プロフィール

garison0218

Author:garison0218
低金利時代の日本においては貯金をしていてもお金は増えません。今、貯金しているお金をもっと活躍出来るようにどの金融商品にどのように投資をしたらよいかを簡単にわかりやすく説明していきます。
SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート

ブログランキング

投票にご協力をお願いします。

人気ブログランキング  FC2ブログランキング  ☆$外為カリスマRANKKING$☆  FX(為替)ブログランキング  投資ブログランキング  FX〔外為・為替〕ブログランキング  FX投資ランキング  ベストブログランキング  株☆ブログランキング  デイトレ★ワールドカッブ

株式取引、国債の広告

【資料請求・口座開設申込】

為替レート

本・CD・DVDの広告

【本・CD・DVDを検索!】

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来週の為替予想(10/19~23)

 【今週の動き】
 今週はポンドの爆上げが印象に残る週となりました。

 12日 セントルイス連銀のブラード総裁はこの日「失業率の低下が利上げへの前提条件だ」とコメント。しかし、10月1日にバーナンキFRB議長が「失業率を直ぐに低下させるほど速い経済成長は見込めない公算」と述べている事から、利上げの引き金となる失業率の低下はまだまだ先(=利上げはまだまだ先)と解釈され、ドルの上値を押さえる結果となった。
 ポンドは下落。週末にCEBR(英経済ビジネスリサーチセンター)が「BOE(英中銀)は2011年まで利上げしない」との見通しを発した事が焼き直し的に材料視された。

 13日 欧州通貨が堅調に推移。特にユーロとポンドが対ドルで強含んだ。ユーロはノワイエ仏中銀総裁による「ユーロは将来的な準備通貨の候補の一つだ」とのコメント、ポンドはビーンBOE副総裁による「英経済はおそらく底打ちした」とのコメントがそれぞれ後押しとなった。しかし、ユーロは独10月ZEW景況感調査が56.0(予想58.8)、現況も-72.2と事前予想(-69.0)を下回る結果で一時、下落した。

 14日 ドルが対主要通貨に対しほぼ全面安の展開に。米銀大手JP・モルガンチェースの決算が事前のアナリスト予想を上回る好結果となった事や、9月小売売上高(除く自動車)が0.5%と事前予想(0.2%)を上回った事で、米株式市場が大きく上昇。ダウは10,000台を回復した。また、FOMC議事録で「一部の委員はMBS購入上限の引き上げに前向き」とされた事もドルの下げに拍車をかけた。

 15日 10月NY連銀製造業景気指数が34.57と事前予想(17.25)を大きく上回り2004年5月(34.97)以来の高数値を記録した事で、米株式市場が堅調に推移。ドル、円に対する安全資産としての選好が後退した。
 FT紙がフィッシャーBOE政策委員のコメントとして「BOEは資産買取プログラムを中断する可能性ある」と報じた事で、金融緩和の早期解除との見方が広がったや、カタールの政府系ファンドが小売り大手のセインズベリーに買収を仕掛けるとの観測が浮上したことで、ポンドは急騰した。

 16日 ユーログループのユンカー議長が「ユーロの為替水準、それほど過度には懸念していない」とコメントした事で一時ユーロは急伸するも、その後すかさず「マーケットは米国が”強いドル”コメントを繰り返している事、理解すべき」「これ以上のユーロの上昇はユーロ圏経済の回復を遅らせるリスクある」等と通貨高を牽制。これによりユーロが下落した。
 米 ミシガン大学消費者信頼感指数(速報値)が69.4(事前予想 73.1)と予想を下回る結果となった。構成項目も悪く、現在の景況感:72.1(前回73.4)、先行きの景況感:67.6(前回73.5)だった。予想を下回る結果となった事で株式市場は反落。

 【予想の結果】
            安値      高値       今週の動き
 ドル/円   :  88.00   91.00   88.85- 91.31
 ユーロ/円 : 130.00  133.00  132.06-136.06
 ポンド/円  : 140.00  144.00  141.22-149.28
 ユーロ/ドル: 1.4550  1.4800  1.4687-1.4966

 【来週の為替予想】
 今週は欧州通貨の大幅な上昇により、クロス円が一気に上昇し、ユーロ円は136円、ポンド円は149円付近まで上昇しました。これに引きずられる形でドル円も91円超えまで上昇しました。来週は19日 ユーロ圏の財務相会議が行われ、為替レートについて協議される事となっているようなので、欧州通貨の上昇は一旦、落ち着く可能性があります。

 注目される経済指標は22日 米 景気先行指標総合指数です。予想は0.8%と前回の0.6%より改善となっています。今週発表のNY連銀製造業景気指数は予想以上によい結果でしたが、、フィラデルフィア連銀指数が事前予想にも届かず、前回よりも悪化している事から、予想より悪いの結果となるでしょう。予想より悪い結果となれば、ドルが更に売られる展開となるでしょう。

 次に注目される経済指標は23日 独 IFO景気動向です。予想は92.0と前回の91.3より改善となっています。今週発表のZEW景況感調査が事前予想にも届かず、前回よりも悪化している事から、予想より悪い可能性があります。予想より悪い結果となれば、ユーロは売られるでしょう。

  主な経済指標
 19日: 米 NAHB住宅市場指数
 20日: 豪 RBA(豪準備銀)議事録、米 住宅着工件数、加 BOC(カナダ中銀)政策金利
 21日: 英 BOE(英中銀)議事録、米 地区連銀経済報告(ベージュ・ブック)
 22日: 英 小売売上高指数、米 景気先行指標総合指数
 23日: 独 IFO景気動向、英 GDP-3Q(速報値)、米 中古住宅販売件数
  予想レンジは下記の通り。
           安値      高値     投資スタンス
ドル/円   :  88.50   91.50      戻り売り
ユーロ/円 : 133.00  138.00     押し目買い
ポンド/円  : 145.00  152.00     押し目買い
ユーロ/ドル: 1.4700  1.5100     押し目買い
 【来週の戦略】
ドル/円は戻り売り、ポンド/円、ユーロ/円、ユーロ/ドルは押し目買いで対応。

投票に協力をお願いします。下のバナーをクリック。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://garison0218.blog23.fc2.com/tb.php/365-7ddfae5c

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。