プロフィール

garison0218

Author:garison0218
低金利時代の日本においては貯金をしていてもお金は増えません。今、貯金しているお金をもっと活躍出来るようにどの金融商品にどのように投資をしたらよいかを簡単にわかりやすく説明していきます。
SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート

ブログランキング

投票にご協力をお願いします。

人気ブログランキング  FC2ブログランキング  ☆$外為カリスマRANKKING$☆  FX(為替)ブログランキング  投資ブログランキング  FX〔外為・為替〕ブログランキング  FX投資ランキング  ベストブログランキング  株☆ブログランキング  デイトレ★ワールドカッブ

株式取引、国債の広告

【資料請求・口座開設申込】

為替レート

本・CD・DVDの広告

【本・CD・DVDを検索!】

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来週の為替予想(3/29~4/2)

 【今週の動き】
 今週も引き続きギリシャ問題で、やや波乱の週となりました。

 22日 ユーロが一時急落。パンガロス・ギリシャ副首相による「ドイツは、ギリシャに対する投機的な行動を規制しない」「ドイツはユーロ安によって輸出の拡大を望んでいる」といったコメントがドイツとギリシャ間の亀裂の深さを想起させ、嫌気された。

 23日 米2月中古住宅販売件数は502万件と、ほぼ市場の事前予想(500万件)通りとなった。ただ、販売可能戸数が358.9万件(前回 327.7万件)へと増加し、2009年9月(371.0万件)以来の水準へと拡大している。また、3月のリッチモンド連銀製造業指数は6と市場の事前予想5を上回り、2009年10月(7)以来の好数値を記録。構成項目の「雇用指数」(結果:0 前回:-7)、「新規受注」(結果:10、前回:9)共に改善している。

 24日 独IFO景気動向-3月は98.1と予想の95.8を上回り、2008年以来の強い伸びを記録した。現況評価値も94.4(予想91.0)と総じて強い結果となった。指標発表後、アッベルガー独IFOエコノミストは「景気回復は安定しており、拡大している状況にある。建設、リテールのセクターで改善の傾向が見られる。」とのコメントを出した。
 格付け機関フィッチが、ポルトガルの長期の外貨、及び、現地通貨建て発行体デフォルトの格付けを「AA」→「AA-」へと格下げし、見通しを「ネガティブ」とした。ギリシャ問題の着地点が見えないか、新たな懸念材料が浮上した事でユーロは対円以外で大きく値を下げた。
 米2月新築住宅販売件数が30.8万件と事前予想(31.5万件)を割り込み過去最低を記録したものの、米5年債の入札が不調に終わった事による長期金利の上昇と、ホーニグ・カンザスシティ連銀総裁によるタカ派発言が追い風となり、主要通貨に対しほぼ全面高の展開となり、ドル円は92円台を回復した。

 25日 英小売売上高-2月(含自動車燃料)は事前予想(0.8%)を上回る結果(2.1%)となり、ポンドが上昇した。また、ギリシャ問題で下落傾向のユーロは独GFK消費者信頼感調査-4月が事前予想(3.1)を上回る結果(3.2)となったことや、売り一巡後のショートカバーも加わり、下げ幅を縮小した。

 26日 ユーロは堅調に推移。ギリシャ支援について、IMF(国際通貨基金)とユーロ圏諸国が協調で融資を行う救済策で合意したことから、ユーロに対する不透明感が後退したことが引き続きサポート。また、ギリシャ公債管理責任者が「ギリシャ国債のデフォルトリスクが払拭されたことで、スプレッドは縮小するだろう」と述べたことも後押し。
 米GDP-4Q(前期比年率/確報値)は速報値から5.6%(予想:5.9%) に下方修正された。しかし、3月のミシガン大学消費者信頼感指数は73.6と、速報値(72.5)から上方修正された。構成項目の【現在の景況感】80.8→82.4、【先行の景況感】67.2→67.9もそれぞれ速報値から上方修正された。

 【予想の結果】
            安値      高値       今週の動き
 ドル/円   :  89.50   91.00   89.85- 92.95
 ユーロ/円 : 122.00  126.00  121.07-124.18
 ポンド/円  : 135.00  139.50  134.58-138.11
 ユーロ/ドル: 1.3450  1.3800  1.3269-1.3568

 【来週の為替予想】
  来週はギリシャ問題に続き、ポルトガルのデフォルト懸念や米 雇用統計の発表で波乱の展開となりそうです。また、米5年債の入札が不調に終わった事による長期金利の上昇にも注意したいところです。

 注目される経済指標は01日 日 日銀短観(1Q)です。大企業製造業業況判断が予想では-14と前回の-24より改善となっています。新興国向けの製品や部品の販売が好調なことから、予想通りの結果となるでしょう。

 次に注目される経済指標は02日 米 雇用統計です。非農業部門雇用者数は予想では18.6万人増と前回の3.6万人減より改善、失業率は9.7%と前回の9.7%と変わらずとなっています。すでに発表の2月リッチモンド連銀製造業指数の「雇用指数」は-7から0へと改善。そして、NY連銀製造業景気指数-3月の雇用指数が12.35と前回の5.56から改善、フィラデルフィア連銀指数の「雇用指数」も前回7.4から8.4へ改善していることから、予想通りの結果となるでしょう。予想より良い結果となれば、ドルが更に買われる展開となるでしょう。

  主な経済指標
 29日: 米 個人所得/支出、PCEデフレータ/コア・デフレータ
 30日: 日 雇用統計、米 S&P/ケースシラー住宅価格/消費者信頼感指数
 31日: 豪 小売売上高、米 ADP雇用統計/シカゴ購買部協会景気指数
 01日: 日 日銀短観(1Q)、米 ISM製造業景況指数
 02日: 米 雇用統計
  予想レンジは下記の通り。
           安値      高値     投資スタンス
ドル/円   :  90.00   93.00     戻り売り
ユーロ/円 : 122.00  125.00     戻り売り
ポンド/円  : 135.00  139.00     戻り売り
ユーロ/ドル: 1.3300  1.3600     戻り売り
 【来週の戦略】
ドル/円、ポンド/円、ユーロ/円、ユーロ/ドルは戻り売りで対応。

人気ブログランキング
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://garison0218.blog23.fc2.com/tb.php/389-d725039f

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。