

 12日 ドルが全面的に上昇。昨日の同時間帯とは真逆の展開となった。与謝野財務相による「日本の、米国債に対する信頼は全く揺らいでいない」「基軸通貨としてのドルの地位に揺らぎない」とのコメントが後押しとなった。
 ポンドも堅調に推移。BOE(英中銀)チーフエコノミストのデール氏が「出口戦略の方法は、”利上げ”か”資産の売却”、もしくは”その双方”の可能性も」との考えを示した事が意識された。

 【予想の結果】
            安値      高値       今週の動き
 ドル/円   :  95.00   99.00   97.11- 98.84
 ユーロ/円 : 137.00  141.00  135.73-138.31
 ポンド/円  : 157.00  162.00  155.61-162.55
 ユーロ/ドル: 1.3700  1.4150  1.3807-1.4177

 【来週の為替予想】
 来週は米の景気に関する指標が多く発表されることから、ドルの動きが注目されます。

 注目される経済指標は15日 米 NY連銀製造業景気指数です。予想では-5.75と前回の-4.55より悪化となっています。クライスラー・GMの破綻で工場閉鎖やリストラが加速して進みそうですから、予想通りの結果となるでしょう。結果が悪ければ、ドルが売られるでしょう。

 次に注目される経済指標は16日 英 消費者物価指数です。予想では0.3%と前回の0.2%よりやや改善となっています。今週の英 住宅価格や他の経済指標も改善していることから、予想通りの結果となるでしょう。良い結果となれば、ポンドが買われる展開となるでしょう。

  主な経済指標
 15日: 米 NY連銀製造業景気指数/ネット長期TICフロー
 16日: 日 日銀政策金利、独 ZEW景況感調査、英 消費者物価指数
 17日: 英 BOE(英中銀)議事録、米 消費者物価指数
 18日: 英 小売売上高、米 景気先行指標総合指数/フィラデルフィア連銀指数
 19日: 日 日銀政策会合議事録、独 生産者物価指数
  予想レンジは下記の通り。
           安値      高値     投資スタンス
ドル/円   :  96.00   99.00     押し目買い
ユーロ/円 : 135.00  140.00     戻り売り
ポンド/円  : 157.00  162.00     戻り売り
ユーロ/ドル: 1.3700  1.4100     戻り売り
 【来週の戦略】
ドル/円は押し目買い、ポンド/円、ユーロ/円、ユーロ/ドルは戻り売りで対応。

投票に協力をお願いします。下のバナーをクリック。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://garison0218.blog23.fc2.com/tb.php/347-ddae49c5

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。