プロフィール

garison0218

Author:garison0218
低金利時代の日本においては貯金をしていてもお金は増えません。今、貯金しているお金をもっと活躍出来るようにどの金融商品にどのように投資をしたらよいかを簡単にわかりやすく説明していきます。
SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート

ブログランキング

投票にご協力をお願いします。

人気ブログランキング  FC2ブログランキング  ☆$外為カリスマRANKKING$☆  FX(為替)ブログランキング  投資ブログランキング  FX〔外為・為替〕ブログランキング  FX投資ランキング  ベストブログランキング  株☆ブログランキング  デイトレ★ワールドカッブ

株式取引、国債の広告

【資料請求・口座開設申込】

為替レート

本・CD・DVDの広告

【本・CD・DVDを検索!】

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来週の為替予想(4/26~30)

 【今週の動き】
 今週はアイスランドの火山爆発による火山灰がヨーロッパ全域を覆い、航空ダイヤがストップし、9.11以来の大混乱となりました。欧州の航空会社の株価は軒並み下落し、株式市場はやや波乱の週となりました。

 19日 米国の3月景気先行指標総合指数は1.4%と市場の事前予想(1.0%)を上回り、2009年5月(1.4%)以来の伸びを記録した。これを受け、ドル円は上昇幅を拡大した。

 20日 ドイツのZEW景況感調査-4月は期待値・現況ともに予想を上回る結果に。そして、ZEW景況感調査-4月は53.0と09年10月(56.0)以来の高水準を記録している。
 カナダドルが主要通貨に対し全面高の展開に。BOC(カナダ中銀)は政策金利を0.25%で据え置いたものの、声明文で金利見通しの時間軸である「6月末まで政策金利を据え置く」との文言を削除。6月に利上げを実施する可能性を示唆した。

 21日 英国の3月雇用統計が予想よりも強い結果となったことを好感し、ポンドが強含む展開になった。3月英失業率は4.8%と前回の4.9%を下回り、2ヶ月連続での改善となった。英国の失業率は2009年9月から2010年1月まで5.0%で高止まりしていたものの、その後下落している。4.8%という数値は2009年6月以来の低水準。また、英 BOE議事録によると、4月の英中銀金融政策では政策金利、資産買い入れ枠の双方が全会一致で据え置かれたことが明らかになった。

 22日 EU(欧州連合)が「2009年のギリシャの財政赤字はGDP比”13.6%”」と発表したものの、これが2月10日にギリシャ財務省が公表した数値「12.7%」に一致せず、ギリシャ発表のデータに対する不信が拡大。これを受け、ギリシャ国債の保証料がウクライナ国債のそれを上回り、ギリシャ国債・ドイツ国債10年物の利回り格差は600bpへと拡大し、1998年2月以来最大の水準を記録。更に格付け機関ムーディーズがギリシャのソブリン格付けを「A2」→「A3」へと格下げし、更なる格下げの可能性にも言及。これらの要因により、ユーロが主要通貨に対し下落した。

 23日 英 第1四半期GDPは前期比、前年比ともに予想よりも弱い数値に。前期比は2四半期連続でのプラス成長となり、これでリセッション脱却が定義上確認された。しかし、前年比ベースでは6四半期連続のマイナス成長となっている。
 ユーロが主要通貨に対し上昇。ギリシャが市場からの資金調達を断念し、EU/IMFに支援を正式に要請。これを受けてユーロが全面的に買い戻される展開となった。ただ、現時点では「要請」したに過ぎず、ドイツでは世論が支援反対に傾いている等、「承認」までのプロセスは平坦ではないと見られている。また、ギリシャが支援を要請した後、ウェーバー独連銀総裁が「ギリシャ危機が伝染するリスクある」とし、言外にスペイン、ポルトガルに対する懸念を示した事も意識された。

 【予想の結果】
            安値      高値       今週の動き
 ドル/円   :  91.00   94.00   91.60- 94.31
 ユーロ/円 : 124.00  128.00  123.18-126.03
 ポンド/円  : 140.00  145.00  139.42-144.73
 ユーロ/ドル: 1.3400  1.3600  1.3203-1.3521

 【来週の為替予想】
 来週は日本ではゴールデンウィークが始まり、マーケット参加者は一気に減少します。ただ、海外脱出組はアイスランドの火山爆発の影響が残っている為、注意が必要でしょう。一方、海外は重要な指標もあり、結果次第では波乱も予想されます。

 注目される経済指標は28日 米 FOMC(連邦公開市場委員会)政策金利です。予想では据え置きとなっています。バーナンキFRB議長による「二番底に陥るリスクは無視できない(notnegligible)」との見解を契機に、FOMCに対する早期の利上げ期待は後退していることから、予想通りの結果となるでしょう。

 次に注目される経済指標は30日 米 シカゴ購買部協会景気指数です。予想では60.0と前回の58.8より改善となっています。既に発表のNY連銀製造業景気指数や景気先行指標総合指数が上昇している事から、予想通りの結果となるでしょう。

  主な経済指標
 26日: 米 ダラス連銀製造業活動
 27日: 米 リッチモンド連銀製造業指数/消費者信頼感指数
 28日: 豪 消費者物価、米 FOMC(連邦公開市場委員会)政策金利
 29日: NZ RBNZ(NZ準備銀)政策金利
 30日: 日 日銀政策金利/雇用統計、米 GDP-1Q/シカゴ購買部協会景気指数

  予想レンジは下記の通り。
           安値      高値     投資スタンス
ドル/円   :  92.00   95.00     戻り売り
ユーロ/円 : 123.00  127.00     戻り売り
ポンド/円  : 141.00  146.00     戻り売り
ユーロ/ドル: 1.3200  1.3500     戻り売り
 【来週の戦略】
ドル/円、ポンド/円、ユーロ/円、ユーロ/ドルは戻り売りで対応。


人気ブログランキング
スポンサーサイト

コメント

相互リンクのお願い

「お金に働いてもらおう!!(貯蓄から投資へ)」管理人 様


こんにちは。
「外為どっとコム評判どうよ」というサイトの管理人 山田元 といいます。

先日は、別サイトにて相互リンクしていただきありがとうございました。

新しいFX関連サイトを作成しましたので、こちらも相互リンクしていただけないかと思いご連絡いたしました。

貴サイトはこちらに掲載してありますので、ご確認ください。
http://gaikomu.zuuu.biz/link12.html

SEO効果のあるトップページから1クリックのリンク集です。

当サイトのリンクはこちらをご利用ください。

【サイト名】  外為どっとコム評判どうよ
【URL】    http://gaikomu.zuuu.biz/

もし、紹介文が必要でしたら、こちらをご活用ください。
【紹介文】 外為どっとコムの評判と評価が分かる


ご検討よろしくお願いします。

完了のご連絡をいただけると大変助かります。

連絡先 ★→@
mno★gaikomu.zuuu.biz
山田元

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://garison0218.blog23.fc2.com/tb.php/393-1f61c150

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。