プロフィール

garison0218

Author:garison0218
低金利時代の日本においては貯金をしていてもお金は増えません。今、貯金しているお金をもっと活躍出来るようにどの金融商品にどのように投資をしたらよいかを簡単にわかりやすく説明していきます。
SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート

ブログランキング

投票にご協力をお願いします。

人気ブログランキング  FC2ブログランキング  ☆$外為カリスマRANKKING$☆  FX(為替)ブログランキング  投資ブログランキング  FX〔外為・為替〕ブログランキング  FX投資ランキング  ベストブログランキング  株☆ブログランキング  デイトレ★ワールドカッブ

株式取引、国債の広告

【資料請求・口座開設申込】

為替レート

本・CD・DVDの広告

【本・CD・DVDを検索!】

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サヤ取りでローリスク取引!【商品先物編】

 サヤ取りとは限月間、相関関係のある商品間などで生じる価格差(サヤ)の拡大や縮小などを狙って買いと売りを同時に行なうことで利益を上げる(値ザヤをかせぐ)利益を得る取引手法のことです。

 サヤ取りはハイリスク・ハイリターンと呼ばれる商品先物取引をローリスク・ミドルリターンの取引として活用する方法のひとつとして、商品市場でも最近急速に注目を集めています。

 それはサヤ取りが「組み合わせたポジション(=建ち玉)の値段差の変化」で利益を求めていく売買手法だからです。

 例をあげると、銘柄Aと銘柄Bとの間でのサヤ取りをするとします。同じ数量(=倍率)の取引で同時にAを売ってBを買ったとして、その後に同時に決済したとします。同じ値幅だけAとBが同一方向に動いても差損益は生じません。Aが下がりBが上がれば利益、逆にBが下がりAが上がれば損失となります。AとBが同一方向に動いた時に売っているAの方が買っているBより上げ幅が小さいか下げ幅が大きければ利益となります。商品先物取引では主に1つの銘柄の期近の限月と期先の限月を組み合わせて取引します。

 つまり「連動性のある取引対象間で異なるポジションを持つ」ことでリスクを抑え、その変動幅だけを追求していくのがサヤ取りという売買手法であるといえます。

商品先物取引を始めたい方は下の広告バナーからどうぞ!まずは資料請求から!









スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://garison0218.blog23.fc2.com/tb.php/40-6958dfce

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。