プロフィール

garison0218

Author:garison0218
低金利時代の日本においては貯金をしていてもお金は増えません。今、貯金しているお金をもっと活躍出来るようにどの金融商品にどのように投資をしたらよいかを簡単にわかりやすく説明していきます。
SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート

ブログランキング

投票にご協力をお願いします。

人気ブログランキング  FC2ブログランキング  ☆$外為カリスマRANKKING$☆  FX(為替)ブログランキング  投資ブログランキング  FX〔外為・為替〕ブログランキング  FX投資ランキング  ベストブログランキング  株☆ブログランキング  デイトレ★ワールドカッブ

株式取引、国債の広告

【資料請求・口座開設申込】

為替レート

本・CD・DVDの広告

【本・CD・DVDを検索!】

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来週の為替予想(4/12~16)

 【今週の動き】
 今週はギリシャ問題が再燃し、動きの激しい週となりました。

 05日 米 ISM非製造業景況指数-3月は事前予想(54.0)を上回り、06年5月(57.2)以来の好結果(55.4)となったことが好感された。また、同指標の雇用指数も好悪の分水嶺である「50」には届かなかったものの、前回(48.6)から改善(49.8)。過日のADP雇用統計ではサービス部門のみ雇用の拡大がみられたが、今回の結果はサービス業の雇用状況が改善していることを、改めて裏付けるものとなった。

 06日 RBA(豪準備銀)は政策金利を4.00%→4.25%へと0.25%引き上げる事を決定。声明では「政策金利を平均水準に近づける事は適切であり、本日の決定はそのステップだ」と指摘しており、利上げサイクルが終了していないことを示唆した。
 FOMC(連邦公開市場委員会)議事録では、「長期間(extended period)」の文言は必要に応じた迅速な引き締めを排除しないとの考えを示し、金融引き締めの可能性についてふれた。しかし、「高水準の失業を懸念、雇用増なければ回復は持続不可能と懸念」「個人消費、ぜい弱な労働市場・信用ひっ迫・鈍い所得の伸びにより抑制」などと指摘。また、「基調的インフレが抑制され続ける公算が大きいとの見方」が示されたことから、インフレの抑制、個人消費や労働市場に慎重な見方をしていることが確認された。

 07日 日銀、政策金利を0.10%で据え置きを決定、政策金利の現状維持を全員一致で決定。白川日銀総裁は「景気の二番底懸念はかなり薄らいだ。景気先行きの自律回復の芽がいくつかみられる。緩和長く続くと、景気の不均衡もたらして大きなショックをもたらさないかが大事な論点。円キャリートレード、現在大規模に起きてはいない」などと発言した。

 08日 BOE(英中銀)は政策金利を0.50%で据え置き、資産買い入れ枠も2000億ポンドに据え置く事を決定した。政策金利の0.50%は過去最低であり、13会合連続での据え置きとなる。
 ECB(欧州中銀)は政策金利を1.00%に据え置くことを決定した。その後のトリシェECB総裁の記者会見では、「担保として受け入れるBBB-資産のヘアカットに新たな段階性を導入」を決定し、詳細については7月に発表すると述べた。また、外貨建ての債券については、2011年1月以降適格担保にならないことも明言した。会見の中では政策金利、インフレ見通し、経済見通しなど前回の内容をほとんど踏襲するものであり、サププライズは無かった。

 09日 格付け機関フィッチがギリシャの格付けを2段階引き下げ、“BBB-”(変更前は“BBB+”)に変更し、見通しもネガティブに維持したことを受け下落。しかし、EU筋が「ユーロ圏財政当局者、ギリシャへ融資の場合の条件で合意」との報を受け、ギリシャ救済が近いとの期待が強まった。これにより、フィッチによる格下げのネガティブ材料を相殺した格好になり、ユーロは上昇に転じた。

 【予想の結果】
            安値      高値       今週の動き
 ドル/円   :  91.50   96.00   92.85- 94.66
 ユーロ/円 : 125.00  130.00  123.45-127.81
 ポンド/円  : 139.00  145.00  140.99-144.71
 ユーロ/ドル: 1.3400  1.3600  1.3284-1.3537

 【来週の為替予想】
 今週は各国の政策金利が発表され、オセアニア圏は利上げサイクルへ移行したのに対し、ヨーロッパ圏は域内の国で財政問題があることから、据え置きとなりました。日本は相変わらず蚊帳の外で、バブル以降、正常な金利政策は出来ていません。来週は重要な指標が少ないことから、落ち着いた週となるでしょう。

 注目される経済指標は15日 米 NY連銀製造業景気指数です。予想では24.00と前回の22.86より改善となっています。先週発表のISM製造業景況指数が上昇していることから、予想通りの結果となるでしょう。

 次に注目される経済指標は16日 米 ミシガン大学消費者信頼感指数です。予想では75.0と前回の73.6より改善となっています。米雇用統計やISM製造業/非製造業景況指数が良かった事から、予想通りの結果となるでしょう。

  主な経済指標
 12日: 日 日銀政策会合議事録(3月16-17日開催分)
 13日: 豪 NAB企業景況感指数、米 貿易収支
 14日: 米 小売売上高、地区連銀経済報告(ベージュ・ブック)
 15日: 米 NY連銀製造業景気指数、ネット長期TICフロー
 16日: 米 ミシガン大学消費者信頼感指数
  予想レンジは下記の通り。
           安値      高値     投資スタンス
ドル/円   :  91.50   95.00     戻り売り
ユーロ/円 : 123.00  127.00     戻り売り
ポンド/円  : 139.00  145.00     戻り売り
ユーロ/ドル: 1.3400  1.3600     戻り売り
 【来週の戦略】
ドル/円、ポンド/円、ユーロ/円、ユーロ/ドルは戻り売りで対応。

人気ブログランキング
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://garison0218.blog23.fc2.com/tb.php/391-447ffc15

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。