プロフィール

garison0218

Author:garison0218
低金利時代の日本においては貯金をしていてもお金は増えません。今、貯金しているお金をもっと活躍出来るようにどの金融商品にどのように投資をしたらよいかを簡単にわかりやすく説明していきます。
SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート

ブログランキング

投票にご協力をお願いします。

人気ブログランキング  FC2ブログランキング  ☆$外為カリスマRANKKING$☆  FX(為替)ブログランキング  投資ブログランキング  FX〔外為・為替〕ブログランキング  FX投資ランキング  ベストブログランキング  株☆ブログランキング  デイトレ★ワールドカッブ

株式取引、国債の広告

【資料請求・口座開設申込】

為替レート

本・CD・DVDの広告

【本・CD・DVDを検索!】

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来週の為替予想(6/22~26)

 【今週の動き】
 今週はNY連銀製造業景気指数の悪化によるドル/円の急落から、クロス円も引きずられるように弱い動きとなりました。

 15日 ユーロが続落。既報のテレグラフ紙による「独のクレジットクランチが深刻化している」との報、ラトビアに対する破綻懸念、そしてG8後にクドリン・ロシア財務相が述べた「世界におけるドルの役割が近い将来著しく変化するとは思わない」とのコメントが複合的に機能している。
 米 NY連銀製造業景況指数-6月は-9.41と予想の-4.60を大幅に下回り、「3カ月ぶりにマイナス幅が拡大した。雇用指数は-21.84(前回:-23.86)と前回よりも改善。出荷、在庫がマイナス幅を拡大したことが指数を押し下げた。

 16日 英 消費者物価指数-5月は0.6%と予想の0.3%を大幅に上回り、ポンドが急騰。また、独 ZEW景況感調査-6月が44.8と予想の35.0を大幅に上回ったことや、ZEW(欧州経済センター)が「センチメントの回復は楽観論の高まりを示す」、「年末に回復の傾向が見られると予想」との見解を発表したことにより、ユーロが上昇した。

 17日 ドルが軟調、米 消費者物価指数-5月(前年比)が-1.3%と1950年4月以来の下落率を記録したことで、FRBが早期に金融緩和を解除するとの思惑が後退したことに加え、格付け機関S&Pが「アメリカの銀行(22行)を格下げし、見通しを修正」したことが重石となっている。

 18日 英 小売売上高指数-5月は-0.6%と予想の0.3%を大幅に下回り、今週上昇した分をはき出す形となった。ポンド/ドルは6月9日(火)以来の安値を付けた。
 米 フィラデルフィア連銀指数-6月は-2.2と予想の-17.0を大幅に上回った。新規受注と出荷が5月に比べ大幅に改善したことが指数を押し上げた。また、雇用指数も-21.8と前月(-26.8)に比べ改善している。6ヶ月先の見通しについても60.1と前月の47.5から改善しており、景気回復期待が意識される内容。

 19日 ドルは軟調に推移。格付け機関ムーディズが「カリフォルニア州のA2格付けについて格下げ方向で見直す」との見通しを示したことを手掛かりにドル売りが優勢となった。

 【予想の結果】
            安値      高値       今週の動き
 ドル/円   :  96.00   99.00   95.53- 98.55
 ユーロ/円 : 135.00  140.00  132.37-137.73
 ポンド/円  : 157.00  162.00  155.03-161.74
 ユーロ/ドル: 1.3700  1.4100  1.3750-1.4337

 【来週の為替予想】
 来週は今週大幅に下落したクロス円の動きが注目されます。

 注目される経済指標は22日 独 IFO景気動向です。予想では85.0と前回の84.2より改善となっています。今週発表の独 ZEW景況感調査-6月が44.8と予想の35.0を大幅に上回ったことや、ZEW(欧州経済センター)が今後の経済について、「年末に回復の傾向が見られる」との見解を発表したことなどから、予想通りの結果となるでしょう。結果が大幅に良ければ、ユーロが買われるでしょう。

 次に注目される経済指標は24日 米 FOMC(連邦公開市場委員会)政策金利です。予想では据え置きとなっています。最近の米 経済指標は良悪混在となっていることから、予想通りの結果となるでしょう。また、政策金利発表後の声明文や記者会見での発言には注意が必要です。

  主な経済指標
 22日: 独 IFO景気動向
 23日: 独 GFK消費者信頼感調査、米 中古住宅販売件数
 24日: 米 新築住宅販売件数/FOMC(連邦公開市場委員会)政策金利
 25日: ユーロ圏 鉱工業新規受注、米 新規失業保険申請件数
 26日: 日 全国消費者物価指数、米 PCEデフレータ/コア・デフレータ
  予想レンジは下記の通り。
           安値      高値     投資スタンス
ドル/円   :  95.00   98.00      戻り売り
ユーロ/円 : 134.00  138.00     押し目買い
ポンド/円  : 156.00  161.00     押し目買い
ユーロ/ドル: 1.3800  1.4100     押し目買い
 【来週の戦略】
ドル/円は戻り売り、ポンド/円、ユーロ/円、ユーロ/ドルは押し目買いで対応。

投票に協力をお願いします。下のバナーをクリック。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://garison0218.blog23.fc2.com/tb.php/348-c07a61eb

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。