プロフィール

garison0218

Author:garison0218
低金利時代の日本においては貯金をしていてもお金は増えません。今、貯金しているお金をもっと活躍出来るようにどの金融商品にどのように投資をしたらよいかを簡単にわかりやすく説明していきます。
SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート

ブログランキング

投票にご協力をお願いします。

人気ブログランキング  FC2ブログランキング  ☆$外為カリスマRANKKING$☆  FX(為替)ブログランキング  投資ブログランキング  FX〔外為・為替〕ブログランキング  FX投資ランキング  ベストブログランキング  株☆ブログランキング  デイトレ★ワールドカッブ

株式取引、国債の広告

【資料請求・口座開設申込】

為替レート

本・CD・DVDの広告

【本・CD・DVDを検索!】

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来週の為替予想(10/12~16)

 【今週の動き】
 今週もドルがどの通貨に対しても全面安となりましたが、週末には買い戻される展開となりました。

 05日 ドルは軟調に推移。米ISM非製造業景況指数-9月が事前予想(50.0)を上回る結果(50.9)となったことで、ドル買いとなる場面もあった。
 ユーロは堅調。欧州時間に発表されたユーロ圏PMI サービス業-9月(確報値)が速報値(50.6)から上昇修正(50.9)されたことで、景気回復期待が高まったこと。加えて、ウェリンク・オランダ中銀総裁が「利上げをする前に流動性措置を解除するかもしれない」との見解を示したことで、出口戦略に現実味が出てきたことが意識された。

 06日 ドルが軟調に推移。アジア時間に英インディペンデント紙が「アラブ諸国、原油取引での米ドル利用中止に向け協議中」「円・元・ユーロ・金の通貨バスケットの利用が協議の中心」と報じ(後に各国要人が相次いで否定したものの)、ドルの基軸通貨としての信認低下が意識されたことが重しとなった。

 07日 ドルは下落。この日入札が行われた米10年債が堅調(応札倍率3.01倍)となり、米長期金利が低下したことを受け、金利差の拡大が意識された。ユーロはドル以外の通貨で下落。欧州時間に発表されたユーロ圏GDP-2Q(確報値)が改定値から下方修正(-0.1%→-0.2%)されたことが重しとなった。

 08日 豪ドルは上昇。アジア時間に発表された豪雇用統計が予想以上に強い結果となったことが引き続きサポートした。失業率が前月に比べ低下(5.8%→5.7%)したことや、新規雇用者数の増加(4.06万人)となったこと。内訳を見てもフルタイム(3.54万人)・パートタイム(5200人)の雇用者が何れも増加しており、失業率がピークに達し豪労働市場が好転している可能性を示唆する内容。労働市場の改善はRBA(豪準備銀)が11月会合で利上げをおこなうのでは?との期待を後押しした。
 BOE(英中銀)は政策金利を0.50%、資産買い入れプログラムの規模を1750億ポンドに据え置くことを決定した。声明では「資産買い入れプログラム、あと1カ月で完了する見通し」「資産買い入れプログラムの規模、引き続き見直しの対象とする」とされ、買い入れ規模拡大の可能性を残した。また、ECB(欧州中銀)は政策金利を1.0%と据え置いた。トリシェECB総裁の記者会見もほぼ前回と同じ内容だった。

 09日 ドルは上昇。アジア時間にバーナンキFRB議長が「回復が定着すれば、インフレ防止のため将来引き締めが必要になる」との見解を述べたことから、出口戦略の具体的な準備してるのではないかと意識された。また、この日発表された米貿易収支-8月が-307億USDと事前予想(-330億USD)より強い結果となったこと、クドリン露財務相が「原油取引通貨をドルから替えるという協議はない」とコメントがサポートした。

 【予想の結果】
            安値      高値       今週の動き
 ドル/円   :  87.00   91.00   88.03- 89.97
 ユーロ/円 : 130.00  133.00  129.69-132.23
 ポンド/円  : 140.00  145.00  139.75-143.93
 ユーロ/ドル: 1.4500  1.4750  1.4582-1.4817

 【来週の為替予想】
 今週は全面的なドル安からドル円では88円割れの攻防が続きましたが、週末のバーナンキFRB議長の発言により、早期に利上げが再開されるのでは?との思惑からドルが買い戻されました。来週も週初はこの流れで推移するものと思われます。
 そして、気になったのがG7後の各要人の発言。G7は形骸化されているといわれており、それを裏付けするような発言がありました。それはユンカー・ユーログループ議長が「G7で為替に関する声明を変更すれば市場を混乱させ、悪い結果を引き起こすことになる」と発言しており、この事から、当面はG7での声明が変更されるとはないと思われます。

 注目される経済指標は13日 独 ZEW景況感調査です。予想は59.0と前回の57.7より改善となっています。前回のZEW景況感調査が事前予想より弱かった事から、今回も予想より悪い可能性があります。しかし、前回からは改善するでしょう。予想通りに改善となればユーロは更に上昇するでしょう。

 次に注目される経済指標は15日 米 NY連銀製造業景気指数です。予想は18.0と前回の18.88より悪化となっています。先週発表の消費者信頼感指数、シカゴ購買部協会景気指数、ISM製造業景況指数が事前予想にも届かず、前回よりも悪化している事から、予想通りの結果となるでしょう。予想より悪い結果となれば、ドルが更に売られる展開となるでしょう。

  主な経済指標
 12日: 独 卸売物価指数
 13日: 英 消費者物価指数、独/ユーロ圏 ZEW景況感調査
 14日: 日 日銀政策金利、米 小売売上高/FOMC議事録(9月22-23日開催分)
 15日: 米 NY連銀製造業景気指数/フィラデルフィア連銀指数
 16日: 米 ネット長期TICフロー/ミシガン大学消費者信頼感指数
  予想レンジは下記の通り。
           安値      高値     投資スタンス
ドル/円   :  88.00   91.00      戻り売り
ユーロ/円 : 130.00  133.00     押し目買い
ポンド/円  : 140.00  144.00     押し目買い
ユーロ/ドル: 1.4550  1.4800     押し目買い
 【来週の戦略】
ドル/円は戻り売り、ポンド/円、ユーロ/円、ユーロ/ドルは押し目買いで対応。

投票に協力をお願いします。下のバナーをクリック。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

コメント

こんにちは。
いつもためになる情報ありがとうございます。
最近FXをはじめたばかりなので、とても参考になります。
またお邪魔させてもらいます。
応援ぽちっ!

Re: タイトルなし

  りょうた様 こんにちは。
大した内容ではありませんが、今後ともよろしくお願いいたします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://garison0218.blog23.fc2.com/tb.php/364-b2eb6092

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。