プロフィール

garison0218

Author:garison0218
低金利時代の日本においては貯金をしていてもお金は増えません。今、貯金しているお金をもっと活躍出来るようにどの金融商品にどのように投資をしたらよいかを簡単にわかりやすく説明していきます。
SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート

ブログランキング

投票にご協力をお願いします。

人気ブログランキング  FC2ブログランキング  ☆$外為カリスマRANKKING$☆  FX(為替)ブログランキング  投資ブログランキング  FX〔外為・為替〕ブログランキング  FX投資ランキング  ベストブログランキング  株☆ブログランキング  デイトレ★ワールドカッブ

株式取引、国債の広告

【資料請求・口座開設申込】

為替レート

本・CD・DVDの広告

【本・CD・DVDを検索!】

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

為替相場から見た今年の出来事(2)

 今年も今日で終わりです。毎年、あっと言う間に時間が過ぎていくような気がしてならない。今回は 基軸通貨であるドルと円をドル/円の動きで見ていきましょう。
 今年のドル・円相場も結構動きましたね。米 大統領選の次の年は相場が大きく動くという統計通りになりました。年初の2月に「行き過ぎた円高」の101.67円を記録、その後、3月からは切り返して、12月には「行き過ぎた円安」の121.37円まで上昇しました。特に9月からは押し目も作らず一本調子での上昇でした。年末に向かって、たった一週間で怒濤の売りで115円台。ドキッとした人も多かったでしょう。
 理由はいろいろあると思いますが、個人的には次のように考えています。
 2年ほど前から米 大統領選や米の双子の赤字問題、イラク戦争などの関係で米経済が減速するという思惑から、世界の大物投資家 ジム・ロジャースやバフェット氏が先導して相当のドル売りを仕掛けていました。昨年秋、大統領選も終わり、イラク戦争の戦後処理も進んだことにより不安が解消されると、一部の人たちはドル買いに乗り換え、3月頃にはドル買いの方が優勢となったと思われます。その後、米 利上げが連続で行われ、欧米の金利差が注目され、さらにドル買いが進みました。結局は前記の大物投資家も夏頃にはドル買いに乗り換えたものと思われます。
 果たして来年はどうなるんでしょうか? 楽しみ半分、不安半分といった感じです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://garison0218.blog23.fc2.com/tb.php/69-d737a503

偉大な投資家バフェットのちょっとびっくりな言い訳

このブログをご覧のみなさまの多くは、これまでドル高(円安)予想の下、ずっとドル買いをしてこられたわけですが、世界を見渡せば2005年はドル安を予想していた人の方が圧倒的に多かったです。有名な投資家の、ウォーレン・バフェットもジョージ・ソロスもみんなドル安....

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。