プロフィール

garison0218

Author:garison0218
低金利時代の日本においては貯金をしていてもお金は増えません。今、貯金しているお金をもっと活躍出来るようにどの金融商品にどのように投資をしたらよいかを簡単にわかりやすく説明していきます。
SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート

ブログランキング

投票にご協力をお願いします。

人気ブログランキング  FC2ブログランキング  ☆$外為カリスマRANKKING$☆  FX(為替)ブログランキング  投資ブログランキング  FX〔外為・為替〕ブログランキング  FX投資ランキング  ベストブログランキング  株☆ブログランキング  デイトレ★ワールドカッブ

株式取引、国債の広告

【資料請求・口座開設申込】

為替レート

本・CD・DVDの広告

【本・CD・DVDを検索!】

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来週の為替予想(11/23~27)

 【今週の動き】
 今週は週末にかけて、リスク回避の動きから金や原油、為替では欧州通貨が下落となりました。

 16日 ドルが乱高下する展開となった。NY時間序盤に発表されたNY連銀製造業景気指数-11月は23.51と前回(34.57)から低下、構成項目も在庫を除き軒並み悪化したことから、リスク回避志向から安全資産のドルに資金フローが見られた。ただ、ドル買い一巡後はNYダウ平均株価が上げ幅を拡大したことに伴い、リスク選好姿勢から安全資産のドルを売り、高金利通貨を買う動きが高まったことから軟調に推移。

 17日 ユーロは軟調に推移。トリシェECB総裁が「バーナンキFRB議長のドルに関する発言は非常に重要、議長の分析と完全に一致」とコメント。前日のバーナンキFRB議長の「ドルの価値の変化に注意している」との見解を支持したことで、間接的にユーロ高を牽制したことも後押しした。

 18日 ポンドは軟調に推移。BOE(英中銀)議事録で「資産買い入れプログラム、7対1対1で250億ポンドの規模拡大を決定」し、マイルズ委員が資産買い入れ規模の400億ポンド拡大を主張したこと。また、「MPC(金融政策委員会)は準備預金金利を引き下げることを議論、今は同意しなかったが将来の選択肢」との認識が示されたことで、追加金融緩和の可能性が意識されたことが引き続き重石となった。
 ドルも軟調に推移。米住宅着工件数-10月の弱い結果(結果:52.9万件、予想:60.0万件)を受け、安全資産のドルに資金フローが見られる場面もあった。しかし、同時に発表された米消費者物価指数-10月が予想以上に強い結果となったことを手がかりに、徐々にインフレリスクが意識され金価格が上昇し、リスク選好姿勢が高まったこと。また、ブラード・セントルイス連銀総裁が「(これまでのFRBは)利上げの開始はリセッション終了後2年半から3年経過した後」との認識を示したことで、低金利が今後も続くとの思惑などが重石となった。

 19日 ドルがリスク回避の動きから堅調推移。米 フィラデルフィア連銀指数-11月(予想:12.2、結果:16.7)が予想以上に強い結果となった。しかし、6ヶ月先の見通しが低下(今回:36.8、前回:39.8)したことから、景気先行きに対しての懸念材料として意識されたこともあり、為替への影響は限定的となった。ただ、構成項目の雇用指数は改善(-6.8→-0.5)しており、雇用統計に向けて明るい材料といえる。
 OECD(経済協力開発機構)が発表した経済見通しでFRB(米連邦準備制度理事会)とECB(欧州中銀)は「2010年末近く」まで金利を据え置くと想定。日銀はデフレ懸念があるため2010-11年を通じ金利を据え置くべき。BOE(英中銀)の金利正常化、「おそらく2011年に開始する必要」などの内容により欧州通貨が下落した。

 20日 ポンドは軟調に推移。19日に発表された10月の英財政赤字が、同月としては最大(114億ポンド)となったことから、財政悪化への懸念が高まったことも下落を後押しした。加えて、19日にOECD(経済協力開発機構)が「BOE(英中銀)の金利正常化、“おそらく2011年に開始する必要”」との見解を示したことで、低金利政策が長期化するとの期待が高まったこと。また、本日ギーブ前BOE(英中銀)副総裁が「現在のポンドのレートは英国の製造業の恩恵に」とのポンド安を支持する見解を述べたことなど、ポンドにネガティブな要因が相次いだことが嫌気された。

 【予想の結果】
            安値      高値       今週の動き
 ドル/円   :  88.50   91.00   88.65- 89.70
 ユーロ/円 : 131.50  135.00  131.78-134.33
 ポンド/円  : 147.00  151.00  146.49-150.53
 ユーロ/ドル: 1.4750  1.5000  1.4803-1.5013

 【来週の為替予想】
 来週は米国ではサンクスギビングデーで実質的に連休となり、クリスマス商戦が始まります。景気の先行きが不透明なことから、クリスマス商戦の行方にも注目したいところです。今週も週末にかけて相場が乱高下したことから、来週も引き続き、中途半端なエントリーは避け、慎重にトレードしましょう。

 注目される経済指標は24日 独 IFO景気動向です。予想は92.5と前回の91.9より改善となっています。既に発表のZEW景況感指数 が事前予想を下回り、前回よりも悪かった事から、予想より悪い結果となるでしょう。結果が悪ければユーロは下落するでしょう。

 次に注目される経済指標は24日 米 リッチモンド連銀製造業指数です。予想は10と前回の7より改善となっています。今週発表のフィラデルフィア連銀指数が前回より改善していることから、予想通りの結果となるでしょう。

  主な経済指標
 23日: 米 シカゴ連銀全米活動指数/中古住宅販売件数
 24日: 独 IFO景気動向、米 消費者信頼感指数/リッチモンド連銀製造業指数
 25日: 米 新築住宅販売件数
 26日: 独 消費者物価指数
 27日: 日 雇用統計
  予想レンジは下記の通り。
           安値      高値     投資スタンス
ドル/円   :  88.50   90.00     戻り売り
ユーロ/円 : 131.50  134.00     戻り売り
ポンド/円  : 145.00  148.50     戻り売り
ユーロ/ドル: 1.4750  1.5000     戻り売り
 【来週の戦略】
ドル/円、ポンド/円、ユーロ/円、ユーロ/ドルは戻り売りで対応。


投票に協力をお願いします。下のバナーをクリック。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://garison0218.blog23.fc2.com/tb.php/370-55cba7ac

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。