プロフィール

garison0218

Author:garison0218
低金利時代の日本においては貯金をしていてもお金は増えません。今、貯金しているお金をもっと活躍出来るようにどの金融商品にどのように投資をしたらよいかを簡単にわかりやすく説明していきます。
SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート

ブログランキング

投票にご協力をお願いします。

人気ブログランキング  FC2ブログランキング  ☆$外為カリスマRANKKING$☆  FX(為替)ブログランキング  投資ブログランキング  FX〔外為・為替〕ブログランキング  FX投資ランキング  ベストブログランキング  株☆ブログランキング  デイトレ★ワールドカッブ

株式取引、国債の広告

【資料請求・口座開設申込】

為替レート

本・CD・DVDの広告

【本・CD・DVDを検索!】

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来週の為替予想(12/28~1/1)

 【今週の動き】
 今週はクリスマス休暇前ということもあり、落ち着いた週となりました。

 21日 大手米銀がアルミ大手の【アルコア】に対する投資判断を引上げた事をきっかけに、米株式市場が軒並み上昇。これを受け、リスク回避志向が後退し、米債利回りが上昇(価格は下落)。結果、ドル買いに拍車がかかった。またエヴァンス・シカゴ連銀総裁が「2010年の米経済、3-3.5%の見通し」と楽観的な見方を示した事も、株買い・債券売りに繋がった。
 円は、日本のニュース番組に出演した白川日銀総裁が「”粘り強く実質ゼロ金利を続け”、需給バランス改善を図っていく」とコメントした事を契機にジリ安に。NY時間午後には、ドル円は91円台を上抜けた。

 22日 ドルが主要通貨に対し堅調に推移した。この日発表された11月中古住宅販売件数が654万件と事前予想(625万件)を上回り、2007年2月(655万件)以来の高数値を記録。21日のエヴァンス・シカゴ連銀総裁による「2010年の米経済、3-3.5%の可能性」との明るい見通しと合わせ、米経済に対する楽観論が拡大した。
 ユーロは対円以外で下落。格付け機関ムーディーズがギリシャの格付けを「A1」→「A2」へと引下げ、格付け見通しを更なる引下げの可能性に含みをもたせる「ネガティブ」とした事が意識された。ただ、欧州株式市場では全く逆の解釈が優勢に。ギリシャの格下げが”一段階で留まった”との見方から、ギリシャに対する懸念が緩和。欧州株式市場は軒並み上昇し、渦中のギリシャ株式市場(アテネ総合指数)も4.48%高となった。

 23日 米11月ミシガン大学消費者信頼感指数(確報値)が72.5と速報値(73.4)から下方修正された事に加え、11月新築住宅販売件数が35.5万件と事前予想(43.8万件)を大きく下回り、2009年4月(34.5万件)以来の小さい伸びを記録。22日の予想を大きく上回った11月中古住宅販売件数の好結果などを背景に拡大していた米経済への楽観論が大きく後退した。これにより、ドルは対円以外の主要通貨に対し軒並み値を下げた。
 BOE(英中銀)議事録では、政策金利・資産買い入れプログラムの規模を据え置くとの決定が全会一致で下されたことが明らかとなった。ただ、11月にBOEが資産買い入れプログラムの規模を250億ポンド拡大した際に反対したマイルズ委員(400億ポンド拡大を主張)とデール理事(据え置きを主張)は、今回は据え置きに賛成しながらも、「資産買い入れプログラムの規模の若干の変更は依然として正当化される可能性がある」と考えていることも明らかになった。

 24日 ドルは小動きながらも堅調に推移。新規失業保険申請件数が45.2万件と事前予想(47.0万件)を下回り、2008年9月初め(44.7万件)以来の好数値を記録。詳細も良く、申請件数が「1,000件以上減少」と報告した州は19州にのぼり(前回は2州のみだった)、逆に「1,000件以上増加」と報告した州は2州にとどまった(前回は29州だった)。これを受け、来月初めの雇用統計に対する期待が拡大。米株式市場は低ボリュームながらも軒並み堅調に推移した。

 25日 日本11月消費者物価指数は除生鮮/前年比では事前予想通りの-1.7%となり、前月(-2.3%)から下落率は縮小。ただ9ヶ月連続のマイナスとなり、11月月例報告(11月20日)でのデフレ宣言を再度意識させる結果となった。物価に関して、日銀は18日の声明で「物価安定の理解、"CPI前年比で2%以下のプラス領域にあり委員の大勢は1%中心に考えている"」と公表しており、今回の結果は目標値からは乖離している。

 【予想の結果】
            安値      高値       今週の動き
 ドル/円   :  87.50   91.00   90.25- 91.86
 ユーロ/円 : 127.00  132.00  129.19-131.82
 ポンド/円  : 142.00  147.50  145.50-147.04
 ユーロ/ドル: 1.4200  1.4550  1.4218-1.4392

 【来週の為替予想】
 来週は欧米がクリスマスから元旦まで休みとなりますので、値動きが乏しい週となるでしょう。

 注目される経済指標は29日 米 消費者信頼感指数です。予想は53.0と前回の49.5より改善となっています。既に発表のミシガン大学消費者信頼感指数の確報値が悪かった事から、予想より悪いの結果となるでしょう。結果が悪ければ、ドルが売られるでしょう。

 次に注目される経済指標は30日 米 シカゴ購買部協会景気指数です。予想は55.1と前回の56.1より悪化となっています。既に発表の景気先行指標総合指数が良かった事から、予想より良い結果となるでしょう。

  主な経済指標
 28日: 日 鉱工業生産、米 ダラス連銀製造業活動指数
 29日: 米 S&P/ケースシラー住宅価格/消費者信頼感指数
 30日: 米 シカゴ購買部協会景気指数
 31日: 英 GFK消費者信頼感調査
 01日: 全市場休場

  予想レンジは下記の通り。
           安値      高値     投資スタンス
ドル/円   :  89.50   92.00     戻り売り
ユーロ/円 : 129.00  132.00     戻り売り
ポンド/円  : 145.00  147.50     戻り売り
ユーロ/ドル: 1.4250  1.4550     戻り売り
 【来週の戦略】
ドル/円、ポンド/円、ユーロ/円、ユーロ/ドルは戻り売りで対応。

  今年も当ブログを見て頂き、ありがとうございました。皆様のお役に立てたかどうか疑問ですが、今後もよろしくお願いいたします。
  それでは皆様、良いお年をお迎えください。
投票に協力をお願いします。下のバナーをクリック。

人気ブログランキング
スポンサーサイト

コメント

いつも参考にさせていただいています。
特に今週の為替予想の経済予想の部分はわかりやすい表現でとても役に立ち、しかも予想の理由がしっかりしてるので確度も高いです。
ありがとうございます。
ただ、ここ数週間の投資スタンスだけは戻り売りじゃなく押し目買いじゃないかと思うのですが?
私はドル円ばかりなので戻り売りには本当にきつい展開に感じました。

Re: タイトルなし

 ねこ様 初めまして。
いつも、ご覧になって頂きありがとうございます。
あと、ご指摘の通り、ここ数週間の投資スタンスは戻り売りじゃなく押し目買いが正解だと思います。ただ、最新のチャートを見るとテクニカル的にはそろそろ下落しそうです。
 今後ともよろしくお願いいたします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://garison0218.blog23.fc2.com/tb.php/375-a3fc0735

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。