プロフィール

garison0218

Author:garison0218
低金利時代の日本においては貯金をしていてもお金は増えません。今、貯金しているお金をもっと活躍出来るようにどの金融商品にどのように投資をしたらよいかを簡単にわかりやすく説明していきます。
SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート

ブログランキング

投票にご協力をお願いします。

人気ブログランキング  FC2ブログランキング  ☆$外為カリスマRANKKING$☆  FX(為替)ブログランキング  投資ブログランキング  FX〔外為・為替〕ブログランキング  FX投資ランキング  ベストブログランキング  株☆ブログランキング  デイトレ★ワールドカッブ

株式取引、国債の広告

【資料請求・口座開設申込】

為替レート

本・CD・DVDの広告

【本・CD・DVDを検索!】

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来週の為替予想(10/26~30)

 【今週の動き】
 今週はクロス円を中心に円が売られる週となりました。

 19日 ユーロ圏財務相会合では、ユーロ高に対しある程度強いメッセージが発せられるのでは?との憶測もあったが、プレル・オーストリア財務相が「我々は今後数カ月間で、ユーロ/ドルそして中国元に関心を持つ必要、しかし“主要な焦点ではない”」と述べるにとどまったことが下支えした。

 20日 ドルが上昇。米住宅着工件数-9月が59.0万件と前月(58.7万件)を上回ったものの、事前予想(61.0万件)を下回る結果となった。これを受け、NYダウ平均株価が下落したことでリスク選好姿勢が後退、資源国通貨などリスク資産から安全資産としてのドルへ資金フローが拡大した。

 21日 地区連銀報告(ベージュ・ブック)では、景況感や労働市場で前回よりもやや改善が見られる部分もあったが、特に目新しいものはなく為替への影響は限定的となった。
 ポンドは堅調に推移。BOE(英中銀)議事録で資産買い入れ規模維持を全会一致で決定し、「MPCは、最近の動向は量的緩和もしくは金利の差し迫った変更を正当化するほどではないとの意見で一致」との見解を示したことがサポート。また、「11月のインフレ報告は中期的見通しをさらに十分に評価する良い機会になるだろう」としたことで、11月の政策決定会合では資産買い取りプログラムの規模を据え置く可能性が高まったことも下支えした。

 22日 米 新規失業保険申請件数は前週の52.0万件から増加(53.1万件)。しかし、継続受給者数は09年3月の第4週以来となる600万件を割り込み(592.3万件)、4週間移動平均も低下(53.2万件)し7週連続で減少した。また、米景気先行指標総合指数-9月は1.0%と前月(0.4%)より増加し、6ヶ月連続でプラスとなった。しかし、景気の現状を見る一致指数は(0.1→0.0)鈍化している。

 23日 英GDP-3Q(速報値)が前期比-0.4%・前年比-5.2%と事前予想(前期比+0.2%・前年比-4.6%)を大きく下回ったことを受け、ポンドは急落。これで英国は6四半期連続でマイナス成長になった。加えて、ダーリング英財務相が「政府は措置を継続、今止めることは狂気だろう」との見解を述べ、財政への懸念が高まったこと。また、ブイター元BOE(英中銀)金融政策委員が「BOEは政策金利をゼロまで引き下げるべき」との認識を示すなど、ネガティブな材料が相次いだことが重石となった。

 【予想の結果】
            安値      高値       今週の動き
 ドル/円   :  88.50   91.50   90.09- 92.10
 ユーロ/円 : 133.00  138.00  134.78-138.35
 ポンド/円  : 145.00  152.00  147.12-153.21
 ユーロ/ドル: 1.4700  1.5100  1.4829-1.5059

 【来週の為替予想】
 今週も欧州通貨の大幅な上昇により、クロス円が一気に上昇し、ユーロ円は138円、ポンド円は153円付近まで上昇しました。ドル円も92円超えまで上昇しました。最近のドル円の上昇はクロス円の上昇に引きずられてと思っていましたが、要因は違うようです。それは来年度の一般会計の概算要求が95兆円と過去最大になったことや、亀井郵政・金融担当相が「2次補正、10兆円ぐらい必要」との見解を述べたことで、財政悪化への懸念が高まったこと事で円売りが強まっているようです。おそらく、この傾向は当分続くと思われます。

 注目される経済指標は29日 NZ RBNZ(NZ準備銀)政策金利発表です。予想は据え置きとなっています。今週、ボラードRBNZ(NZ準備銀)総裁が通貨高に対し「RBNZがNZドルの抑制にできることはほとんどない」との見解を述べたことに加え、「NZドル高は必ずしも利上げの障害にはならない」とコメントしている事から、予想外の利上げもあるかもしれません。利上げとなれば、NZドルが買われる展開となるでしょう。

 次に注目される経済指標は29日 米 GDP-3Q(速報値)です。予想は前期比年率で3.0%と前回の-0.7%より大幅改善となっています。今週発表の英 GDP-3Q(速報値)が事前予想よりも大幅に悪化している事から、予想より悪い可能性があります。予想より悪い結果となれば、ドルは売られるでしょう。

  主な経済指標
 26日: 独 GFK消費者信頼感調査、米 ダラス連銀製造業活動指数
 27日: 米 消費者信頼感指数/リッチモンド連銀製造業指数
 28日: 独 消費者物価指数、米 新築住宅販売件数
 29日: NZ RBNZ(NZ準備銀)政策金利、米 GDP-3Q(速報値)
 30日: 日 日銀政策金利、ユーロ圏 消費者物価指数、米 シカゴ購買部協会景気指数

  予想レンジは下記の通り。
           安値      高値     投資スタンス
ドル/円   :  91.50   93.00     押し目買い
ユーロ/円 : 136.00  140.00     押し目買い
ポンド/円  : 148.00  152.00     押し目買い
ユーロ/ドル: 1.4850  1.5150     押し目買い
 【来週の戦略】
ドル/円、ポンド/円、ユーロ/円、ユーロ/ドルは押し目買いで対応。

投票に協力をお願いします。下のバナーをクリック。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://garison0218.blog23.fc2.com/tb.php/366-d843ed44

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。