プロフィール

garison0218

Author:garison0218
低金利時代の日本においては貯金をしていてもお金は増えません。今、貯金しているお金をもっと活躍出来るようにどの金融商品にどのように投資をしたらよいかを簡単にわかりやすく説明していきます。
SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート

ブログランキング

投票にご協力をお願いします。

人気ブログランキング  FC2ブログランキング  ☆$外為カリスマRANKKING$☆  FX(為替)ブログランキング  投資ブログランキング  FX〔外為・為替〕ブログランキング  FX投資ランキング  ベストブログランキング  株☆ブログランキング  デイトレ★ワールドカッブ

株式取引、国債の広告

【資料請求・口座開設申込】

為替レート

本・CD・DVDの広告

【本・CD・DVDを検索!】

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来週の為替予想(8/24~28)

 【今週の動き】
 今週は中国株の動きに影響され、、値動きの荒い展開となりました。

 17日 NY連銀製造業景気指数は12.08と前回(-0.55)から大きく改善し、16ヶ月ぶりに好悪分岐点の「0」を超えた。NAHB住宅市場指数も18と前回(17)から拡大し、2008年5月(19)に次ぐ好数値を記録したが、アジアから続く連鎖的な株価の下落から、ここ最近のセオリー的なリスク回避志向による円買いが優勢になった。

 18日 独ZEW景況感調査が56.1と事前予想(45.0)を大幅に上回り、ここ3年で最高を記録した。しかし、ZEW(欧州経済センター)による「(景況感調査にはまだ)浮かれる理由はない」との警鐘が重石となって、上昇していたユーロは下落した。
 ポンドも上昇。消費者物価指数(前年比)が1.8%と事前予想(1.5%)を上回った事や、ダーリング英財務相による「英経済は依然、2009年末までに成長再開の見通し」とのコメントが好感された。

 19日 ドル売り優勢。特に対ユーロでその流れが強く、ユーロ/ドルは1.41台前半から1.42台半ばへと急伸した。明確な材料はなく、米政府が追加経済対策をアナウンスするとの噂(ホワイトハウスが否定)や、中国株式市場の急落、NY原油先物の急伸などが複合的に機能した。また、軟調だった中国株だったが、新華社通信による「中国国務院、中小企業支援の追加策導入を決定」との報が明日の中国株持ち直し要因として期待された。
BOE(英中銀)議事録では「資産買い入れ規模の500億ポンド拡大を6対3で決定」「キング総裁・ベスリー委員・マイルズ委員は資産買い入れ規模の750億ポンド拡大を主張」等の内容が明らかになった。市場は全会一致での決定を予想していた事から、更なる拡大の主張はサプライズとなった。これにより、ポンドは下落。

 20日 新規失業保険申請件数は57.6万件と予想(55.0万件)より悪化。景気先行指標総合指数は0.6%とほぼ予想(0.7%)通り。フィラデルフィア連銀指数は4.2と予想(-2.0)を大幅に上回る好結果となった。特にフィラデルフィア連銀指数は2007年11月(7.3)以来の好数値であり、「0」を超えたのは2008年9月(1.9)以来となる。雇用統計への指針となる構成項目の「雇用指数」も-12.9と前回(-25.3)から大きく改善した。

 21日 米7月中古住宅販売件数は524万件と事前予想(500万件)を上回り、2007年8月(550万件)以来の好数値を記録。前月(489万件)からの増加率は7.2%と過去最大となった。更に、バーナンキFRB議長が「世界経済、米経済はリセッションから脱却しつつある」「金融崩壊への不安は明らかに薄れた」等とコメント。これらの好要因を背景に、欧州・米株式市場は軒並み上昇。ダウは前日比で3ケタ上昇となった。
 ユーロは買い優勢。仏・独・ユーロ圏のPMI製造業/サービス業-8月の好結果がユーロを押し上げた。

 【予想の結果】
            安値      高値       今週の動き
 ドル/円   :  94.00   96.50   93.44- 95.28
 ユーロ/円 : 133.00  137.00  132.21-135.46
 ポンド/円  : 154.00  159.00  153.52-157.42
 ユーロ/ドル: 1.3950  1.4300  1.4047-1.4372

 【来週の為替予想】
 今週の週末は中古住宅販売件数の好結果とバーナンキFRB議長の景気に関する楽観的な発言で一気に円やドルが売られましたが、上昇が急激だったため、反動は見越しておいた方がいいようです。最近は中国株の動きに影響されますので。

 注目される経済指標は26日 独 IFO景気動向です。予想は89.0と前回の87.3から改善となっています。今週発表のZEW景況感調査が強い内容だったので、予想通りの結果となるでしょう。結果が良ければ、更にユーロが買われるでしょう。

 次に注目される経済指標は26日 米 新築住宅販売件数です。予想では39.0万件と前回の38.4万件より改善となっています。今週発表の中古住宅販売件数が良かったことから、予想通りの結果となるでしょう。。予想より良い結果となれば、ドルが更に買われる展開となるでしょう。

  主な経済指標
 24日: 米 シカゴ連銀全米活動指数
 25日: 独 GDP-2Q(確報値)、米 S&P/ケースシラー住宅価格/消費者信頼感指数/リッチモンド連銀製造業指数
 26日: 独 IFO景気動向、米 新築住宅販売件数
 27日: 独 消費者物価指数/GFK消費者信頼感調査
 28日: 日 雇用統計/消費者物価指数、英 GDP-2Q(改定値)、米 PCEデフレータ/コア・デフレータ

  予想レンジは下記の通り。
           安値      高値     投資スタンス
ドル/円   :  93.00   95.50      戻り売り
ユーロ/円 : 132.00  136.50     押し目買い
ポンド/円  : 152.50  158.00     押し目買い
ユーロ/ドル: 1.4150  1.4400     押し目買い
 【来週の戦略】
ドル/円は戻り売り、ポンド/円、ユーロ/円、ユーロ/ドルは押し目買いで対応。

投票に協力をお願いします。下のバナーをクリック。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://garison0218.blog23.fc2.com/tb.php/357-95897549

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。