プロフィール

garison0218

Author:garison0218
低金利時代の日本においては貯金をしていてもお金は増えません。今、貯金しているお金をもっと活躍出来るようにどの金融商品にどのように投資をしたらよいかを簡単にわかりやすく説明していきます。
SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート

ブログランキング

投票にご協力をお願いします。

人気ブログランキング  FC2ブログランキング  ☆$外為カリスマRANKKING$☆  FX(為替)ブログランキング  投資ブログランキング  FX〔外為・為替〕ブログランキング  FX投資ランキング  ベストブログランキング  株☆ブログランキング  デイトレ★ワールドカッブ

株式取引、国債の広告

【資料請求・口座開設申込】

為替レート

本・CD・DVDの広告

【本・CD・DVDを検索!】

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローソク足の形から売買ポイントを見つける。【テクニカル分析編】

 チャートの表示スタイルで一番多く使用されているローソク足ですが、ローソク足の形からも売買ポイントがわかります。
 ローソク足の形で+(十字の形)のものを見かけます。通常、”十字線”といわれるもので、似たようなもので”上ひげ”(T字を逆にしたような形)、”下ひげT字と同じような形)”があります。一般的に相場上昇時には陽線(白いローソク足 終値が始値より上がっているもの)、下落時には陰線(黒いローソク足 終値が始値より下がっているもの)がでますが、十字線は相場が迷っているとき、つまり、売り、買いが拮抗しているときにでます(終値と始値がほぼ同じ)。ここが転換ポイント(売買ポイント)となるわけです。
 実際の取引では高値圏で”十字線”、”上ひげ”がでた後に陰線が出れば売りを、底値圏で”十字線”、”下ひげ”がでた後に陽線が出れば買いを入れると良いでしょう。
 但し、高値圏で”十字線”、”上ひげ”がでた後にまた上昇したり、底値圏で”十字線”、”下ひげ”がでた後にまた下降することもあります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://garison0218.blog23.fc2.com/tb.php/76-6108ffb9

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。