プロフィール

garison0218

Author:garison0218
低金利時代の日本においては貯金をしていてもお金は増えません。今、貯金しているお金をもっと活躍出来るようにどの金融商品にどのように投資をしたらよいかを簡単にわかりやすく説明していきます。
SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート

ブログランキング

投票にご協力をお願いします。

人気ブログランキング  FC2ブログランキング  ☆$外為カリスマRANKKING$☆  FX(為替)ブログランキング  投資ブログランキング  FX〔外為・為替〕ブログランキング  FX投資ランキング  ベストブログランキング  株☆ブログランキング  デイトレ★ワールドカッブ

株式取引、国債の広告

【資料請求・口座開設申込】

為替レート

本・CD・DVDの広告

【本・CD・DVDを検索!】

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不景気に強い債券  【債券編】

 債券とは出資者が企業に対し、ある期間お金を貸し出すことで、企業側はその契約の証明となる債券と借りたお金の利子を払います。満期になれば元金と利子が戻ってきます。
利率と利子の支払い回数及び期間はいろいろあります。そして、株式や商品先物などは好景気時に資金が集まるのに対し、債券は不景気時に資金が集まるという特徴があります。
(好景気時には企業が多く配当金を出すので、債券よりも株式の方が利回りが良いため)
 債券の主なものは国債、社債、地方債などです。そのうち社債とは企業が発行した債券です。大企業であるトヨタ、松下、東京電力などが発行していますが、企業の知名度により、利回り(利子)が違います。人気のないところは利回りを上げてかってもらえる様にしています。金融機関(銀行、証券会社)で買えますが、いつでも販売しているわけでもないので、なかなか買えません。また、期間もいろいろあります。満期前にその企業が倒産した場合は元金が全額戻ってこない可能性もあります。
 次に国債ですが3.5.10年国債などがあり、期間が長いほど金利は高くなります。国債を買っているところはほとんどが日本の銀行(都市、地方銀行など)と民間企業で占められております。発行元の国はアメリカの国債を大量に購入しています。
 今回の選挙で一部、争点となっておりますが、ちょっと気がかりは国の借金が地方も合わせて、約800兆円になっていることです。(国家予算の10年分です)。それがほとんど国債発行によるものです。返せるんですかね? 破綻はないと思いますが・・・
次回は話題の個人向け国債を紹介します。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://garison0218.blog23.fc2.com/tb.php/6-5d37521a

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。