プロフィール

garison0218

Author:garison0218
低金利時代の日本においては貯金をしていてもお金は増えません。今、貯金しているお金をもっと活躍出来るようにどの金融商品にどのように投資をしたらよいかを簡単にわかりやすく説明していきます。
SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート

ブログランキング

投票にご協力をお願いします。

人気ブログランキング  FC2ブログランキング  ☆$外為カリスマRANKKING$☆  FX(為替)ブログランキング  投資ブログランキング  FX〔外為・為替〕ブログランキング  FX投資ランキング  ベストブログランキング  株☆ブログランキング  デイトレ★ワールドカッブ

株式取引、国債の広告

【資料請求・口座開設申込】

為替レート

本・CD・DVDの広告

【本・CD・DVDを検索!】

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来週の為替予想(4/5~9)

 【今週の動き】
 今週はギリシャ問題がEU(欧州連合)首脳会議でIMF/EUの協調支援プログラムで行われることが決定された事や、米長期金利の上昇で円安の週となりました。

 29日 ユーロが堅調に推移。過日のEU(欧州連合)首脳会議でIMF/EUの協調支援プログラムが決定されて以降、ギリシャが初めて国債(7年債)を発行。ギリシャを取り巻く懸念が着実に好転しつつあると受け止められた。

 30日 日本2月失業率は4.9%と事前予想通りの結果になった。これで2ヶ月連続の5%割れとなった。ただ、企業規模別で見ると、大企業(500人以上)は雇用者数が+32万人、中堅企業(30-499人)が+22万人と増加している。ただ中小企業(1-29人)では-61万人と大幅減となっている。
 米3月消費者信頼感指数が52.5と前回(46.4)から改善した。構成項目も軒並み良く、特に失業率との相関が高いとされる【雇用は十分】から【職を得るのが困難】を引いた数値は-41.4(前回 -43.3)へと改善し、公式雇用統計に対する明るい期待を想起させた。

 31日 3月ADP雇用統計は-2.3万人と市場の事前予想(4.0万人)に届かず、26ヶ月連続でのマイナスを記録。また、シカゴ購買部協会景気指数は58.8とこちらも市場の事前予想(61.0)を下回った。構成項目の雇用指数は53.1と、前回(53.0)から僅かながら改善した。

 01日 日銀短観の大企業製造業業況判断は-14となり、前回見通し(-19)よりも強い結果となっている。規模別で見ても、中堅企業は-19(前回見通し:-30)、中小企業は-21(前回見通し:-29)となっている。また、日銀短観の大企業非製造業業況判断についても-14と前回見通し(-18)よりも上ブレしている。規模別で見ても中堅企業は-21(前回見通し:-29)、中小企業は-31(前回見通し:-41)となっている。2010年度大企業・製造業の想定為替レートは前回(12月14日)発表時の1ドル92.93円から91.00円となり、企業はさらに円高方向に振れると想定していたようだ。
 3月の米ISM製造業景況指数は59.6と市場の事前予想(57.0)を上回り、2004年6月(59.9)以来の好数値を記録した。ただ、注目された構成項目の「雇用指数」は55.1と、前回(56.1)から低下した。昨日のADP雇用統計で製造業の雇用減が確認された事から今回の雇用指数の低下自体はサプライズではないが、2日(金)の公式雇用統計に対する見通しという点では決して楽観的な数値とは言えない。

 02日 米3月非農業部門雇用者数変化は16.2万人となった。市場の事前予想(18.4万人)にこそ届かなかったものの、今回の数値は2007年3月(23.9万人)以来最大となる。今回の結果には国勢調査による雇用(4.8万人)が上乗せされているが、それ以上に民間部門が12.3万人(前回 0.8万人)と大きく伸びており、非常に良い結果と言える。単月のみでは判断出来ないが、それでもダドリ-NY連銀総裁による「米国は持続的な雇用拡大へと向かっているようだ」(4月1日)との見解どおり、米国の労働市場は着実にその回復の歩みを進めている事が示された。

 【予想の結果】
            安値      高値       今週の動き
 ドル/円   :  90.00   93.00   92.13- 94.69
 ユーロ/円 : 122.00  125.00  124.12-127.89
 ポンド/円  : 135.00  139.00  137.72-143.92
 ユーロ/ドル: 1.3300  1.3600  1.3387-1.3591

 【来週の為替予想】
 今週は米 雇用統計が発表され、非農業部門雇用者数変化は事前予想までは届かなかったものの、非常に良い結果となりました。来週はこの結果や、月曜日に開催されるFRB緊急会合で公定歩合が引き上げられるのでは?との観測から、ドル買いの展開となるでしょう。

 注目される経済指標は05日 米 ISM非製造業景況指数です。予想では53.5と前回の53.0より改善となっています。最近発表の景気関連の指標が好調なことから、予想通りの結果となるでしょう。

 次に注目される経済指標は08日 英 BOE(英中銀)政策金利です。予想は据え置きとなっています。今週、格付け機関S&Pが「英国の格付け”AAA”を確認(=現時点では格下げしない)」との見解を発している事から、予想通りの結果となるでしょう。また、新たな金融対策の可能性も低いでしょう。

  主な経済指標
 05日: 米 ISM非製造業景況指数
 06日: 豪 RBA(豪準備銀)政策金利、米FOMC(連邦公開市場委員会)議事録
 07日: 日 日銀政策金利
 08日: 豪 雇用統計、英 BOE(英中銀)政策金利、ユーロ圏 ECB(欧州中銀)政策金利 
 09日: 加 雇用統計

  予想レンジは下記の通り。
           安値      高値     投資スタンス
ドル/円   :  91.50   96.00     押し目買い
ユーロ/円 : 125.00  130.00     押し目買い
ポンド/円  : 139.00  145.00     押し目買い
ユーロ/ドル: 1.3400  1.3600      戻り売り
 【来週の戦略】
ドル/円、ポンド/円、ユーロ/円は押し目買い、ユーロ/ドルは戻り売りで対応。

人気ブログランキング
スポンサーサイト

コメント

初訪問させていただきました。

「お金に働いてもらう」という発想に賛同しました。

応援しています。

Re: タイトルなし

HAYATE2008さん。はじめまして。

 ご訪問頂き、ありがとうございます。
大した内容も書いておりませんが、また、来てください。
 先ほど、HAYATE2008さんのサイトを拝見しましたが、いつも素晴らしい
トレードですね。参考にさせていただいと思いました。
 今後とも宜しくお願いします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://garison0218.blog23.fc2.com/tb.php/390-2d585d69

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。