プロフィール

garison0218

Author:garison0218
低金利時代の日本においては貯金をしていてもお金は増えません。今、貯金しているお金をもっと活躍出来るようにどの金融商品にどのように投資をしたらよいかを簡単にわかりやすく説明していきます。
SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート

ブログランキング

投票にご協力をお願いします。

人気ブログランキング  FC2ブログランキング  ☆$外為カリスマRANKKING$☆  FX(為替)ブログランキング  投資ブログランキング  FX〔外為・為替〕ブログランキング  FX投資ランキング  ベストブログランキング  株☆ブログランキング  デイトレ★ワールドカッブ

株式取引、国債の広告

【資料請求・口座開設申込】

為替レート

本・CD・DVDの広告

【本・CD・DVDを検索!】

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来週の為替予想(3/1~5)

 【今週の動き】
 今週は財政問題で揺れるギリシャの格下げ懸念で、波乱の展開となりました。

 22日 2月ダラス連銀製造業活動が-0.1%と市場の事前予想(10.0%)を大きく下回り2009年10月(-3.3%)以来となるマイナスへと落ち込んだ。また、イェレン・サンフランシスコ連銀総裁による「住宅市場が再度弱含むリスクがある」「失業率は数年間、痛みを伴う水準で推移する可能性」「住宅差押さえや銀行破綻の影響は、これから実感していくだろう」といった悲観的な見通しが嫌気された。

 23日 2月の独IFO景気動向は95.2と事前予想の96.1を下回った。現況評価値も89.8と事前予想の91.9から低下した。この結果を受けユーロは下落した。
 米2月消費者信頼感指数は46.0と市場の事前予想(55.0)を下回り、2009年4月(40.80)以来の低水準を記録。構成項目の【雇用は十分】から【職を得るのが困難】を引いた数値は-44.1と前回より悪化。また、2月リッチモンド連銀製造業指数は「2」となり、事前予想(2)通りとなった。構成項目の「雇用指数」は-7と前回-5から悪化。マイナスはこれで4ヶ月連続となる。

 24日 バーナンキFRB議長による議会証言では、まずは流れた「FRBはある時点(で引き締めを開始する必要あるだろう」とのヘッドラインに反応し瞬間的にドル買いに傾いたが、「政策金利は長期間、低水準で推移する可能性」「雇用市場は依然非常に弱い状態だ」といった内容が伝わると、一転してドル売りになった。ただ、株式市場ではこれら一連の証言から”利上げは近くない”との解釈が広がり、徐々に買い優勢になった。
 ユーロは格付け機関S&Pが「1ヶ月以内に、ギリシャの格付けを1段階、もしくは2段階引下げる可能性ある」との声明を発した事に加え、バーナンキFRB議長が質疑応答の場で「欧州は財政問題や単一為替レートのため非常に深刻な課題に直面している」との苦言を示した事で値を下げた。また、ギリシャでは緊縮財政に抗議し、空港・鉄道・病院を含む過去最大規模のストライキが勃発し、社会機能が麻痺している。

 25日 ユーロは格付け機関 S&Pによる「中期的にユーロを離脱する国はないが、特定の国には不均衡是正の責任がある」との声明の前半部分が好感され、対ドルは1.35台を回復。対ポンドは一時0.89台乗せ寸前に迫った。マイルズBOE(英中銀)政策委員が「BOEの量的緩和政策が終了したと見るのは時期尚早だ」等と述べた事もユーロ/ポンドの押し上げ要因として機能した。
 米 新規失業保険申請件数が49.6万件と市場の事前予想(46.0万件)を上回り、2009年11月第2週(50.1万件)以来の悪水準を記録した。また、バーナンキFRB議長は上院銀行委員会で議会証言を実施。質疑応答で「経済は引き続き非常に弱い」とのコメントがドル売りに、そして、「中国人民元相場、一段の柔軟性が望ましい」との言及が円買い材料として意識され、ドル円は再度88円台へと値を下げた。

 26日 2月シカゴ購買部協会景気指数は62.6と事前予想(59.7)を上回り、2005年4月(65.5)以来の好数値を記録。しかし「雇用指数」が53.0と前回(59.8)から急減。「生産指数」65.2(前回 66.6)、「新規受注」62.2(前回 66.4)も共に低下し、GDP同様、正に張子の虎となった。1月米中古住宅販売件数は505万件と事前予想(550万件)を大きく下回り、2009年6月(489万件)以来の低い伸びを記録。全地区で販売件数が減少しており、該当期間の豪雪の影響を考慮しても明らかに悪い結果となった。

 【予想の結果】
            安値      高値       今週の動き
 ドル/円   :  89.00   92.50   88.76- 91.89
 ユーロ/円 : 122.00  125.00  119.67-125.22
 ポンド/円  : 140.00  144.00  134.70-142.16
 ユーロ/ドル: 1.3500  1.3850  1.3452-1.3691

 【来週の為替予想】
  今週は再び、ギリシャ問題でユーロが下落しました。しかし、米の経済指標も悪いものが多く、ドルも弱い週となりました。来週も米 雇用統計が発表されるだけに波乱の展開になるでしょう。

 注目される経済指標は04日 英 BOE(英中銀)政策金利です。予想は据え置きとなっています。今週、マイルズBOE(英中銀)政策委員が「BOEの量的緩和政策が終了したと見るのは時期尚早だ」と述べた事やポーゼンBOE(英中銀)政策委員による「我々は資産買い入れプログラムのドアをオープンにしておかなくてはならない」との弱気な発言が続いている事から、新たな金融対策の可能性に注目が必要です。

 次に注目される経済指標は05日 米 雇用統計です。非農業部門雇用者数は予想では3.0万人減と前回の2.0万人減より悪化、失業率は9.8%と前回の9.7%より悪化となっています。すでに発表の2月リッチモンド連銀製造業指数の「雇用指数」は-5から-7へと悪化。2月シカゴ購買部協会景気指数の「雇用指数」が53.0と前回59.8から急減。しかし、2月NY連銀製造業景気指数の「雇用指数」は5.56と前回4.00から改善。フィラデルフィア連銀指数の「雇用指数」も7.4と前回6.1から改善しています。良悪混在の結果となっていますので、ほぼ予想通りの結果となるでしょう。

  主な経済指標
 01日: 米 PCEデフレータ/PCEコア・デフレータ/ISM製造業景況指数
 02日: 豪 RBA(豪準備銀)政策金利、加 BOC(カナダ中銀)政策金利
 03日: 豪 GDP-4Q、米 ADP雇用統計/ISM非製造業景況指数/地区連銀経済報告(ベージュ・ブック)
 04日: 英 BOE(英中銀)政策金利、ユーロ圏 ECB(欧州中銀)政策金利
 05日: 米 雇用統計

  予想レンジは下記の通り。
           安値      高値     投資スタンス
ドル/円   :  88.00   91.50     戻り売り
ユーロ/円 : 119.00  122.00     戻り売り
ポンド/円  : 135.00  139.00     戻り売り
ユーロ/ドル: 1.3400  1.3750     戻り売り
 【来週の戦略】
ドル/円、ポンド/円、ユーロ/円、ユーロ/ドルは戻り売りで対応。

人気ブログランキング
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://garison0218.blog23.fc2.com/tb.php/385-3eb57881

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。