プロフィール

garison0218

Author:garison0218
低金利時代の日本においては貯金をしていてもお金は増えません。今、貯金しているお金をもっと活躍出来るようにどの金融商品にどのように投資をしたらよいかを簡単にわかりやすく説明していきます。
SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート

ブログランキング

投票にご協力をお願いします。

人気ブログランキング  FC2ブログランキング  ☆$外為カリスマRANKKING$☆  FX(為替)ブログランキング  投資ブログランキング  FX〔外為・為替〕ブログランキング  FX投資ランキング  ベストブログランキング  株☆ブログランキング  デイトレ★ワールドカッブ

株式取引、国債の広告

【資料請求・口座開設申込】

為替レート

本・CD・DVDの広告

【本・CD・DVDを検索!】

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来週の為替予想(8/3~7)

 【今週の動き】
 今週も米 株式市場の上昇のから、リスク回避志向が後退し、ドルが買われる展開となりました。

 27日 円はNY時間午前に発表された米新築住宅販売件数-6月の事前予想を上回る強い結果となったことで、リスク選好度の高まりから売られる場面もあったが、売り一巡後は下げ幅を縮小した。

 28日 米 消費者信頼感指数-7月が市場予想(49.0)を下回る結果(46.6)となったことで、景気回復期待が後退。アジア時間に今年の最高を上回るのでは?との噂から好結果への期待感もあっただけに、リスク回避志向が一段と高まる結果となった。また、リッチモンド連銀製造業指数は14と5ヶ月連続で改善した。雇用指数は-5と前月(-6)に比べ改善している。出荷・新規受注の上昇が指数を押し上げた。

 29日 ドルは堅調に推移。米耐久財受注-6月が-2.5%と市場予想(-0.6%)を下回ったことで景気回復期待が後退。米株式市場が軟調に推移したこともあり、リスク回避志向の高まりがサポートした。
 地区連銀経済報告(ベージュ・ブック)では景気についての判断を、前回の「米経済は引続き軟調、もしくは悪化した」から「大半の地区で景気後退ペースは鈍化、あるいは低い水準で安定」へと、上方に修正している。ただ、労働市場については「労働市場に緩み、大半のセクターで雇用は減少か変わらず・純雇用は減少」との認識を示している。

 30日 米新規失業保険申請件数(結果:58.4万件、予想:57.0万件)を下回る結果となったものの、4週間移動平均が5週連続で低下し09年1月24日の週以来の低水準となったこと。受給総数も今年の4月11日の週の水準まで低下したことを受け、労働市場への改善期待が意識された。
 ユーロは軟調。IMF(国際通貨基金)が「ユーロはファンダメンタルに比べ、少々強い」「ユーロは0%から15%過大評価されている」との見解を示したことが意識された。

 31日 円買いが優勢に。発表された米 第2四半期GDP(速報値)が市場予想を上回る結果(予想:-1.5%、結果:-1.0%)となったものの、第1四半期GDPが下方修正(-5.5%→-6.4%)され08年第4四半期の-6.3%を下回ったこと。個人消費が-1.2%と市場予想の-0.5%を下回ったことが嫌気された。また、シカゴ購買部協会景気指数-7月の43.4は08年9月以来の水準まで改善した。構成項目の雇用指数は35.3となっている。この数値は今年に入ってから最も高い。ベージュ・ブックで、シカゴ連銀は労働市場の状況に関し「労働市場は落ち込んでいるが、そのペースは緩やかになっている」と報告しているが、その報告を裏付ける結果となった。

 【予想の結果】
            安値      高値       今週の動き
 ドル/円   :  92.00   95.00   94.04- 95.87
 ユーロ/円 : 130.00  136.00  132.82-135.49
 ポンド/円  : 153.00  159.00  153.92-158.55
 ユーロ/ドル: 1.4000  1.4300  1.4009-1.4303

 【来週の為替予想】
 来週は各国の金利政策発表が多く、値動きが荒くなることが想定されます。

 注目される経済指標は06日 英 BOE(英中銀)政策金利、ユーロ圏 ECB(欧州中銀)政策金利発表です。予想では共に据え置きとなっています。想定外の利下げはないと思いますが、政策金利発表後の声明文や記者会見での発言には注意が必要です。

 次に注目される経済指標は07日 米 雇用統計です。非農業部門雇用者数は予想では34.5万人減と前回の46.7万人減より改善、失業率は9.5%と前回の9.6%より悪化となっています。すでに発表の7月NY連銀製造業景気指数の「雇用指数」は-20.83と前月(-21.84)から改善。7月リッチモンド連銀製造業指数の「雇用指数」も-6から-5へと改善。また、7月シカゴ購買部協会景気指数の「雇用指数」は35.3と前月(28.9)に比べ改善していることから、予想通りの結果となるでしょう。予想より良い結果となれば、ドルが買われる展開となるでしょう。

  主な経済指標
 03日: 独 小売売上高指数、米 ISM製造業景況指数
 04日: 豪 RBA(豪準備銀)政策金利、米 個人所得/個人支出/PCEデフレータ
 05日: 米 ADP雇用統計/ISM非製造業景況指数
 06日: 豪 雇用統計、ユーロ圏 ECB(欧州中銀)政策金利、英 BOE(英中銀)政策金利
 07日: 豪 RBA(豪準備銀)四半期金融政策報告、米 雇用統計

  予想レンジは下記の通り。
           安値      高値     投資スタンス
ドル/円   :  92.00   95.00     戻り売り
ユーロ/円 : 130.00  136.00     押し目買い
ポンド/円  : 153.00  160.00     押し目買い
ユーロ/ドル: 1.4100  1.4400     押し目買い
 【来週の戦略】
ドル/円は戻り売り、ポンド/円、ユーロ/円、ユーロ/ドルは押し目買いで対応。


投票に協力をお願いします。下のバナーをクリック。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://garison0218.blog23.fc2.com/tb.php/354-d5261931

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。