プロフィール

garison0218

Author:garison0218
低金利時代の日本においては貯金をしていてもお金は増えません。今、貯金しているお金をもっと活躍出来るようにどの金融商品にどのように投資をしたらよいかを簡単にわかりやすく説明していきます。
SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート

ブログランキング

投票にご協力をお願いします。

人気ブログランキング  FC2ブログランキング  ☆$外為カリスマRANKKING$☆  FX(為替)ブログランキング  投資ブログランキング  FX〔外為・為替〕ブログランキング  FX投資ランキング  ベストブログランキング  株☆ブログランキング  デイトレ★ワールドカッブ

株式取引、国債の広告

【資料請求・口座開設申込】

為替レート

本・CD・DVDの広告

【本・CD・DVDを検索!】

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来週の為替予想(9/28~10/2)

 【今週の動き】
 今週はドルがどの通貨に対しても全面安となり、ドル円は88円台まで円高となりました。

 21日 ドルは下落。米 景気先行指標総合指数-8月が事前予想(0.7%)を下回る結果(0.6%)となったものの、5カ月連続のプラスとなったことで景気回復期待が意識された。これを受けリスク回避志向が後退し、安全資産としてのドルへの重石となった。

 22日 米 リッチモンド連銀製造業指数-9月は3カ月連続で14となった。事前予想(16)こそ下回ったものの、雇用統計への指針となる「雇用指数」については“5”と今年に入りはじめてプラスに転じ、労働市場の改善が意識される結果となった。

 23日 FOMC(連邦公開市場委員会)では政策金利は予想通り据え置かれた。声明では、経済活動について「深刻な落ち込みを経て“回復”した」との見解を示し、景気後退が終了したことを示唆する内容となった。また、前回会合で10月末まで延長した長期国債の買取については、予定通りに10月末で終了することを明言。エージェンシー・MBS債については、当初年末までとしていた期限を“購入ペースを徐々に緩め、第1四半期末までに遂行”とし、買い取り規模については維持した。このことからFRBは景気後退局面から回復したことで、徐々に異例の政策から脱却を進めつつあることが読み取れる。
 ユーロは軟調に推移。NY時間に仏政府筋の話として「フランスは現在のユーロのレベルについて懸念している」と、ユーロ高をけん制する報が伝わったことが重石となった。

 24日 ドル買いが優勢に。中古住宅販売件数-8月は510万件と前月(524万件)に比べ減少した。販売戸数が前月に比べ伸びたのは西部地区のみだった。これにより、米住宅市場の回復への懸念が高まったことで、安全資産のドルへの資金フローが意識された。
 ポンドは軟調。英テレグラフ紙が23日に「英国はAAAの信用格付けを失う寸前にある」と報じた事により、英国の格付けへの懸念が引き続き重石となるなか、キングBOE(英中銀)総裁が「ポンド安は英経済がバランスを取り戻すのを助ける」との見解を示し、ポンド安を容認していると受け止められたことが意識された。

 25日 ポンドは底堅く推移。24日にキングBOE(英中銀)総裁が「ポンド安は、英経済がバランスを取り戻すのを助ける」とコメント。これを受け、ポンド安を容認しているのでは?との思惑が意識される中、ダーリング英財務相が「ポンド安を意図的に行う政策は無い」との見解を示し、同総裁の発言からのポンド安容認の思惑を否定したことが下支えした。
 ドルは米 耐久財受注-8月が事前予想(0.4%)を下回る-2.4%、続いて、米 新築住宅販売件数-8月が事前予想(44.0万件)を下回る結果(42.9万件)となったことで、ドル売りが優勢となる場面もあった。

 【予想の結果】
            安値      高値       今週の動き
 ドル/円   :  88.00   91.00   89.53- 92.52
 ユーロ/円 : 130.00  135.00  131.61-135.46
 ポンド/円  : 146.00  152.00  142.84-150.33
 ユーロ/ドル: 1.4550  1.4850  1.4613-1.4842

 【来週の為替予想】
 今週もドル安で推移しました。当初、シルバーウィークで日本勢がいない時を狙って90円割れを狙ってくることが予想されましたが、FOMC(連邦公開市場委員会)などの重要なイベントも残っていたことから、連休中の突破はなりませんでした。しかし、25日NY時間にとうとう陥落。89.90円付近に大きなストップがあるとの噂もありましたが、それを超えると89円台半ばまで下落しました。
 さて来週ですが、ドル円は節目の90円を割れ、下げが加速しそうです(ポンドも別要因で同様です)。 日本の輸出企業が90-95円程度で為替レートを想定していることから、株安は必至です。これにより、安全資産として円が買われると思われます。ドル円のオーダーを見ても、前日までにあった89.90円付近の巨大な買い注文を消化したため、そこから下には特に大きなオーダーはなく、真空状態となっていますので、急速な動きには注意が必要です。(*月曜早朝は値が飛ぶことも考えられます)。

 注目される経済指標は01日 日 日銀短観です。大企業製造業業況判断-3Qの予想は-33と前回の-48より改善となっています。既に発表のGDP-2Qが大幅に改善している事から、予想通りの結果となるでしょう。

 次に注目される経済指標は02日 米 雇用統計です。非農業部門雇用者数は予想では18.7万人減と前回の21.6万人減より改善、失業率は9.8%と前回の9.7%より悪化となっています。すでに発表の9月NY連銀製造業景気指数の「雇用指数」は-8.33と前回(-7.45)から悪化。フィラデルフィア連銀指数の「雇用指数」も-14.3と前回(-12.9)から悪化した。しかし、9月リッチモンド連銀製造業指数の「雇用指数」も0から5へと改善しており、良悪混在していることから、予想よりやや悪い結果となるでしょう。予想より悪い結果となれば、ドルが更に売られる展開となるでしょう。

  主な経済指標
 28日: 独 消費者物価指数、米 ダラス連銀製造業活動指数
 29日: 日 消費者物価指数、米 消費者信頼感指数/S&P/ケースシラー住宅価格
 30日: 豪 小売売上高、ユーロ圏 消費者物価指数、米 ADP雇用統計/シカゴ購買部協会景気指数
 01日: 日 日銀短観、米 ISM製造業景況指数
 02日: 日/米 雇用統計
  予想レンジは下記の通り。
           安値      高値     投資スタンス
ドル/円   :  87.00   91.00      売り
ユーロ/円 : 130.00  133.00     戻り売り
ポンド/円  : 140.00  145.00      売り
ユーロ/ドル: 1.4550  1.4750     押し目買い

 【来週の戦略】
ドル/円・ポンド/円は売り、ユーロ/円は戻り売り、ユーロ/ドルは押し目買いで対応。

投票に協力をお願いします。下のバナーをクリック。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://garison0218.blog23.fc2.com/tb.php/362-19e9e028

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。